日銀「量的・質的金融緩和」の理論と実践 /座席の改善/ギリシャ/坪井慶介12年ぶりゴール/イチゴカレー稲場愛香
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日銀「量的・質的金融緩和」の理論と実践 /座席の改善/ギリシャ/坪井慶介12年ぶりゴール/イチゴカレー稲場愛香

2015-03-20 16:48
  • 1
前回の放送↓



次回放送予定↓3/23(月)11:30~ 90分間










「量的・質的金融緩和」の理論と実践
日本外国特派員協会における講演の邦訳
日本銀行総裁 黒田 東彦
 3/20


ちょっと長いですが、とても分かりやすいのでぜひお読みください。オススメ



原因は席の形状? 足の投げ出し、設計でマナー改善/日経新聞

とても好きな話。対症療法では無く原因の根っこを改善し効果を上げる。
何事においてもこの発想は大切。


ギリシャ「数日内に完全な改革案」 EU内には不信感も/日経新聞











湘南移籍後初先発の坪井が決勝弾!12年ぶりゴールに「どう喜んでいいのか分からない」

ツボ凄い!おめでとう!!!!!!

シーズン通しての活躍、それと残留、ぜひ成し遂げて欲しい!

新人から今まで、ずっとマジメに明るく精進してきた坪井慶介最高!










中島早貴、室田瑞希、稲場愛香「遊ぶ。暮らす。育てる。そして食べる。いちごカレー」


可愛くて笑ってしまうw






広告
×
なっきぃが先輩して、今回は後輩にイチゴの被り物させて写真撮ってますね。自分も取って来た道だと?
as1422聞きながらのコメです。ばくわらさんの適当な相槌が緩くていいです。
57ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。