レミングスTricky4-解説
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

レミングスTricky4-解説

2019-04-06 14:51

    ~Tricky Level 4 Here's one I prepared earlier~



    Tricky4 出現100匹・救出20%=20匹
    命令は各種40ずつ。

    Record:986q


    主に2匹での階段作成について解説する。


    1.階段を横に延ばす時の基本
    階段は命令から9q後に、
    右向きの場合は自分の位置を含めて6ドットの横棒を設置する。
    (※左向きの場合は違うので注意)
    よって、9q差をつけて階段を延ばしていくのが基本的な考え方である。


    上の画像はFUN16での場面。
    ピンク色#3/#4/#6/#7が9ブロック差で並んでいることがわかる。
    この場合は9q差+5ドット進む先端で階段をするため14q差で作成していくことになる。

    しかし、Tricky4では階段が潤沢にあるためさらに作業を早めることになる。


    2.2匹での階段延長


    左の画像は
    今回のTricky4での場面。

    表示だとわかりにくいが、
    ピンク#6の後ろに#4も重なっており
    2匹が侵入している状況を作った。

    重なっている場合は、
    番号が大きい方に命令優先権がある。

    延ばした2ドット先に#6が階段、
    さらに先端で#4が階段命令を実行

    後方より#8/#7の2匹が侵入している。

    #6が階段を作成し、
    #8/#7が先端まできている。

    ここで#8に階段実行。
    このままだと重なっている#7が
    落ちるように見えるが…


    1q後にピタリのタイミングで
    #4が階段を設置するためセーフ。

    以降は#7が先端で階段(#4と11q差)、
    後続の#10/#9が同様の作業を
    進めていくことになる。

    この場合は6q差で順を作り進むことになる。
    結果的に、1匹で作成するように1つの階段に3q早く進めるようになった。


    3.3匹での階段延長

     こちらは「2」から作り直したものである。

     #4/#5が階段を設置し、
     #8/#7/#6と階段命令をした場面である。

     この場合は「2」での2匹パターンより、
     さらに1q早く進むことになった。

    現記録では3匹パターンを2回使っている。

    以降は斜掘ジャンプで1ドット越えする場面以外は、順逆転無しでの階段作成となった。


    更新可能性については、一通岩掘りから次のでっぱりに階段1を使用。
    この階段を3匹パターンに流用できれば1q稼げそうです。
    一通岩掘り→でっぱりにレミング順の最適化があれば…となります。

    新たなパターンがあることを期待しています。


    →総合案内所に戻る


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。