あるぷす!(光岳+聖岳編・1日目)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

あるぷす!(光岳+聖岳編・1日目)

2013-10-02 07:05


    2013年9月26-29日。
    最後に残ったアルプスの百名山、光岳と聖岳を縦走しました。
    易老渡から2泊3日のコースが一般的だが台風のため今季通行止め。
    畑薙ダム-椹島側より、茶臼登山口から聖沢登山口へ下る3泊4日コースです。




    小屋の営業も終了、冬季小屋利用となります。
    寝袋から食料から…荷物たんまりスタートです。




    茶臼岳登山口にある畑薙大吊橋。
    長さは181.7m。
    揺れるは高度感があるはで怖かったです。




    ヤレヤレ峠へ登り、上河内沢へ下り…
    所々に吊り橋があり、渡る度に揺れて平衡感覚が狂います。




    車を置いた沼平ゲートから2時間15分でウソッコ沢小屋に到着。
    覗いてみたが平凡な無人小屋です。

    これより横窪峠まで急坂が続きます。




    50分ほど息を切らして登り横窪沢小屋に到着。
    営業小屋だが期間は短く7月中旬から8月いっぱいまで。
    こちらも狭いながら冬季用のスペースが有ります。

    水場もあるのでここで昼飯。
    行程も余裕があり、1時間ほどのんびり休憩です。




    これより泊まる茶臼小屋まで標高差800mの登り!




    カオスな倒木ベンチの看板。
    クマの落書きがおもしろい。




    カオスな小屋までの看板。
    「変なおじさんもおるぞ」とは…




    カオスな水平道(水平じゃない)の看板。
    要するに登りは続くんですね。




    そうして横窪沢から2時間30分で茶臼小屋到着です。
    この小屋も9月の三連休で小屋閉め、冬季用を利用です。
    この日の利用者は5人のみ、快適です。
    また、小屋のすぐそばに水場があって助かります。




    …こんなことできるもんね♪

    2日目、光岳への行程に進みます。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。