あるぷす!(光岳+聖岳編・3日目)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

あるぷす!(光岳+聖岳編・3日目)

2013-10-05 07:54

    2013年9月26-29日。
    3日目の様子、光岳小屋から聖平小屋へ稜線を歩きます。




    今日も快晴の朝。
    聖平小屋までコースタイム9時間と長いため、陽の登らないうちに出発です。




    茶臼岳より上河内岳を望む。
    2日目に歩いた行程を戻るだけなんで詳細はそちらで。
    コースタイム5時間を4時間20分、快調に来られました。
    茶臼岳の展望は2日目より良く、伊豆半島や伊吹山まで見られました。




    10時に茶臼小屋との分岐。
    ようやく新しい道を歩けます。




    この場所が今回の縦走でのベストショット。
    広い窪地の奥に格好良い上河内岳。
    周りはハイマツ、その上にはシラビソとダケカンバ。
    なんとも不思議な場所でした。




    ダケカンバの紅葉越しに富士山。




    茶臼小屋分岐より55分で奇岩竹内門に到着。
    ここで昼飯としました。




    上河内岳への登り。
    肩より往復20分ほど、こちらも踏んでおきましょう。




    奇岩竹内門より30分で上河内岳に登頂!




    目の前には南アルプス3000m峰が3つどっかり座っている。




    雲の上に頭を出す富士山。
    この上河内岳も素晴らしい展望でした。




    上河内岳まで来れば聖平小屋ももう少し。
    南岳を通過して下りとなります。




    上河内岳から1時間40分で聖平小屋に到着です。
    まさか2時に着けるとは思いませんでした。
    いや、ここら辺のコースタイムは激甘ですね。

    小屋では鹿の調査の方々が滞在中。
    さらに登山者も7名ほどと、この時期にしては多めの宿泊でした。

    次は最終日、聖岳に登り椹島へと下ります。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。