なつやま!(焼岳編)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

なつやま!(焼岳編)

2014-07-28 08:28

    2014年7月26日。
    焼岳を登ってきました。




    朝5時半の登山口の様子。
    土曜日とはいえ、すんごい早くから登山者でいっぱい。
    私は左の路肩に駐車しました。
    同じ時期の5年前、平日だったとはいえ数台しか停まっていなかった。
    最近はやはり登山者が多くなったのだろうか。




    まずは樹林帯。
    地味にきつい登りが続きます。
    さらにこの日は暑かったー。




    樹林帯を抜ければこの風景である。
    今日は快晴、5年前に見られなかった展望が楽しみだ。




    焼岳はここの雰囲気が大好きなんです。
    カール状の草地、正面に噴煙を吹き上げる岩山へと登っていきます。




    良いよ、本当に良いよ。
    個人的には北アルプスの山、ベスト5には入ってる。




    いやぁ、これだけ焼岳が人気なのはわかります。
    他の山には無い、近くで生きている山を見られる焼岳。
    硫黄臭い登山路を進みます。




    8時15分に焼岳北峰に登頂です。
    最高峰かつ三角点は南峰にあるのですが立入禁止です。




    槍ヶ岳、穂高岳の展望が素晴らしい。
    下を見れば上高地が見られます。




    もしかして…、と思って撮影してたが…。
    富士山まで展望できました。
    真夏にここまで展望得られるのは珍しいと思います。




    しかし、9時になればガスが上がってきます。
    すぐにガスってくるのは笠ヶ岳、これもお気に入りの山なんですけどね。
    焼岳も早い時間にガスりやすいです。
    展望を得るなら早い時間に登ることをオススメします。




    とまぁ、すんごい人の焼岳でした。
    5年前を思い出してたけど、ここまで多いとは思いませんでした。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。