アルプス!(針ノ木岳編・前編)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アルプス!(針ノ木岳編・前編)

2014-09-06 07:30

    2014年9月3-4日。
    針ノ木岳に登ってきました。
    針ノ木小屋に宿泊する1泊2日の行程です。




    扇沢の登山口を出発。今回はピストンです。
    残念ながら無料駐車場が満車、車を36時間1000円に停めました。
    あっ、今回からちゅうもさんが復活ですよ。




    林道と登山道が交錯。
    30分ほどでその林道と分かれます。




    登山口より1時間15分、大沢小屋に到着です。
    帰りに大町の山岳博物館に寄ったのですが、歴史があるんですね…。




    大沢小屋を出発して30分ほど。
    樹林の山道を歩いてきたが、沢が近い花の多い道となってきました。


     
     

    左上:コバギボウシ           右上:イワショウブ
    左下:トリカブト            右下:サラシナショウマ

    咲く花も秋の香りです。




    ここの登山道の特徴の「こいのぼり」。
    沢を左へ渡り、雪を少し歩いて左側を進むようです。




    9月になれば有名な針ノ木雪渓も雪解けが進んでいます。
    雪渓は通らずに夏道で安心です。




    …という考えは甘かった。
    「ノド」と呼ばれる場所から上部は雪渓歩きとなりました。
    いや、高巻きする夏道も通ってるんだけどね。
    せっかくだし針ノ木雪渓を楽しみましょう。




    濃いガスとなってしまいました。
    「こいのぼり」さんを頼りにして雪渓を登ります。
    歩いたのは数百メートルほど、しかし今年は雪が多く残っているようです。




    登りきったところで昼飯。
    うん、がんばって担いできたよ。




    雪渓を登るとお花畑ー!
    "ミヤマキンポウゲ"の黄色が特に目立ちました。
    結構、早い時期に咲く花のイメージだが雪渓のため遅れて咲いていました。




    チングルマまで咲いてるわ。
    雪解け後に咲く花。さすがの針ノ木雪渓です。




    最後の小屋の登り、ハイパージグザグ登山道がきつかった。
    登山口より5時間15分で針ノ木小屋に到着です。

    今日はガスでした。
    ちなみに明日も天気が不安なんだが…、後編へと続きます。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。