• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 【第234号】『天気の子』:なぜ須賀さんは問答無用で主人公を助けないのか

    2019-08-14 07:00
    216pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    マクガイヤーチャンネル 第234号 2019/8/14
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    おはようございます。マクガイヤーです。

    前回の放送「『天気の子』と名誉童貞新海誠」は如何だったでしょうか?

    今回の放送は反響が大きく、本当にやって良かったです。ゲストで出演して頂いた山田玲司先生もパワーワードを連発して頂き、実に良い放送になったと思います。



    マクガイヤーチャンネルの今後の放送予定は以下のようになっております。



    ○8月18日(日)19時~「『ライオン・キング』とどうぶつが喋る映画」

    8月9日より『ライオン・キング』が公開されます。本作は1994年に公開されたディズニーの長編アニメーション映画作品『ライオン・キング』を実写……っぽいCGでリメイクした作品です。

    『美女と野獣』『アラジン』と、90年代の名作ディズニーアニメが続々と実写映画化されていますが、本作が他作品と大きく異なる点は「どうぶつが喋る映画」であるという点です。監督を務めるのは、『アイアンマン』で有名なジョン・ファヴローですが、同じく「どうぶつが喋る映画」であった2016年版『ジャングル・ブック』を買われての起用であることは間違いありません。なんでも『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』に出演しながら撮ったそうです。

    そこで、ジョン・ファヴローや94年アニメについて紹介すると共に、「どうぶつが喋る映画」の観点から『ライオン・キング』について解説する放送を行ないます。

    アシスタントとして、声優の那瀬ひとみさん(https://twitter.com/nase1204)に出演して頂く予定です。



    ○9月2日(月)19時~「最近のマクガイヤー 2019年9月号」(いつもと曜日が異なりますのでご注意ください)

    詳細未定。

    いつも通り最近面白かった映画や漫画について、まったりとひとり喋りでお送りします。



    ○9月22日(日)19時~「メガドライブミニ発売記念 おれたちのメガドライブ」

    9月19日にメガドライブミニが発売されます。ファミコンミニやプレイステーション クラシックといった先行ミニハードと比べて、多くのメガドライバー達が望んだソフトが収録された、ある意味で理想のミニハードです。

    ……ですが、現在アラフォー、アラフィフのメガドライバー以外にはあまりピンとこないのかもしれません。

    そこで、メガドライブの歴史や有名タイトルについて紹介すると共に、メガドライブミニがどのように凄いかを解説するような放送を行います。

    ゲストとして久しぶりにオタク大賞名誉審査員のナオトさん(https://twitter.com/Triumph_march)に出演して頂く予定です。



    ○藤子不二雄Ⓐ作品評論・解説本の通販しています

    当ブロマガの連載をまとめた藤子不二雄Ⓐ作品評論・解説本『本当はFより面白い藤子不二雄Ⓐの話~~童貞と変身と文学青年~~』の通販をしております。

    https://macgyer.base.shop/items/19751109



    ○『やれたかも委員会』に取材協力しました。

    『やれたかも委員会』(https://note.mu/yoshidatakashi3/n/na63c34ee5adc)の「童貞からの長い手紙」に取材協力しました。単行本1巻分のエピソードになるそうです。

    ちなみに基になったお話はこちら

    https://ch.nicovideo.jp/macgyer/blomaga/ar1011063





    さて、今回のブロマガですが、ニコ生の補講というか、まとめというか、『天気の子』の須賀さんについて書かせて下さい。



    自分は『天気の子』のクライマックスに違和感があるのですよ。

    以下、映画を観た方は分かって貰えると思うし、観てない方にとってもたいしたネタバレにならない書き方で書きます。



    ●70年代ATGとゼロ年代エロゲーの悪魔合体

    『天気の子』のクライマックスにて、、エロゲーによく出てくる都合のいい異界「えいえん」に囚われたヒロインを助け出すために、主人公は非常階段ダッシュをして、代々木会館の屋上に行こうとします。

    「大人は分かってくれない」がテーマの本作で、代々木会館、それも屋上は、重要な場所です。「若者の反抗」が時代的テーマだった70年代映画を代表する俳優の一人といっていい俳優のショーケンが『傷だらけの天使』で住んでいた場所だからです。

    もっといえば、「拳銃を拾う」というのも、いかにも70年代ATG映画的です。どうも新海監督は川村元気か誰かに薦められて、ここ10年くらいで70年代名作映画を大量に観たようです。『裸の十九才』『十九歳の地図』『青春の蹉跌』『青春の殺人者』もその中に含まれるでしょうが、これらは永山則夫や『異邦人』に源流があります。発射できない童貞だから弾丸を発射し、若者だから太陽が眩しいだけで大人に銃を向けるわけです。


    さらにもっといえば、犯罪を犯した主人公が世間に背を向けてヒロインやその弟と疑似家族を作って「逃亡」するというのは、『俺たちに明日はない』『地獄の逃避行』や『青春の殺人者』を持ち出すまでもなく、いかにも70年代ニューシネマ的です。この「逃亡」が田端から始まって池袋で終わるのがいかにも新海誠的なのですが(東北や北海道くらいまで行くかと思った)……こういうところが(名誉)童貞の可愛さですね!

    また、「拳銃を拾う」「ヒロインと逃亡」というのはエロゲーにもありがちなシチュエーションなわけですが、そういった意味で『天気の子』はニューシネマやその影響を受けた70年代ATGと、新海監督が元々持っていたバックグラウンドであるゼロ年代エロゲーとの悪魔合体のようにも思えます。



    ●クライマックスの違和感

    違和感があるのは、屋上に行くまでの展開です。

    警察から逃げ出した主人公を警官が追いかけ、捕まえようとします。無能で融通が効かないだけでなく、主人公が目的を達成してもしなくても人生に関係ないばかりか、リーゼントであるが故に悪役とならない刑事のキャラクター設計が良いですね。以前の新海作品にはこのような「他者」は出てきませんでした。

    警官に捕まりそうになる主人公、これを助けるのは、なんと凪先輩なのです。主人公がここまで来るためにこなしてきた線路ダッシュや非常階段トラップといった障害をものともせず登場するのですよ。

    この凪先輩には、たとえば『イース2』でいうところの「そうはいかないぜ、魔物さんよ」と問答無用で助けに来てくれる盗賊ゴーバン様のような、新海誠が働いていた日本ファルコムゲームに特徴的な「ラストで主人公のピンチを救いにくるアニキ的キャラ」を連想してしまいます。

    この源流は当然『新たなる希望』のハン・ソロにあるわけです。つまり、ビルドゥングス・ロマンでいうところの主人公を導いてくれるアニキ的メンターですね。

    でも、ここで不思議なのは、この作品におけるアニキ的でハン・ソロ的キャラはどう考えても須賀さんなのに、ここで主人公を問答無用で助けてくれないところにあるわけですよ。

     
  • 【第233号】イベント、めっちゃ楽しかったです

    2019-08-07 07:00
    216pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    マクガイヤーチャンネル 第233号 2019/8/7
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    おはようございます。マクガイヤーです。

    先週の土曜日に、いつもお世話になっている漫画家の山田玲司先生、手塚るみ子さん、そしてしまさんの4人で、阿佐ヶ谷ロフトでトークイベントを行いました。

    おかげさまで、今回も満席御礼でした。来て頂いた皆様、ありがとうございました。

    約一年ぶりのトークイベントでしたが、めちゃめちゃ楽しかったです。こういうイベントは定期的にやりたいですね。




    マクガイヤーチャンネルの今後の放送予定は以下のようになっております。



    8月11日(日)19時~「最近のマクガイヤー 2019年8月号」

    7月19日より新海誠監督の長編アニメーション『天気の子』が公開中です。

    新海誠監督といえば前作『君の名は。』の歴史的ヒットも記憶に新しいですが、今作『天気の子』は新海誠のフィルモグラフィーにおける屈指の傑作なのではないかと考えます。

    前作に引き続いてクオリティの高い長編であることのみならず、いつも通り童貞の気持ち悪い妄想話になっているところが嬉しく、最後にはあっと驚くというよりもいかにも新海監督らしい結末を迎えるところも最高です。

    そこで、急遽予定を変更して『天気の子』について解説するニコ生をお送りします。

    新海誠監督にとっての「ヒロイン」や「喪失」とはなにか? なぜ代々木会館が出てくるのか? 果たして主人公たちが「決定的に変えてしまったもの」とは何だったのか?……

    そんなことについてお話することになると思います。

    ゲストとして漫画家の山田玲司先生(https://twitter.com/yamadareiji)に出演して頂く予定です。



    8月18日(日)19時~「『ライオン・キング』とどうぶつが喋る映画」

    8月9日より『ライオン・キング』が公開されます。本作は1994年に公開されたディズニーの長編アニメーション映画作品『ライオン・キング』を実写……っぽいCGでリメイクした作品です。

    『美女と野獣』『アラジン』と、90年代の名作ディズニーアニメが続々と実写映画化されていますが、本作が他作品と大きく異なる点は「どうぶつが喋る映画」であるという点です。監督を務めるのは、『アイアンマン』で有名なジョン・ファヴローですが、同じく「どうぶつが喋る映画」であった2016年版『ジャングル・ブック』を買われての起用であることは間違いありません。なんでも『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』に出演しながら撮ったそうです。

    そこで、ジョン・ファヴローや94年アニメについて紹介すると共に、「どうぶつが喋る映画」の観点から『ライオン・キング』について解説する放送を行ないます。

    アシスタントとして、声優の那瀬ひとみさん(https://twitter.com/nase1204)に出演して頂く予定です。



    ○藤子不二雄Ⓐ作品評論・解説本の通販しています

    当ブロマガの連載をまとめた藤子不二雄Ⓐ作品評論・解説本『本当はFより面白い藤子不二雄Ⓐの話~~童貞と変身と文学青年~~』の通販をしております。

    https://macgyer.base.shop/items/19751109



    ○『やれたかも委員会』に取材協力しました。

    『やれたかも委員会』(https://note.mu/yoshidatakashi3/n/na63c34ee5adc)の「童貞からの長い手紙」に取材協力しました。単行本1巻分のエピソードになるそうです。

    ちなみに基になったお話はこちら

    https://ch.nicovideo.jp/macgyer/blomaga/ar1011063





    さて、今回のブロマガですが、イベントについて簡単にレポートさせて下さい。


    ●コンセプト

    これまで3回、「エロ」をテーマに山田玲司先生と一緒にトークイベントを行ってきたわけなのですが、ネタが尽きた感がアリアリだったので「ここで一区切り」としたのが一年前のことです。

    きっかけとなったのは、山田先生の「もし10億円あったらどんなデートをしたい?」というものでした。

    山田先生も自身のブロマガで書いておられますが(https://ch.nicovideo.jp/yamadareiji/blomaga/ar1770300)、つまりこれって「デート」というものをどう捉えるかと同時に、男と女の付き合い方についてどう考えているかがはっきりと分かるような質問じゃないですか。これは「エロ」とはまた違うものになるなと思い、イベントを開催することになったわけです。


    f7a1870821fc7dcaa3f3d36f61dcb096c847e247

    司会と仕切りを務めるしまさんと三人で相談したのですが、しまさん以外にも女性目線が欲しいことと、自分と山田先生を審査するような立場の出演者が欲しいことから、手塚るみ子さんをゲストコメンテーターとしてお迎えすることになりました。二つ返事で出演を引き受けて頂いたるみ子さんには感謝しかありません。



    ●第一部「デートとは何か?」

    59bfabf789c52a523895bdba4783c5ad2d3f3435

    更に話し合った結果、三部に分けて開催することとなりました。


    まず第一部、「デートとは何か? デートのクロニクルとコンテンツの中のデート」と題して、「デート」の歴史的位置付けや、コンテンツ(主に映画)の中のデートについて軽くトークしました。


    自分は1975年生まれで、バブル時代は中学~高校時代にあたります。当然童貞だったわけですが、デートに関しては「接待」で「審査」で「戦国時代」な当時の雰囲気はよく覚えています。バブルは崩壊しても数年はこの雰囲気は残っていて、95年に山田先生いうところの「世界の終わり」が来なかったら今でも童貞のままだった気がします。スーツに花束で車を運転して、イタ飯屋とシティホテルを予約して……というようなデートにはとてもじゃないですが、対応できる気がしません。

    それとは別に、自分のような40代なら分かって貰えると思うのですが、ノストラダムスの大予言を頭のどこかで信じていたので、1999年8月までに童貞を棄てようとしていたわけです。そういえば「ヤラハタ」という言葉を知ったのは山田先生の漫画作品からだったような気がしますが、童貞のまま二十歳を過ぎたので、なんとかしなければ死ぬまで童貞のままではないかと焦ってもいました。なにしろ、ノストラダムスの大予言によればあと4年で世界が終わるのです。後から考えてみればもう既に「世界の終わり」は来ていたのですが。



    ●第二部「全員でデートあるある言いたい」

    0f272965e40949be275b41169a3eea8f3e623333

    ……話を元に戻すと、第二部は「全員でデートあるある言いたい」として、以下のような問題について皆で語り合いました。


    ①そもそも異性と話せないし、誘えない! 問題

    ②せっかくのデート、なぜ失敗するのか? 問題

    ③「何食べたい?」「なんでもいい」問題

    ④デート禁忌とは? 本質は「相手を幸せにすること」。

    ⑤何回目のデートでセックスするの? 問題

    ⑥デートかデートじゃないかのラインはどこなのか問題

     
  • 【第232号】またワンフェス行ってきました

    2019-07-31 07:00
    216pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    マクガイヤーチャンネル 第232号 2019/7/31
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    おはようございます。マクガイヤーです。

    梅雨が終わっていきなり暑くなった感じの昨今ですが、いかがお過ごしでしょうか?

    ここ10年くらい冷房の無い部屋で過ごしたおかげで熱さに慣れたせいか、このくらいの暑さならまだまだ平気なのですが、もうちょっと暑くなったら寝る場所だけは違う部屋にしようかと思っています。今ですか? モノだらけの部屋で布団しいて寝てますよ。気分は潜水艦乗組員です。



    マクガイヤーチャンネルの今後の放送予定は以下のようになっております。



    8月11日(日)19時~「最近のマクガイヤー 2019年8月号」

    7月19日より新海誠監督の長編アニメーション『天気の子』が公開中です。

    新海誠監督といえば前作『君の名は。』の歴史的ヒットも記憶に新しいですが、今作『天気の子』は新海誠のフィルモグラフィーにおける屈指の傑作なのではないかと考えます。

    前作に引き続いてクオリティの高い長編であることのみならず、いつも通り童貞の気持ち悪い妄想話になっているところが嬉しく、最後にはあっと驚くというよりもいかにも新海監督らしい結末を迎えるところも最高です。

    そこで、急遽予定を変更して『天気の子』について解説するニコ生をお送りします。

    新海誠監督にとっての「ヒロイン」や「喪失」とはなにか? なぜ代々木会館が出てくるのか? 果たして主人公たちが「決定的に変えてしまったもの」とは何だったのか?……

    そんなことについてお話することになると思います。

    ゲストとして漫画家の山田玲司先生(https://twitter.com/yamadareiji)に出演して頂く予定です。



    8月18日(日)19時~「『ライオン・キング』とどうぶつが喋る映画」

    8月9日より『ライオン・キング』が公開されます。本作は1994年に公開されたディズニーの長編アニメーション映画作品『ライオン・キング』を実写……っぽいCGでリメイクした作品です。

    『美女と野獣』『アラジン』と、90年代の名作ディズニーアニメが続々と実写映画化されていますが、本作が他作品と大きく異なる点は「どうぶつが喋る映画」であるという点です。監督を務めるのは、『アイアンマン』で有名なジョン・ファヴローですが、同じく「どうぶつが喋る映画」であった2016年版『ジャングル・ブック』を買われての起用であることは間違いありません。なんでも『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』に出演しながら撮ったそうです。

    そこで、ジョン・ファヴローや94年アニメについて紹介すると共に、「どうぶつが喋る映画」の観点から『ライオン・キング』について解説する放送を行ないます。

    アシスタントとして、声優の那瀬ひとみさん(https://twitter.com/nase1204)に出演して頂く予定です。



    8月4日(日)夜に阿佐ヶ谷ロフトでイベントやります

    https://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/123166

    これまで3回、「エロ」をテーマに山田玲司先生と一緒にトークイベントを行ってきましたが、仕切り直して再度行います。

    今度のテーマは「デート」。

    デートの意義や是非を問う「そもそも論」から、「映画やアニメに登場するデート」についてのクロニクル、好きな人に愛される「実践的デートテクニック」、絶対笑える「究極の妄想デートプラン」まで、「デートのすべて」を語り尽くします。

    もちろん、普段のニコ生放送では話せないオフレコトークも解禁! 司会はお馴染み編集者のしまさんです。さらに、今回はなんとゲストコメンテーターとして、手塚るみ子さんの登場も決定しました。

    恋活盛り上げたい方も、恋バナ苦手という方も、どちらも楽しめる内容です。ご参加はじめての方も、ぜひ遊びに来てください!



    ○藤子不二雄Ⓐ作品評論・解説本の通販しています

    当ブロマガの連載をまとめた藤子不二雄Ⓐ作品評論・解説本『本当はFより面白い藤子不二雄Ⓐの話~~童貞と変身と文学青年~~』の通販をしております。

    https://macgyer.base.shop/items/19751109



    ○『やれたかも委員会』に取材協力しました。

    『やれたかも委員会』(https://note.mu/yoshidatakashi3/n/na63c34ee5adc)の「童貞からの長い手紙」に取材協力しました。単行本1巻分のエピソードになるそうです。

    ちなみに基になったお話はこちら

    https://ch.nicovideo.jp/macgyer/blomaga/ar1011063





    さて、今回のブロマガですが、今年もワンフェスに行ってきたので報告させて下さい。



    ●ワンフェスとは

    念のために説明しますとワンダーフェスティバル(ワンフェス)とは年に二回開かれるガレージキット・模型の即売会イベントです。というか、ガレキ版のコミケです。

    コミケと違うのは、二次創作ではなくきちんと(当日)版権を申請しているところや、コスプレイヤーへの規制が緩いところ等々、色々とあるのですが、企業ブースよりもアマチュアディーラーが当日のみ販売している作品を求める人が多いところは一緒ですね。

    自分がワンフェスに行く場合、昼過ぎから入場してダラダラみて帰るというのが多かったのですが、今回は友人と一緒にみてまわるということもあり、朝イチで行って来ました。



    ●ワンフェス2019[夏]

    ワンフェスの会場は朝10時、ちょい前くらいに行ったのですが、幕張メッセをぐるりと回る感じで列待ちして入場です。


    以下、自分が気になったものを紹介します。



    838a6b846b69337f84a3b87552255fc9df615d2b

    まず、気になっていたデラモルテの終止者を求めるべくG-Rugさんの卓を訪れます。

    が、既に売り切れ。甘くみてたなあ。


    bcbdb44a73eb7638f4ce06a93df0329b537c465a

    ヤモマークさんのスシラーは無事に買えました。キットではなくソフビの完成品なのですが、ネタ部分がリアルです。自分は中トロを買ったのですが、玉子やタコも買って置けばよかったなあ。


    f85727745d8e945d3e858cd4502ff6dade42c286

    いつもクリーチャーのキットを発表しているチームチーター。カマキリ女も蛾の幼虫男もイイ!


    840491739321b47ab5eee450a08322a2a4a4bb27

    黒龍工房さんが参考展示していたシン・ゴジラ。デカい! 商品化したら、えらい値段になりそうです。


    39d743f1fa4a830e43aec6d1431849e9fb4301b1

    OBSCULPTこと米山啓介さんのアボラスとセミ人間は売り切れ。


    60737dc1e364f065d2a1ff8bb76da1d977ef1a3a

    せっかくなので代わりにこちらを買いました。


    366ad4208ca05e6f24bd5eefbd018035a433d856

    HELLPAINTERさんのピギーマン。『スプラッターハウス』の敵キャラですね。自分の腕ではちゃんと塗れなさそうなので、悩んだ末に買わなかったのですが、買っておけばよかったかなあ……


    12ab73af1f7cd150aea192227dbd28f521c1519e

    アワートレジャーさんのメロス。異様に出来が良くて、後期内山まもるのデッサン力を完全再現しているなと思ったら、なんとブスジマックス原型でした。すげえなあ。


    3fd1b967d6fd12679c0f93f6e3f974e7ff491d16

    墓場鬼太郎ヘッド。『妖奇伝』の表紙を再現してるわけですね。こんなのたまらないわあ。


    8574b06f468a1f41478d80b12dd81f258b2f5ded

    ウルトラやホビー+痛快娯楽劇場さんのポスター版ゴジラ。握っている女性のサイズがぴったり!


    ca9276300dbe9c6e19c1102fe26844e45519712c

    横にはナメゴンと戦ってるウルトラマンもありました。こちらはショウワノートの再現ですね。


    b1775c806f073c2c7aa3638532fae19fef688cb2

    オルカトイズさんのコブラ。めっちゃ欲しいですね。