• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • マクガイヤーチャンネル 第161号 【藤子不二雄Ⓐと映画と童貞 その2 『シルバークロス』】

    2018-03-07 07:00  
    216pt
    さて、今回のブロマガですが、158回に引き続いて藤子不二雄Ⓐについて、具体的には『シルバークロス』について書かせて下さい。
    ●『シルバークロス』とは
    前回、藤子不二雄Ⓐの映画に対する造詣の深さについて書きましたが、映画的魅力の詰まったⒶ作品といえば、初期の名作として評価も高い『シルバークロス』が挙げられるでしょう。
    『シルバークロス』は1960年~63年に光文社発行の月刊少年漫画雑誌「少年」で連載されていました。
    「少年」は『鉄腕アトム』や『鉄人28号』が連載されていた雑誌です。テレビと少年週刊誌の影響を受けて1968年に休刊しますが、昭和30年代(1955~64年)は「少年画報」と少年雑誌の覇権を争い、一世を風靡していた雑誌です。『愛…しりそめし頃に…』では、「少年」から執筆依頼を受けた満賀と才野が「この雑誌に作品が掲載されるのは魅力的」とスケジュールが詰まっている中で依頼を受けるさまが描かれています。一つのブランドだったわけです。