• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • マクガイヤーチャンネル 第44号 【スペクター】

    2015-12-07 07:00  
    220pt
    さて、今回のブロマガですが、連載『遺言』をちょっとお休みして前回のニコ生「今だから復習したい『007 スカイフォール』とサム・メンデス」の裏話などさせて下さい。
    『アベンジャーズ』『ミッション・インポッシブル』『ジュラシック・パーク』……有名映画シリーズの新作が次々と公開された2015年ですが、ほとんどの作品が年末公開を避けました。
    何故でしょうか。聡明な皆様はとっくの昔にご存知ですよね。そう、12/18に『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が公開されるからです。公開時期がかぶれば客の奪い合いになります。多くの映画が2015年の年末を避け、公開を前倒ししました。
    しかし、唯一『007』だけは年末公開を動かしませんでした。『007 スペクター』のイギリス公開日は10/26、アメリカ公開日は11/7です。他国での公開日は当然これより遅くなります。日本での公開日は12/4となりました。『007』は『スター・ウォーズ』とのガチンコ対決を辞さなかった――そういっていいでしょう(厳密にいえば、日本では『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』が正真正銘のガチンコ対決を仕掛けているのですが、想定している観客層の違いから賞賛アリとみているのでしょう。でも、12/19は映画館がパンクするのではないでしょうか)。