ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • madness放送:本日の特選勝負鞍(9/19月)

    2021-09-20 11:181

    ※madness放送からのお知らせ
    充電期間を経て来週の25日より放送を再開しますのでよろしくお願いいたします


    madness放送 厳選の1鞍 『本日の特選勝負鞍』

    中山11R セントライト記念(GⅡ) 芝2200M
    混合 三歳オープン・馬齢

    前走の京都新聞杯では、ダービーに向けての賞金加算を目論んでの必勝態勢で挑み、惜しくも2着の結果に終わった西の◎ルペルカーリアだが、敗因は明らかだ。
    最内から外へ進路変更するワイドエンペラーと接触し、馬自身がエキサイし、前半の3ハロンを33秒5で通過し、ゴール前では苦しがって左にモタれ、勝馬であるレッドジェネシスに交わされてしまった経緯があり、精神的面での敗因が大きい。
    出走メンバー中で、最も成長力を感じ、先行馬が揃い持久戦の様相を呈する流れになる可能性が高いので、母にシーザリオの肌を持ち、母父がスペシャルウィークと言う血脈からもこの距離で真価を発揮する確率に期待しての指名とした。
    前走の惜敗の念をここで、晴らしたいユーイチJと陣営にとっても、遠征するからには、結果が欲しい舞台でもあり、菊花賞に向けてスタートを切りたい一戦だ。
    最終追い切りも気迫が溢れる攻め馬で、栗東芝コースで実戦を想定し意欲的に…64秒6→49秒0→35秒5→11秒8と軽く馬也でマークし、夏を越して成長した馬体が目立ちパワフルな動きだった。

    相手には、ダービー6着の○タイトルホルダーを指名したが、最終追い切りのタイムが破格だった…美浦南DWで、68秒5→52秒4→37秒1→10秒9と馬也でマークし、攻め馬は完璧と言っていいデキだった。

    単穴には、2週前に池添Jが自ら跨った攻め馬の内容を評価しての西の▲ヴィクティフォルスを指名した。栗東CWで、3頭併せで追われ、4歳オープン馬レクセランスに1 1/2先着・3歳1勝馬クラスジェニーアムレットに併入しており、仕上がりに不安は無い…以上の3頭三つ巴戦と見ているので勝負!

    ◎ルペルカーリア 56K 福永
    ○タイトルホルダー 56K 横山武
    ▲ヴィクティフォルス 56K 池添
    注ソーヴァリアント 56K 戸崎圭
    △ノースブリッジ 56K 岩田康
    △カレンルシェルブ 56K 横山和

    【単勝】11
    【馬連】
    7-11
    3-11
    3-7(縦目)
    11-12
    5-11
    9-11

    【3連単軸2頭流し】
    11⇔7→3・5・6・7・9・12(12点)
    11⇔3→5・6・7・9・11・12(12点)


  • 広告
  • madness放送:本日の特選勝負鞍(9/19日)

    2021-09-19 10:142

    madness放送 厳選の2鞍 『本日の特選勝負鞍①』

    中山10R レインボーステークス 芝1800M
    混合 特別指定 三歳上3勝クラス・定量

    台風の影響が残り、朝の9時の段階での芝の状態は稍重だが、風も強く、気温の上昇に伴い芝の回復も早いだろう。
    先日の例を挙げるが…芝のマイル戦である御宿特別の勝馬であるサトノアイの走破時計は1分35秒2で上がり3ハロンはメンバー最速の34秒0で駆けた。通常タイムから、約2秒かかっており、出走メンバーの大半の上がりが、34秒台で収まっているので、位置取りと仕掛けのタイミングの差が勝敗の差を別けたと言っていいだろう…。
    馬場が悪いとは言え、イン突き強襲のサトノアイとムーンライトの進路を見ても、俄然イン有利には変わらない…大外から2頭併せで追い込む体勢で伸びなかったアラビアンナイトとチアチアクラシカは、外枠が響いて伸びを欠いた…それらを踏まえて予想する。

    福島牝馬特別から5カ月半の休養を挟んで、立て直しを図り、脚部不安が付きまとうが、ビシビシ調教も積んでいる今回は、実力発揮の舞台として◎パラスアテナを指名し、自己条件ならば力は一枚上と判断した。
    紫苑ステークス(GⅢ)では、マルターズディオサに2着し、秋華賞(GⅠ)ではデアリングタクトに4着と健闘している実績からも一目瞭然であり、最内を引いた点からもイン有利の馬場を味方に突き抜けて欲しい…。

    相手には、時計の掛かる馬場と中山の相性が抜群に良い重巧者である〇ホウオウエミーズを指名したが、体調が整わなかった札幌をパスして、ここまで待機し、マーメイドステークス5着から自己条件に戻り、相手も弱化したので期待して良く、距離短縮の1800Mも歓迎で好走条件が揃いに揃った印象で、不気味な存在だ。

    単穴には、前々で渋太く応戦するタイプで先行型のマイラー色強い関西馬▲フィオリキアリを指名したが、コーナー4つを上手く立ち回るタイプだけに残り目はあると踏んだ…。過去にアネモネステークスで、インターミッションの2着の実績が示す通り、スピードの持続力を武器にしている馬である事が…スピードタイプのマイラー志向を証明している。

    単騎逃げ濃厚な関西馬注ヴァレトニだが、グラスワンダー産駒なので距離延長は問題と踏んだが、坂のある中央場所で成績を残していない点が気掛かりではあるものの札幌からの勢いも持続しており、同馬の成長度を評価したい。

    以下、今回から右側方ブリンカー着用で挑み、中山を庭にしている△ヒシヴィクトリーの復活と…そしてハンデ戦重賞の常連馬である△トラストケンシンが自己条件で改めて見直す手を踏まえて、以上2頭までを押さえの候補に指名とします。

    ◎パラスアテナ 55K 三浦
    〇ホウオウエミーズ 55K 丸田
    ▲フィオリキアリ 55K 横山武
    注ヴァレトニ 54K 横山和
    △ヒシヴィクトリー 57K 木幡巧
    △トラストケンシン 57K 吉田豊

    【単勝】1
    【馬連】
    1-10
    1-5
    5-10(縦目)
    1-2
    1-6
    1-11
    2-5(保険)

    ※保険の馬連も参考にして下さい。

    【3連単軸2頭流し】
    1⇔10→2・3・5・6・9・11(12点)
    1⇔5→2・3・6・9・10・11(12点)



    madness放送 厳選の2鞍 『本日の特選勝負鞍②』

    中京10R 納谷橋ステークス 芝1600M
    混合 特別指定 3歳上3勝クラス・定量

    前走は捌きの甘い戸崎Jのミス騎乗であり、このクラスで留まっている器ではない関東馬・尾形和厩舎⦿クロノメーターが、勝ちに来た一戦として指名する。
    骨折放牧から10か月余りの休養を挟み、当舞台から始動するが、陣営としての期待度も高く、中間の攻め馬も唸るデキに有り、本気度を踏まえて勝負に出たい。
    最終追い切りは、美浦坂路で…51秒6→37秒8→24秒9→12秒8と追われ、3歳2勝クラスのマリノエンブレムに馬也併入し、前傾姿勢で意欲満点のデキと判断。

    相手には、関東馬・堀厩舎〇ファルコメンで、中京には2度目の遠征になり、今回は結果が欲しく、鞍上はCルメールを配してきている辺りも勝負気配がプンプン匂う。

    単穴には血統馬である▲ラブユーライブを指名するが、札幌からの勢いもあり、馬体重も440K台まで増やしての出走となるので、体調は維持しているので期待。

    以下、休み明けの中でも今回はデキの良さが目立つ注オールズウエルと前走は勝負所で前が塞がってしまい追えなかった△ウイングレイテスト…そしてエルフィンステークス以来になるがレース勘が戻っていれば好勝負の3歳牝馬△サルファーコスモスまでを馬券対象とした。

    ⦿クロノメーター 57K 幸
    〇ファルコメン 57K Cルメール
    ▲ラブユーライブ 55K 福永
    注オールズウエル 57K 松山
    △ウイングレイテスト 57K 武豊
    △サルファーコスモス 53K 川田

    【単勝】1
    【馬連】
    1-6
    1-7
    1-3
    1-5
    1-11

    【3連単軸2頭流し】
    1→6→3・5・7・11・12(5点)
    1→7→3・5・6・11・12(5点)


  • madness放送:本日の特選勝負鞍(9/18土)

    2021-09-18 10:251

    madness放送 厳選の2鞍 『本日の特選勝負鞍①』

    中山10R 御宿特別 芝1600M
    牝馬 三歳上2勝クラス・定量

    台風の影響は免れない様相を呈して来たが、開催は決行される様なので、馬券はリスクを帯びる状況下、絞って買いたい処でもある…。
    そこで、エピフォネイア産駒で、重馬場好走実績のある道悪巧者3歳◎アラビアンナイトの出番と見た。馬体は436K台だが、ややストライドのある走りをし、前捌きは掻き込む様なパワフルな走りを見せる。前走でも狙った馬でもあるが、レース当日にフケがあったらしく、参考外と判断し、改めて期待したい。
    2走前に負かしたテンハッピーローズとの横の比較から、ここは馬場の適性も加味しても、突破したい舞台であり、陣営も力の入る一戦だろう…。

    相手には、極悪馬場になった場合は、頭もある可能性を秘める西の7歳牝馬〇ハローユニコーンを指名したい。5走前の隅田特別でも重い印を打ったが、終いは確実に脚を駆使するタイプであり、今回は更に悪化する不良馬場ならば2着いや…1着も頭も霞む絶好のシチュエーションに思えてならない…。

    単穴には、5走前の豊橋特別では不良馬場の中、イン突きでビオグラフィーを追い詰めた西の▲ムーンライトを指名した。今回は一息入れた効果で、精神的にも落ち着きが見られ、使い減りするタイプだけに、狙う価値十分…リズム良く首を使いながらも、重心が低いフォームは、いかにも道悪巧者らしい走りを見せる馬。

    5走前の稍重での中山マイル戦で、オープン馬カラテの2着実績のある注オータムレッドは、4か月休養を経て、当舞台を挑む訳だが、馬体の回復次第で、浮上し力量的にも怖い存在だ。

    スプリント戦中心に使われてきたが、新馬戦6着の実績を残す△レオハイセンスだが、ジャスタウエイ産駒で母にレオパステルと来れば鬼の部類に入ると見ての指名で、穴を開けるならば同馬だろう…。

    ◎アラビアンナイト 53K 戸崎
    〇ハローユニコーン 55K 斎藤
    ▲ムーンライト 55K 横山和
    注オータムレッド 55K 津村
    △レオハイセンス 55K 江田照

    【単勝】13・5
    【馬連】
    5-13
    9-13
    5-9(縦目)
    2-13
    10-13

    【3連単軸2頭流し】
    13⇔5→2・3・8・9・10・11(12点)
    13⇔9→2・3・5・8・10・11(12点)


    madness放送 厳選の2鞍 『本日の特選勝負鞍②』

    中京11R ケフェウスステークス 芝2000M
    混合三歳上オープン・ハンデ

    3連勝と勢いのある4歳馬である関東馬◎アラタに期待し、台風に影響もあり、馬場適性からして、道悪の鬼が躍進する舞台設定もいい…ハンデ54Kは恵まれた印象でもあり、空き家のオープン特別ならばと…もう一丁!
    前走後は放牧に出し、中間の乗り込みも高いレベルで安定しており、心肺機能の優れた馬である証のデモを慣行しており…最終追い切りの美浦南DWでは、66秒7→52秒0→37秒8→11秒9と強目に追われており、本格化の兆し。

    相手には、間隔が詰まっているが、元気一杯のタフネスガイである〇ショウナンバルディーを指名したが、前走大敗し人気を落とすからこそ、キングズベスト産駒である道悪巧者に白羽の矢…という訳で狙いたい…この内枠の利を生かして、岩田康Jにゴール間際まで粘らせて欲しい。

    そして…バテない強みを生かすならば、鉄砲実績は無いが、この相手ならば何とかなりそうな▲アフリカンゴールドを指名したが、前々で運ぶショウナンバルディーと雪崩式に粘り混んで欲しい2頭は妙味満点。

    中京コースを滅法走る最軽量馬48K挑む注マリアエレーナだが、アラタと6K差ならば好勝負必死と判断し、同馬の為に減量で挑む酒井Jの意気込みの期待値は高い。

    中山記念3着の実績のある古豪の域に入った関東馬△ウインエクシードは、レース巧者であり、まだまだ衰えの無い7歳馬であり、そして…ポタジェ・アブレイス辺りと接戦を演じてきた△フランツも忘れてはいけない一頭…以上2頭までを押さえ候補として警戒します。

    ◎アラタ 54K 大野
    〇ショウナンバルディー 55K 岩田康
    ▲アフリカンゴールド 54K 藤岡
    注マリアエレーナ 48K 南井
    △ウインエクシード 56K 和田竜
    △フランツ 55K 松若

    【単勝】8
    【馬連】
    1-8
    8-9
    1-9(縦目)
    5-8
    2-8
    8-13

    【3連単軸2頭流し】
    8⇔1→2・5・6・7・9・13(12点)
    8⇔9→1・2・5・6・7・13(12点)