ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

東京 11R ユニコーンステークスGⅢ(暫定版)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

東京 11R ユニコーンステークスGⅢ(暫定版)

2020-06-18 07:05

    東京 11R ユニコーンステークスGⅢ(調教指数

    美浦(関東馬)
    南W(6F-5F-4F-3F-1F)

    ランク① キタノオクトパス:66.2-51.4-38.0-12.4☆菅原明
    ランク② カフェファラオ:67.2-52.9-39.0-12.1☆レーン
    ランク③ デュードヴァン:67.0-52.1-38.3-12.7☆助手
    ランク④ サンダーブリッツ:68.8-53.6-39.8-12.1☆調教師
    ランク⑤ ラブリーエンジェル:53.9-39.6-12.3☆助手
    ランク⑥ アポロアベリア:71.1-56.0-41.5-13.4☆助手

    南ニューポリトラック(6F-5F-4F-3F-1F)
    ランク① 該当馬なし

    南ダート(5F-4F-3F-1F)
    ランク① 該当馬なし

    坂路(800m-600m-400m-200m)
    ランク① レッチェバロック:51.5-37.8-24.7-12.4☆助手
    ランク② オーロラテソーロ:52.5-38.1-25.0-12.6☆木幡巧
    ランク③ ケンシンコウ:53.0-39.3-26.0-13.2☆助手


    栗東(関西馬)
    CW(6F-5F-4F-3F-1F)

    ランク① キッズアガチャー:84.9-67.5-52.6-38.5-12.0☆高倉
    ランク② マカオンブラン:68.1-51.6-37.9-13.1☆助手

    坂路(800m-600m-400m-200m)
    ランク① フルフラット:49.9-36.6-24.0-12.2☆見習
    ランク② メイショウベンガル:52.5-38.0-24.6-12.4☆見習
    ランク③ サトノラフォール:52.6-38.2-24.9-12.4☆助手
    ランク④ スリーグランド:52.7-38.3-25.0-12.6☆助手
    ランク⑤ サンライズホープ:53.3-37.9-24.6-12.3☆川須
    ランク⑥ タガノビューティー:53.8-39.4-25.6-12.7☆助手


    ニューポリトラック(6F-5F-4F-3F-1F)
    ランク① 該当馬なし


    東京 11RユニコーンステークスG(持ち時計指数:ベスト10)

    ランク① ラブリーエンジェル1分36秒1【1勝クラス1着】@1分36秒1
    ランク② デュードヴァン 1分36秒2 【青竜S1着】 @1分36秒2
    ランク③ タガノビューティー1分36秒4 【青竜S3着】 @1分36秒4
    ランク④ レッチェバロック1分23秒6 【1勝クラス1着】 @1分36秒6
    ランク⑤ ケンシンコウ 1分36秒7 【1勝クラス1着】 @1分36秒7
    ランク⑥ フォーテ1分36秒7 【青竜S7着】 @1分36秒7
    ランク⑦ オーロラテソーロ 1分36秒7 【カトレア4着】 @136秒7
    ランク⑧ サンダーブリッツ 1分37秒0【1勝クラス1着】 @1分37秒0
    ランク⑨ サンライズホープ 1分50秒3【1勝クラス1着】@1分37秒3
    ランク⑩ キタノオクトパス 1分37秒6【1勝クラス1着】 @1分37秒6

    ※ランク⑤・⑥・⑦位は、同タイムですが、上がり3ハロンのタイム順番
    を元に、⑤位:ケンシコウ36.6→⑥位:フォーテ37.5→⑦位:オーロラテソーロ38.3としました。


    Madness競馬指数総合1位は、◎レッチェバロックを指名!

    ◇暫定版コラム◇6月18日(木曜)

    あくまで暫定としての軸馬は◎レッチェバロックとした。
    調教では単走で追われ、四肢の捌きも力強く、それでいて柔らかい奇麗なフォームで、真一文字に駆け上がって来た。
    馬なりで、4ハロン51.5→12.0を楽々マークし、1Fハロン延長でもスピードは、血統的にも鈍らないと判断した。アメリカンダートの集大成の様なダイナミックな勝ち方は、父アンクルモーが輩出したケンタッキーダービー馬ナイキストを象徴しているかと思われる。
    過去に横山典騎乗のグレートチャーマーのイメージと被り、スピードのコントロールさえ付けばマイルも圧勝するタイプ。
    そのグレートチャーマーは、1400mがベストでは?と…評価されていたオアシスSではウインドフィールズを4馬身ちぎったイメージ評価に近いと思って欲しい。レッチェバロックが、前走破ったアストロブレイクは、スターファイターに4秒差を付けて圧勝し、このクラスに留まる馬では無い事を証明したが、今年の3歳ダート路線組は層が実に厚く、レベルも高く、藤沢厩舎⇔Cルメールコンビで、ここも突破と見た

    相手には、府中マイルでは3戦3勝の〇デュードヴァンで、青竜Sの勝ち時計を評価し、追い比べでは抜かせなかった勝負根性に注目。単穴には、前半3ハロンが早くなると見て▲タガノビューティを指名し、府中にありがちな殿一気を期待した。坂路での追切タイムがイマイチなのと、遅れを取った点だけが、疑問なので当日の気配・馬体重を注意したい。
    押さえ評価の一番手で、前走の勝ち時計1分36秒1を評価し△ラブリーエンジェルとした。
    人気の一角であるカフェファラオは、時計をどこまで詰めてくるか?…がポイントと見ているが、36秒台ランクに入らない点で、madness持ち時計指数を頼りに切る手に出るのもよろし!

    ◎レッチェバロック 54K Cルメール
    〇デュードヴァン 56K Mデムーロ
    ▲タガノビューティー 56K 和田
    △ラブリーエンジェル 54K 木幡巧 
    △フルフラット 56K 石橋脩
    △キッズアガチャー 56K 丸田
    △カフェファラオ 56K レーン

    ※確定版は土曜日の夜に発表しますので、よろしくお願いいたします。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。