ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

madness放送:本日の特選勝負鞍(1/23:土)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

madness放送:本日の特選勝負鞍(1/23:土)

2021-01-23 11:08
  • 2

­­madness放送 厳選の3鞍 『本日の特選勝負鞍①』

中山7R 三歳1勝クラス
混合 指定 馬齢

先行勢が揃ったメンバー構成で、前半3ハロンのラップが流れを左右すると見てシルポート産駒の◎マブストークに打った。血統も実にユニークな馬からいく事にする…。
前走は、4角手前から、手応え良く進出し、残り2Fの伸びも良好で、展開待ちだが、一発を期待出来る内容だった。先行馬総崩れの中、追い込みがハマって、ドンピシャリ!

相手には、同レース2着の〇リメスで、前半3ハロンを良馬場で33秒6通過、パサパサの冬の中山ダートを粘り、前目に運んだ展開で唯一、強い競馬をした内容だった。

単穴には、▲ディオスクーロイで、陣営によると今回は控えるらしいので、やや離れた番手から前を捕らえるポジションならば、差しが決まると見ての指名。

バルデンスの決め手も怖いが、マブストークの、オッズは実に美味しいので、関西馬2頭を絡めた馬連で手広く勝負して、上手いことヒモが狂って欲しい。

◎マブストーク 56K 木幡巧
〇リメス 56K Cルメール
▲ディオスクーロイ 56K 津村
注エンテレケイア 56K 戸崎
△バルデンス 56K 田辺
△ロードミッドナイト 56K 石川
△フクノラブラーニュ 56K 嘉藤

【単勝】3
【馬連】
3-13
3-6
6-13(縦目)
3-12
3-7
3-16
3-11
12-13(保険)



madness放送 厳選の3鞍 『本日の特選勝負鞍②』

中山8R 四歳以上1勝クラス
混合・定量

タビット産駒にとって、この一雨は恵の雨と見るのと、プリンシパルSにも挑んだ経緯のある◎アメリカンフェイスを指名し、この舞台は、最低でも2着は死守する決断だ…。
前走は、出遅れて、川田Jが猛然と追って届かなかったが、残り1Fの鬼脚には、本来の潜在能力を示す内容で、ゴール前は抑えるシーンも見られた。
このクラスは卒業目前で、『今度こそ、中山1800ダートをCルメールが決める!』

相手には、前走早目の競り混まれて厳しい競馬だった○チュウワジョーダンで、最終追い切りでは、鋭い動きを見せていて、好調をアピールした動きで指名。

単穴にはB着用で、連闘で中山を使ってきた▲アイスナインで、今度はガラリ一変の様相で、人気を踏まえれば、叩いた今回こそ狙い目。

◎アメリカンフェイス 56K Cルメール
〇チュウワジョーダン 56K 三浦
▲アイスナイン 56K 吉田豊
注ハイエストエンド 56K 田辺
△ヌンカプト 56K 大野
△サンビュート 56K 北村

【馬連】
7-12
5-12
5-7(縦目)
10-12
3-12
11-12


madness放送 厳選の3鞍 『本日の特選勝負鞍③』

中京11R 豊明ステークス
混合 四歳上3勝クラス・ハンデ

ハンデ戦で上下差6キロ、雨予想で、馬場悪化で浮上したのが、◎ムーンチャイム54Kに白羽の矢。ピッチ走法で、荒れた芝は、鬼と見ているが、ヤネも手替わりし、前走のユタカJとは違い、ロスなく馬群を捌く川田Jならば、持って来ると判断。
本来はマイルもこなす1400m巧者のスプリンターで、何故か中京は滅法駆ける特性が有り、混戦に断!雨の馬場での末脚拝見と言った所だろう…。

相手には、オルフェ産駒の○トウカイオラージュ55Kで、こちらも雨馬場は苦にしないタイプで、すんなり先行出来れば、ミズスマシの如く、粘る可能性も有ると踏んだ…。

単穴には、最終追い切りの動きが良い、ジャスタウエイ産駒の▲ハーフバック52Kを指名、道悪は歓迎で、展開次第で浮上すると見た。

◎ムーンチャイム 54K 川田
〇トウカイオラージュ 55K 松若
▲ハーフバック 高倉 高倉
注キアロスクーロ 55K 藤岡祐
△タガノスカイハイ 55K 藤井勘
△オールザゴー 55K 坂井

【単勝】8
【馬連】
4-8
5-8
4-5(縦目)
8-10
8-9


広告
×
1月23日(土)小倉4R 障害未勝利戦(11時20分発走) 3番 ヨシオ 踏み切ってジャンプー!
2ヶ月前
×
残念でしたね。スピードのある馬だから、完歩が合わない感じがしました。馬人生としては、G1→障害と波乱に満ちていますが。頭が下がるお馬さんですよ!
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。