madness放送:本日の特選勝負鞍(1/24:日)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

madness放送:本日の特選勝負鞍(1/24:日)

2021-01-24 10:43

    ­­madness放送 厳選の3鞍 『本日の特選勝負鞍①』

    中山10R アレキサドライトステークス ダート1800m
    混合 指定 四歳以上3勝クラス・定量

    芝の若葉ステークス3着の実績からして、脚抜きの良いダートは大歓迎で、ここはダートに転身して3連勝を決める◎アメリカンシードの相手探しで、オープン入りをこの舞台で決める!前走の収穫として、競り混まれても、慌てず控えてエンジン点火でギアの違いを見せつけ、ここはあくまで通過点だ。

    争点は、ヒモの馬選びだが、薄目の関西馬が飛んできて欲しい…。

    ここだけの話だが、〇スマートランウェイのデキは良く逃げ粘りは要注意。

    馬込を嫌うが故に、広い府中を中心に使ってきたが、前走では狭いインを突破してきた▲サンダーブリッツの成長力を信じての指名で右回りも問題無いと見た。

    ◎アメリカンシード 56K Cルメール
    〇スマートランウェイ 55K 池添
    ▲サンダーブリッツ 56K 大野
    注ライジングドラゴン 57K 蛯名
    △ブライトンロック 57K 柴山雄
    △トランスナショナル 57K 横山武

    【馬連】
    6-9
    6-8
    8-9(縦目)
    2-6
    6-11
    1-6


    madness放送 厳選の3鞍 『本日の特選勝負鞍②』

    中京11R 東海ステークス(GⅡ) ダート1800m
    混合 四歳上オープン・別定

    奥手の血がここに来て開花した◎オーヴェルニュで、調子の良さで抜擢した。
    一戦毎に、レース巧者振りを発揮し、左にモタれる面も解消し、時計勝負も望む所で、ここは打倒インティの一番手として胸を張れる存在で、間違いないと決断!
    最終・1週前の追い切りは坂路で、負荷を掛けて強目に追い切られ、疾走感あるデモを披露。

    相手には、7歳古豪〇インティだが、鞍上のコントロール次第で凡走も有り得る、気性的な怖さが残るが、まず崩れないと見る。気になるのは、絶好調ならば、このメンツの成績比較から、単勝2倍を切らなけらばいけないが、2倍代で収まりそうなのは、ヤネ込みの評価が、その辺なのだろう…。

    単穴には、インティを2馬身前に置いて競馬をする▲ダノンスプレンダーで、こちらも脚抜きの良いダートは歓迎だ。張り詰めた気の抜けない淀みないラップは、ソラを使う同馬にとってインティはカンフル剤的存在なので、怖い一頭だ。

    左回り専用馬、関東馬・注ハヤヤッコは、末一手だが、揉まれなければ、食い込む余地はると見て指名。

    そして、調教の良さが実戦に行って身を結んで欲しい関東馬・△デュードヴァンとブリンカー効果と内ラチを頼りに走る△グレートタイムまで、警戒したい。

    ※展開を読んだ保険馬券も参考にして下さい。

    ◎オーヴェルニュ 56K 川田
    〇インティ 57K 武豊
    ▲ダノンスプレンダー 56K 岩田
    注ハヤヤッコ 56K 田辺
    △デュードヴァン 55K 幸
    △グレートタイム 56K 福永

    【単勝】11
    【馬連】
    6-11
    9-11
    6-9(縦目)
    10-11
    11-13
    1-11
    1-6(保険)
    9-10(保険)


    madness放送 厳選の3鞍 『本日の特選勝負鞍③』

    中京12R 四歳以上1勝クラス 芝2200m
    混合・指定

    ルーラーシップ産駒で、道悪巧者◎ロバートソンキーを指名、自信の遠征と見た。神戸新聞杯3着・菊花賞6着の実績からして、ここは通過点、負けられない一戦で、この為に伊藤工Jを配備で、相手探しの一戦。

    相手にはゴールドシップ産駒の雨の〇ウインラベンダーと前走は鞍上の位置取りが悪く脚を余した▲ハナビマンカイへの馬券が勝負所と見ての、三つ巴戦。

    ◎ロバートソンキー 56K 伊藤工
    〇ウインラベンダー 56K 松山
    ▲ハナビマンカイ 56K 岩田望
    △マジストラル 56K 北村友
    △サンライズサーカス 57K 松若

    【馬連】
    4-5
    3-4
    3-5(縦目)
    4-8
    4-10


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。