ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

madness放送:本日の特選勝負鞍(4/24土)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

madness放送:本日の特選勝負鞍(4/24土)

2021-04-24 12:20

    ­­madness放送 厳選の3鞍 『本日の特選勝負鞍①』

    東京9R 四歳以上2勝クラス 芝1400M
    牝馬 定量

    前走は道悪に泣いたが、開幕週で良馬場の牝馬限定1400Mを求めて東上する西の◎クリアサウンドに打った。
    2歳時のファンタージーSではレシステンシアの3着の実績が有り、持ち前のスピードでここは突破すると見ての指名で、今度こそだ!

    先行馬が揃ったので、差し脚が活きそうな西の〇マテンロウディーバだが、ハマった時の豪脚は展開次第と言った所で、府中の直線はいかにも向きそうな雰囲気。

    単穴には、長距離輸送でテンションが維持出来れば、好走しても良い西の▲ムーンライトで、前走は道悪競馬の中、クリアサウンドに先着しており、当日の気配に注意。

    そして…待ってました、この内枠を…という訳で、逃げるのは、注キタイで、中間の動きも良くデキの良さで、粘りに粘るシーンも想定されるので、要警戒!

    ◎クリアサウンド 55K Мデムーロ
    〇マテンロウディーバ 55K 横山典
    ▲ムーンライト 55K 横山武
    注キタイ 55K 木幡巧
    △メイショウゲンセン 55K Cルメール
    △シャワークライム 55K 丸山

    【単勝】7・12
    【馬連】
    7-12
    6-7
    6-12(縦目)
    5-7
    2-7
    1-7

    【3連単軸2頭流し】
    7⇔12→1・2・5・6・10・15(12点)
    6⇔7→1・2・5・10・12・15(12点)



    madness放送 厳選の3鞍 『本日の特選勝負鞍②』

    東京10R 晩秋ステークス 芝1400M
    混合 四歳上3勝クラス・ハンデ

    かつては京成杯2着にも好走しており、近走は気性難が災いし人気を裏切る結果だが、5か月半の休養を経て、心身共にリフレッシュされた◎スカイグルーヴに復活の気配を感じての指名だ。
    今回は距離を一気に短縮するが、前向きな姿勢から、馬群に入れて折り合いに専念せず、一息で行き切ってしまえば、圧勝のシーンもあってもよく、幸い大外枠から被せる好枠を引いたので、レースの主導権を握るポジショニングで、巧い事Cルメールが誘導すれば、このメンツなら一蹴りだ!

    相手には、西の〇カヌメラビーチで、前走の道悪競馬からくる疲れも無く、時計勝負にも対応出来るので、高いレベルで状態を維持しており、昇級戦だが即通用。

    単穴には、2度目の騎乗となる田辺Jだが、前回の結果を考慮して今回は逃げると踏んでの▲トーセンリストを指名で、近2走共に0.1秒差の競馬をしており、開幕週ならば粘りも増す筈だ。

    脚質的に追い込み一手だが、決め手比べならば、このメンツの中では、屈指のキレ娘…注チェーンオブラブだが、近走は、レースに行って不運なシーンが続いており、展開待ちの身だが、一発を警戒…個人的に、ひたすら狙っている1頭でもある。

    ◎スカイグルーヴ 54K Cルメール
    〇カヌメラビーチ 55K 石橋脩
    ▲トーセンリスト 54K 田辺
    注チェーンオブラブ 53K 三浦
    △ショウナンアオゾラ 55K 戸崎
    △エムアンドエンド 56K Mデムーロ

    【単勝】17・16・15
    【馬連】
    16-17
    12-17
    12-16(縦目)
    15-17
    1-17
    13-17

    【3連複BOX】
    1・12・13・15・16・17
    【3連単BOX】
    12・15・16・17




    madness放送 厳選の3鞍 『本日の特選勝負鞍③』

    東京12R 4歳以上2勝クラス ダート1400M
    混合 定量

    危うさも同居するが、番手からの競馬も取得した藤沢厩舎の◎レッチェバロックが満を持しての出走となったが、美浦坂路では楽に12秒台を叩き出しており、近走の中ではデキが凄く良く今回に至っては、信用するが、同馬は自身との闘いの一言に尽きる…。

    相手には西の〇ポンペイワームで、ゲート内での駐立が課題でもあるが、一度叩いて気配が更に上昇しており、ハナを叩くと渋太いタイプだけに好走を期待する。

    単穴には、前走、関西圏での競馬だった▲ミツカネプリンスで、末脚が見所満載の内容でもあったし、展開待ちの身だが、出番があっていいだろう。

    勝負処で、手前を替えるのにワンテンポ踏み遅れるクセのある西の注ゲンパチマイティーだが、鞍上田辺Jの手替わりで、巧い事、噛み合えばこの辺のメンバーでも互角にやれると踏んでの指名だ…。

    ◎レッチェバロック 55K Cルメール
    〇ポンペイワーム 57K 内田博
    ▲ミツカネプリンス 57K 横山武
    注ゲンパチマイティー 57K 田辺
    △インウィクトス 54K 原
    △アキノスマート 57K Mデムーロ
    △パイロジェン 57K 江田照

    【単勝】7
    【馬連】
    7-9
    7-10
    9-10(縦目)
    7-14
    7-11
    6-7
    4―7

    【3連単軸2頭流し】
    7⇔9→1・4・6・10・11・13・14・15(16点)
    7⇔10→1・4・6・9・11・13・14・15(16点)


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。