ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

madness放送:本日の特選勝負鞍(5/2日)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

madness放送:本日の特選勝負鞍(5/2日)

2021-05-02 09:51

    ­­madness放送 厳選の3鞍 『本日の特選勝負鞍①』

    東京11R スイートピーステークス(L) 芝1800M
    牝馬 指定 三歳オープン・馬齢

    前走は、外枠で揉まれ、道中も前が塞がれ行き場を失くした西の⦿エリザベスタワーがオークスの権利を奪取する。
    レース間隔は詰まっているが、前走の桜花賞はレースに参加していないので、疲れは皆無で、このメンツならば突き抜ける筈で、今度こそだ!
    今回は、左側にチークピーシーズを着用し、モタれる癖を解消する対策を施す。

    相手には、前走の良馬場でキレにキレた西の〇ミツルハピネスで、後続に5馬身差、上がりも新潟の時計の掛かる馬場で最速の34秒0は、優秀で、即通用の器だ。

    単穴には、骨折明けを叩いた2走目の今回、ガラリ一変を望める▲アオイゴールドで、前走は押し出される形で、逃げる事になってしまったが、今回は前に馬を置いて競馬する筈で、札幌2歳S、4着の実績から巻き返しは必至と判断した。

    エピフォネイア産駒で、折り合い難のイメージがある注アラビアンナイトだが、如何に道中を気分良く追走出来るか?…で走りが変わってくるので、警戒したい一頭。

    ⦿エリザベスタワー 54K 石橋脩
    〇ミツルハピネス 54K 泉谷
    ▲アオイゴールド 54K 木幡巧
    注アラビアンナイト 54K 丸山
    △オレンジフィズ 54K Mデムーロ
    △タガノパッション 54K 岩田望

    【単勝】4
    【馬連】
    1-4
    4-12
    4-11
    3-4
    4-6

    【3連単軸2頭流し】
    4⇔1→2・3・6・7・9・12(12点)
    4⇔6→1・2・3・7・9・12(12点)




    madness放送 厳選の3鞍 『本日の特選勝負鞍②』

    阪神11R 天皇賞(G1) 芝3200M
    混合 四歳上オープン・定量

    前走の阪神大賞典では、力強いストライド走法で、道悪競馬を克服し、2着以下に5馬身差という圧勝で溢れるスタミナをアピールした◎ディープボンドに打った。
    以前より、トモに厚みが増した要因が、瞬発力が活きた効果に繋がった。
    内枠には、都合の良いペースメーカーが、鎮座しており、おあつらい向きの展開になる事、必死…ここは勝ちパターンだ。
    ワールドプレミアは、アリストテレスがスパートしてから、ワンテンポ遅らせる事が、アダになり、インでドン詰まって終わりの絵面が見えるので…自信の消し!

    そして、問題の相手だが、青葉賞から復帰後、後続に影を踏ませない快速振りを見せる〇ディアスティマの前残りに期待した。
    2周目が内回りとなる阪神コースで、後続に脚を使わせて緩急を付けた北村友Jのペース配分がこのメンツでも通用すると踏んでおり、前2走共に、ゴール前では追っていない点を強調したい。

    単穴には、ディアスティマの離れた2番手で競馬を進める紅一点▲カレンブーケドールで、56Kという斤量のアドバンテージを武器に、粘り腰があると確信している。
    馬場や展開は不問で、折り合いの心配も要らず、レースが淀みなく流れる展開でこそ、この馬の持ち味が発揮出来る。
    ジャパンカップ2着の実績は伊達では無く、エネイブルを例に挙げるが、世界競馬のトレンドは牝馬である事を忘れないで欲しい。

    実質、展開を読んだ3頭が、馬券の勝負処で、ディープボンドが4角で前で運ぶ2頭に迫る!

    京都より阪神コースが合う注ユーキャンスマイルだが、冬場の休養効果で、体調面がアップし、前走の結果に繋がった。栗東CWで長目から、3頭併せで、先着しており。78秒8→64秒1→50秒1→36秒8→12秒4といつになく入念に攻めており、気配の良さが伝わる内容。
    G1には今一歩の印象がある同馬だが、今回は、ウイークポイントの目立つ顔触れだけに、勝利の2文字がちらつく筈だ…。

    道悪競馬で、負けというよりAJCCの疲れが残ってガス欠状態だった△アリストテレスだが、実質、今回こそが本領発揮の舞台、折り合いの課題をクリアすれば、ここも好走するだろうが、まだ完調には一歩手前に映る点が評価を下げた理由だ。

    そして…最後に前走、心房細動でレースを中止した△ゴーストだが、一戦級に相手にスタミナのある所を見せて欲しい。

    ◎ディープボンド 58K 和田竜
    〇ディアスティマ 58K 北村友
    ▲カレンブーケドール 56K 戸崎
    注ユーキャンスマイル 58K 藤岡祐
    △アリストテレス 58K Cルメール
    △ゴースト 58K 鮫島駿

    【単勝】12
    【馬連】
    5-12
    3-12
    3-5(縦目)
    2-12
    7-12
    10-12

    【3連単軸2頭流し】
    12⇔5→1・2・3・7・10・14・15・17(16点)
    12⇔3→1・2・5・7・10・14・15・17(16点)




    madness放送 厳選の3鞍 『本日の特選勝負鞍③』

    東京12R 四歳以上2勝クラス ダート2100M
    混合・定量

    2走前の対戦相手であるヒロイックテイルはその後、晩秋Sで勝ち上がりオープン入りを果たしており、対戦比較から同馬に2着した西の◎コバルトブルーが力上位と判断した。
    気性的にムラが有り、成績がバラつき、痺れを切れした陣営は、ブリンカー着用でレースに挑む。
    最終追い切りの内容から、美浦CWでレザネフォール相手に馬也併入し、53秒2→38秒3→11秒6と一追いごとに気配は上昇、デキは良い。

    相手には、ジリジリと長い脚を使って進出してくる〇インナーアリュールで前走より減量3K貰いの54Kに期待し、構えて乗れる府中コースで持ち味を活かして欲しい。

    単穴には単騎逃げ濃厚な西の▲サトノパシュートで、前日の雨の影響で脚抜きの良い先行有利の馬場…勝ち負けを意識した積極的な騎乗をヤネには希望する。

    ダートの長丁場で安定した走りを見せる西の注グレートバローズは、手前の関係上、左回り2100Mを求めての東上、勝機は十分にある。

    以下、前走、脚質展開を図って成功した△トレイントレイン、アテにしづらい面があるもののロスなく運ばればの条件で…西の△コパノリッチマンまでとした。

    ◎コバルトブルー 57K 石川
    〇インナーアリュール 54K 原
    ▲サトノパシュート 57K 丸山
    注グレートバローズ 57K 岩田望
    △トレイントレイン 57K 北村宏
    △コパノリッチマン 57K 藤井勘

    【単勝】2
    【馬連】
    2-3
    2-6
    3-6(縦目)
    2-10
    2-8

    【3連単軸2頭流し】
    2⇔3→4・6・7・8・10(10点)
    2⇔6→3・4・7・8・10(10点)


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。