ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

­­madness放送 かしわ記念(GⅠ Jpn)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

­­madness放送 かしわ記念(GⅠ Jpn)

2021-05-05 09:36

    ­­madness放送 厳選の1鞍地方版 『本日の特選勝負鞍』

    船橋競馬場 11R かしわ記念(GⅠJpn) ダート1600M
    サラ4歳上・選定馬・定量

    先行勢が多く、何がハナを叩くのか?…が鍵だがワークアンドラブが主張すると見て、ペースは流れると見る。
    小回りの船橋で、大外枠を引いた◎サンライズノヴァだが、揉まれずに早目に捲り切れる絶好枠、内枠には、捌きのあまい人気のJRA勢2頭が押し込まれた点に、展開の利があると見て、ドンピシャリ!
    2週前の栗東坂路では、強目に追われ51秒8→38秒0→12秒2を叩き出しており、気迫ある動きを披露し、デキは近走の中では一番。昨年は、ゲートを出てつまづき後手に回り3着だったが、今年は先行激化必死…スムーズならば際どい競馬になるメンツだからこそ、期待出来る。

    相手には、控える競馬で、末脚を伸ばした〇インティで、自分のリズムで運べさえすれば、近走の雪辱を晴らす事が可能だ。最終追い切りの動きも抜群に良く、四肢の捌きも力強く、トビにも高さが有り、前向きな姿勢が今回は色濃く感じた…。

    単穴には、意識して前目で競馬する▲タイムフライヤーで、函館コースでも、器用さを見せた様に、深いダート適性を感じ、川田Jのロスの無いイン突きの立ち回りで、浮上すると見た…地方重賞路線の適性は、ヒシヒシと感じる手応えはある…。

    揉まれ弱さを兼ねている注カフェファラオだが、小回り適性と深いダート適性に疑問があるので、評価を落とした。
    ジャパンダートダービーでの凡走をとっても、何かと注文の付く同馬に確たる信頼は無く、疑ってかかる事にした。

    押さえには、地元である△カジノフォンテンだが、2走前の川崎記念はスローで逃げ切って、オメガパフュームを抑え込んでいるが、鞍上のMデムーロが終始外々を回ってモタモタしている間に追い出すタイミングを見失い恵まれた印象が強い内容だった。
    そして…前走は熱発の影響もあるのだろうが、タービランスに首差まで迫られる内容で、今回は2走ボケのパターンではないか?…これまた、疑ってかかる事にした。

    ※疑問視している注カフェファラオですが、保険馬券も用意して下さい。

    ◎サンライズノヴァ 57K 松若
    〇インティ 57K 武豊
    ▲タイムフライヤー 57K 川田
    注カフェファラオ 57K Cルメール
    △カジノフォンテン 57K 張田昴

    【単勝】13
    【馬連】
    10-12
    1-12
    1-10(縦目)
    3-12
    6-12
    1-3(保険)


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。