ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

madness放送:本日の特選勝負鞍(5/15土)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

madness放送:本日の特選勝負鞍(5/15土)

2021-05-15 09:45

    ­­ madness放送 厳選の3鞍 『本日の特選勝負鞍①』

    東京10R 緑風ステークス 芝2400M
    混合 指定 四歳上3勝クラス・定量

    府中2400M専用馬が、満を持して待機、狙い澄ましての参戦◎リリーピュアハートが主役だ。
    前走は道悪競馬に泣き6着の結果で、在厩調整で仕上がりも良くここは素直に力を信じたい。
    本栖湖特別のレース内容の再現が可能なメンバー構成で、ここは通過点とし…オープン入りを果たしたい陣営の思惑も加味したい。

    相手には、ジリジリと長く良い脚を使う〇シルヴァーソニックで、極悪馬場のジューンステークスでも狙ったが、持久戦に持ち込む展開ならば同馬が一番強いと踏んでいる点は変わらない…ステイヤーズSを起用してもらいたいと、個人的には考えている馬でもあり、オッズ妙味満点で単勝・馬単もいいだろう…。

    白鷺特別で2着以下を5馬身突き放した▲アイアンバローズが、ようやく軌道に乗り力を発揮するようになったが、3勝クラスでも通用する内容だったので警戒だ。

    押さえて、鉄砲駆けする堀厩舎の△ゼーゲンで、近走の中では一番のデキ…。

    ※保険の馬券を参考にして下さい。

    ◎リリーピュアハート 55K 三浦
    〇シルヴァーソニック 57K 大野
    ▲アイアンバローズ 57K 横山武
    △ゼーゲン 57K 石橋脩

    【単勝】3・11
    【馬連】
    3-11
    3-4
    4-11(縦目)
    3-5
    4-11(保険)

    【馬単】
    3⇔11((2点)




    madness放送 厳選の3鞍 『本日の特選勝負鞍②』

    中京11R 都大路ステークス(L) 芝2000M
    混合 四歳上オープン・別定

    ダービー6着馬が、捻挫放牧から5か月の休養を経てここから始動する東の上原厩舎◎ガロアクリークに期待し、鞍上は川田Jを押さえた点も自信の遠征と見た。
    美浦DWでの先週の追い切りは、64秒1→50秒6→38秒0→12秒7と楽な手応えで叩き出し、強豪相手に戦ってきた実績が伝わるデモだった…。

    相手には、左回りでのパフォーマンスで一変する〇アフリカンゴールドで、ムラ駆けでアテにならない面はあるものの馬体維持を保てているので、GⅡ③着の実績を踏まえれば、食い込む余地はある。

    共同通信杯4着の実績を持つ▲マイラプソディは、かつてはクラシック路線を意識した馬でもあるので、自己条件で見直す手に出たが、ソフトな脚捌きをする同馬にとって当たりの柔らかいユタカJとの手合わせが一番合うと判断しての指名だ。

    前4走共に、チグハグな競馬で結果を出していない注ショウナンバルディだが、中京コースでの相性も良く、一変があるなら今回と睨んでいる。

    ◎ガロアクリーク 57K 川田
    〇アフリカンゴールド 56K 藤岡康
    ▲マイラプソディ 56K 武豊
    注ショウナンバルディ 55K 池添
    △ワイプティアーズ 56K 松若

    【単勝】1
    【馬連】
    1-10
    1-8
    8-10(縦目)
    1-11
    1-6

    【3連単軸2頭流し】
    1⇔10→3・6・8・11・12(10点)
    1⇔8→3・6・10・11・12(10点)




    madness放送 厳選の3鞍 『本日の特選勝負鞍③』

    東京11R 京王杯スプリングカップ(GⅡ) 芝1400M
    混合 四歳上オープン・別定

    先行馬が揃い、ハイペース必死のメンバー構成で、前走から1ハロン短縮で、重賞初制覇を目指す矢作厩舎の◎ミッキーブリランテに打った。
    前走は、スタート後躓き、後手に回る不利がある消化不良の内容で、レース後の道悪競馬のダメージもなく、最終追い切りの栗東坂路では…50秒3→37秒0→24秒6→12秒7を叩き出す活気のある動きを披露した。
    ベストの1400Mを求めての東上、陣営のG1路線への活路を見いだす意気込みに期待したい。

    斑鳩ステークスでは、ブリンカー着用と距離短縮でスプリント能力に目覚めた〇カイザーミノルを指名したが、マイラーズカップでの走破時計は1分31秒6で、高速決着に対応できるだけの裏付けは立証済みで、前走の走りから1ハロン短縮した今回の1400M戦で活きると見る。

    美浦南DWで、意欲的にビシビシ追ってきた▲シャインガーネットは、66秒4→51秒4→38秒3→12秒4とダート戦を叩いて、完全復調の気配を感じての指名。

    ニュージーランドトロフィーC2着の実績を持つ注シーズンズギフトは、揉まれない大外枠に入り、道中スムーズに運び、能力全開ならば、決め手のある末脚が生きる筈、この馬は怖い!

    ◎ミッキーブリランテ 56K 和田竜
    〇カイザーミノル 56K 荻野極
    ▲シャインガーネット 54K 田辺
    注シーズンズベスト 54K 杉原
    △ラウダシオン 57K Мデムーロ
    △タイセイヴィジョン 57K Cルメール
    △エアアルマス 56K 松山

    【単勝】11
    【馬連】
    5-11
    6-11
    5-6(縦目)
    11-16
    10-11
    11-14
    1-11

    【3連単軸2頭流し】
    11⇔5→1・2・6・10・14・16(12点)
    11⇔6→1・2・5・10・14・16(12点)


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。