ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

madness放送:本日の特選勝負鞍(5/16日)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

madness放送:本日の特選勝負鞍(5/16日)

2021-05-16 11:10

    ­­madness放送 厳選の3鞍 『本日の特選勝負鞍①』

    東京8R 四歳以上2勝クラス 芝1600M
    混合・定量

    小頭数で、バラケない隊列で、4角から決め手比べに持ち込む流れになる絶好のチャンスと見て◎チビラーサンの出番…前走に引き続き、執拗に追いかける作戦。
    包まれると戦力を喪失するので、ガラ空きの大外からスパートすれば弾ける筈で、4走前のクロノーメーターに2着した実績を考慮、互角以上のパフォーマンスを発揮する事を期待する。

    相手には、前走スタート後に寄られる不利と勝負処でスムーズに誘導出来ないシーンの中で、なんとか3着に食い込んで来た〇リーガルバトルの巻き返しを期待。

    前走は、後方一気の豪脚で決めた▲チアチアクラシカだが、昇級戦でも通用する内容で、速い上がり勝負には滅法強く、デキは前回以上だ。

    以下、雪崩式にゴール前まで粘ればで、注アオイクレートルだが、何故キレ味の無い分だけ、何かにやられる可能性が高く、人気程の馬では無い…1勝クラスをモタモタしている様に押さえ評価でいいだろう。

    人気の無い今回こそ、単騎逃げを期待してしまう△ノヴェッラだが、ノヴェリスト産駒だけに雨はご法度で、一滴でも降ると走らない。

    チビラーサンを取った以上、同脚質のショーヒデキラを前走同様、ここも切る手だ。

    ※保険馬券を参考にして下さい。

    ◎チビラーサン 55K 武藤
    〇リーガルバトル 56K 川田
    ▲チアチアクラシカ 56K 吉田豊
    注アオイクレートル 54K Cルメール
    △ノヴェッラ 56K 戸崎

    【単勝】7
    【馬連】
    7-8
    3-7
    3-8(縦目)
    4-7
    6-7
    3-8(保険)

    【3連単軸2頭流し】

    7⇔8→2・3・4・6(8点)





    madness放送 厳選の3鞍 『本日の特選勝負鞍②』

    東京10R 青竜ステークス ダート1600M
    指定 三歳オープン・別定

    現役時代はGIサンタアニタダービーを勝ち、 ケンタッキーダービーでも2着に好走した経歴のあるアメリカンファラオは2世代目の産駒で、その父を持つ背景からダート適性を見込んでの参戦という訳で…◎リフレイムを指名した。
    最終追い切りの美浦DWで、66秒1→51秒2→37秒9→12秒4と四肢の捌きがダイナミックなデモを敢行。在厩調整で、心身共にリフレッシュされ、今回は走る番だ。

    相手には、ソエ気味で状態を見ながらの出走となっていたが、近走、解消されて体質改善に成功してから素質を開花するであろう○アイリッシュセンスを指名する。

    ヒヤシンスステークスでは、前残りの緩い流れから只一頭、鬼脚を見せて追い込んだ藤沢厩舎の▲ラベルーズだが、斤量は57Kを背負い、発馬が課題で後手を踏む可能性もあるので、単穴に留めた。

    この時期の3歳ダート路線の勢力は日替わり事に主役が変わるので、過信は禁物で、ラベルーズを上回る鬼脚で馬群を捌いてくるリフレイムが纏めて面倒見るシーンがあってもおかしくなく、3Kの斤量差は大きいと踏む。

    ホッコータルマエ産駒の注レディバグも54Kの斤量の恩恵も受けられ、先行する脚質からスピードを活かし、距離短縮で一変のある△ユアヒストリーまで警戒したい。

    ※保険馬券を参考にして下さい。

    ◎リフレイム 54K 木幡巧
    ○アイリッシュセンス 56K 松山
    ▲ラベルーズ 57K Cルメール
    注レディバグ 54K 酒井
    △ユアヒストリー 56K 団野

    【単勝】3
    【馬連】
    3-10
    3-6
    6-10(縦目)
    2-3
    3-7
    2-10(保険)

    【3連単軸2頭流し】
    3⇔10→1・2・4・6・7(10点)
    3⇔6→1・2・4・7・10(10点)


    madness放送 厳選の3鞍 『本日の特選勝負鞍③』

    東京11R ヴィクトリアマイル(GⅠ) 芝1600M
    牝馬 指定 四歳上オープン・定量

    道悪競馬で、距離延長の2000M起用からのマイル戦に挑む不安要素もある藤沢厩舎◎グランアレグリアだが、重箱の隅を突くとすれば、反動の2文字のみだろう。
    …とは言え、牡馬牝馬混合戦では滅法強いが、牝馬限定戦でコロリと負ける牝馬を過去に多く見てきただけに、縦目の馬券も用意したいと思う穴党心理。

    相手には、前走の阪神牝特で、川田Jに勝負処で窮屈な内目に押し込まれる不利がありながらもイン強襲2着をもぎ取った〇マジックキャッスルが相手で、輸送も含めて馬体増で挑むが、450K程度までの成長は欲しいので、歓迎材料と踏む。

    ダービー卿CTのまでの4連勝は伊達では無い▲テルツェットだが、短期放牧後も順調で、当日のテンション次第で、この相手でも応戦を期待しての指名だ。
    牡馬相手の前走も逃げるマイスタイルを坂の頂上で捕らえ、小柄な馬体から繰り出すピッチ走法で、更に外から襲い掛かるカテドラルを封じ込み、ゴール前は抑える余裕もあった。

    昨年の2着馬、注サウンドキアラの前走は、大外を克服しての6着を評価し、鞍上込みで今年も期待しての指名で、人気の落ちる今回は絶好の狙い目。

    2番人気のユタカJ騎乗のレシステンシアは、大外に振られたが、この枠をどう克服するか?…が争点。追って甘いヤネを考慮すると、オッズ妙味に合わないので消しの作戦に出る事にした方が良さそうだ…。

    ◎グランアレグリア 55K Cルメール
    〇マジックキャッスル 55K 戸崎
    ▲テルツェット 55K Мデムーロ
    注サウンドキアラ 55K 松山
    △ランブリングアレー 55K 吉田隼
    △ダノンファンタジー 55K 藤岡祐
    △イベリス 55K 酒井

    【単勝】1・9
    【馬連】
    1-6
    6-9
    1-9(縦目)
    6-12
    6-8
    6-11
    5-6

    【3連単軸2頭流し】
    6⇔1→4・5・8・9・11・12・17・18(16点)
    6⇔9→1・4・5・8・11・12・17・18(16点)


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。