ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

福島ヒロキさん のコメント

userPhoto
福島ヒロキ
アイオーユーさん、いつもありがとう。参考になるよ。シゲルピンクの50Kはいかにも軽そうだが、鞍上が札幌は初めてなので、無視したよ。コントラチェックはムラなので、今回は消したよ。穴なら、タイセイアベニールとか面白そうだ…。
No.2
3ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
­­madness 放送 厳選の3鞍 『本日の特選勝負鞍①』 東京10R 三浦特別 ダート1400M 混合 三歳上2勝・定量 前走は、逃げるアストロブレイクを捕らえに行ったが、結果的に早仕掛けだった ◎カイアワセ だが、鞍上も2度目ならば、同じ轍は踏まないと見ての指名だ。同舞台のフジノタカネは内枠に入ったので、今度はカイアワセが外からの差し脚で決める! 相手には、3走前で見せたスピード(2着に5馬身差)は、2勝クラスでも通用する西の 〇ヴァクストゥーム で、長期休養明けでの前走のパフォーマンスは、ポテンシャルの高さを誇示する走りだった。 前走は、息の入らない展開だった西の ▲リュクスウォリアー だが、今回は内枠からハナを叩けるので、気分良く先行する展開ならば…残り目十分だ。 調教強化で、ビシビシ追われ、成績はムラだが、前走で2馬身差の7着ならば、このメンバーでも互角にやれる 注クロッチ も馬券妙味タップリで狙いたい穴馬。 以下、仕掛けのタイミングの難しい △フジノタカネ 、イン強襲で田辺Jが上手く捌ければの… △プリマジア までが、押さえの候補。 ◎カイアワセ 55K 戸崎 〇ヴァクストゥーム 57K 三浦 ▲リュクスウォリアー 57K 藤懸 注クロッチ 57K 菅原明 △フジノタカネ 57K 石川 △プリマジア 57K 田辺 【単勝】12 【馬連】 12-13 3-12 3-13 (縦目) 8-12 6-12 2-12 【3連単軸2頭流し】 12⇔13→2・3・6・8・15・16(12点) 3⇔12→2・6・8・13・15・16(12点) 3⇔13→2・6・8・12・15・16(12点) madness 放送 厳選の3鞍 『本日の特選勝負鞍②』 中京11R 桑名ステークス 芝1600M 混合 指定 三歳3勝クラス・定量 8戦して3着以下無し、エンジンも新品同様で、ジックリ間隔を開ければ重賞も勝てる器… ◎カレンシュトラウス を指名する。前走の勝負所でのギアの入り方からして、このクラスに要る馬では無く、持ってるエンジンが違う…あくまで通過点の舞台。 相手には、馬群に揉まれると怯む面がある 〇ソウルトレイン だが、スムーズに折り合えた時が怖い存在で、5走前にはGⅡを5着している実績馬を侮ってはいけない。 気ムラで、遊びながら走る面を解消する意味で、今回はブリンカー着用する ▲タンタラス の単騎逃げに警戒したい。 去勢効果で、行きたがる面が解消された東の 注フォルコメン 、休み明けをレコード決着の7着に駆けた △キャッチーアップ も叩き2戦目での変わり身が期待出来る。 ⦿カレンシュトラウス 57K 池添 〇ソウルトレイン 57K 幸 ▲タンタラス 55K 岩田望 注フォルコメン 57K 松山 △キャッチーアップ 55K 藤岡康 【単勝】11 【馬連】 4-11 1-11 11-12 3-11 【3連単軸2頭流し】 11→4→1・2・3・7・10(5点) 11→1→2・3・4・7・10(5点) madness 放送 厳選の3鞍 『本日の特選勝負鞍③』 東京11R ジューンステークス 芝2400M 混合 三歳上3勝クラス・ハンデ もう一押しが欲しい…ジリジリ脚を使っているものの届かない…今回は手頃な11頭立ての外枠発走で、ジックリ構えての競馬は捨てて、早目スパートに持ち込む公算が高いと見ての ◎シルヴァーソニック だ。前走も、外目から脚を伸ばし、時計勝負の決め手比べに対応し、勢いのあった3連勝時のムードが漂う…・ 4走前から、追いかけていた馬だからこそ…今度こそ!鞍上込みで期待していい。 相手には、老体に鞭を入れつつ酷量52K(騎手の立場)で 〇コトブキテティス に跨るヨシトミ先生の意気込みを買う。疲れが残るタイプ(この場合は馬)だけに、陣営もローテーションにゆとりを持って出走させており、軽量を武器に決め手を活かして欲しい。 前走の緑風ステークスは、2馬身差の5着だった ▲ワンダーコノシュア のハンデは54Kで、アンティシペイトとの差は3Kで、狙うのならば…同馬と判断した。 向こう正面で、10馬身差の逃げならば…残り目は十分にある筈で、これを追いかけるアンティシペイトが深追いしすぎて、脱落するシーンが浮かぶ…鞍上が長距離でのペース配分の読めない皇成の後押し(逆の意味での…)が欲しい…。 絶好調時のシルヴァーソニックならば、早目に捕らえて、抜け出す芸当が出来ていたが、前走にその再現が見られ、鞍上が上手く能力を引き出せれば…復活の2文字があってもいいだろう。 前走は上がり最速の35秒9で駆けた 注レティキュール も、クラス慣れも見込まれ警戒したい一頭だ。 以下、鞍上が追い切りで調教を付けている △キタサンバルカン 、トツプハンデが微妙な △アンティシペイト までが、押さえとする。 ◎シルヴァーソニック 56K Cルメール 〇コトブキテティス 52K 柴田善 ▲ワンダーコノシュア 54K 木幡 注レティキュール 52K 菅原明 △キタサンバルカン 55K 横山典 △アンティシペイト 57K 三浦 【単勝】11 【馬連】 1-11 9-11 1-9 (縦目) 4-11 6-11 8-11 【3連単軸2頭流し】 11⇔1→4・5・6・8・9(10点) 11⇔9→1・4・5・6・8(10点)