ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

なんか不運の多かった紅葉ドライブ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

なんか不運の多かった紅葉ドライブ

2015-10-26 23:45
    10月の晴天の日。山梨県の道志村を目指すことに。相模原ICから一般道で向かったのだが、なんだか工事が多い。頻繁に片側通行に引っかかり、やや苛つきながら道志の「道の駅」へ。
    道志は紅葉は少し早め。ドライブしながら眺めることはできるが、駐車して間近で見る紅葉スポットはなさそう。そしていつものことだけど、温泉も寄ることは確定済み。「道志の湯」を検討したが、この先に「紅富士の湯」が山中湖の近くにあるみたいなので、そちらを優先した。


    通称「道志みち」をさらに西に進み、山伏峠の手前でそれは起こった。私が右カーブを曲がり終わり、道の先が見えたとき、前に対向車が!もちろんこっちは中央線をはみ出していない。向こうの車が「追い越し禁止」で、強引に抜く途中だったのだ。とっさにブレーキを踏んだので、衝突は回避できた。まるで日常茶飯事の行為のように、バカな車は、右側をギリギリをすり抜けていったが、一瞬私は死を覚悟した・・。怒りより呆然だった。あともう5m前にいたら回避できなかった。


    (山中湖と富士)
    ものすごく動揺しながら、山中湖周辺に。紅富士の湯を目指したのだが、なんと改装中で閉館していた。仕方ないので、「芭蕉月待ちの湯」に行き先を変更したが、今度は途中で月曜日は休館日だと気づき、仕方なく県道24号経由で「道志の湯」に戻る形に。険しい坂道を通り、やっとのことで、温泉施設に到着。ひっそりとしていて個人的には好きだった。お風呂も狭かったがけど、泉質は良かったような気がする。

    大回りしたせいで時間が迫っているため、入浴は30分ぐらいで済ませ、もう一度危険な目に遭った道を通って、山中湖の紅葉スポットに戻り、写真を撮影。ここはほぼ見頃だった。お昼ごろとは違い、ややモヤがかかった富士山も、良い眺めだった。





    湖畔にはほうとうなどが食べられるドライブインが多数あったが、一人だと厳しいので、「道の駅」で吉田のうどんを食べることに。もうおやつの時間だったけどね。おみやげコーナーでは、「桜織」という「ご当地キャラ」を気に入り、危うくグッズを購入しそうになった。


    (ついでに寄った北口本宮冨士浅間神社にて)

    無計画が余計な時間と燃料を消費する原因になってしまった。反省してませーん。
    来週は電車で行ける紅葉スポットに行ってみたいなぁ。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。