• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

フレデイ タンさん のコメント

ウズベキスタンへの旅、お疲れ様でした。

「Watch superpowers.Sometimes,they see their benefits from tensions of the given regions.」

確かに、現象として、少なくとも、西側メデイアの報道からは米国、ロシア、中国、それぞれが覇権を譲らず緊張が増すばかりだということになっているみたいだけど、詳細に検討すれば、実は地球全体をパックスアメリカーナで包み込むという米国支配層の野望があって、ロシアと中国が軍事的にも経済的にも攻められているという図式が見えてきます。中国とロシアは防衛的に已む無く対抗させられていると観るべきではないでしょうか。

米国の支配層が西側の権力の伝統的な価値であるパックスロマーナ、その後に起こったパックスブリタニカと同様の世界支配機構の構築に余念が無いことがこの世界の問題だと私は考えるのです。若し、米国の支配層がその夢を放棄すれば、東アジア共同体構想はあっという間に実現するのでは無いでしょうか。でも、米国支配層の執着は尋常ではありません。中露に近接する我が日本は彼らの道具にならざるを得ないのです。

ただ、光明が無いわけではありません。ロシアのプーチンが北極海を超えて直接米国48州をミサイルで正確に叩くことを視野に入れると先日宣言したことから、米国支配層は、48州が戦場になれば、ノーテンキではいられない。そして、平和を模索せざるを得ないでしょう。片や、韓国が日本の軍国主義に対してこのところ積極否定に転じていることから、中露を攻める為に日本と韓国を束にして使う米国構想は崩れることになりましょう。

となれば、東アジア共同体構想は夢ではなくなるのではないでしょうか。




No.1
6ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
ウズベキスタンで「中央アジアの相互協力」シンポジウム提出ペーパー。現在、トランプ現象、英国の BREXIT 、独右翼の台頭、世界でナショナリズムが台頭。中央アジアで相互依存協力の動きが出ればこれに対抗しうる力になる等主張。 東アジア共同体構想が急激に勢いを減じたが、背景に米国の圧力。中央アジアも超大国の動き警戒すべし等。   For the development of mutual interdependence in the Central Asia                                         Ukeru Magosaki, Director of East Asian Community Institute,   Japan Mr. Chairman, ladies and gentlemen It is my great h
孫崎享のつぶやき
元外務省情報局長で、駐イラン大使などを務めた孫崎享氏。7月に発行された『戦後史の正体』は20万部を超えるベストセラーとなり、ツイッターのフォロワーも5万人を突破しました。テレビや新聞が報じない問題を、日々つぶやいている孫崎氏。本ブロマガでは、ツイッターにさらに情報を加え、最低でも週1回発行します。月額105円。【発行周期】不定期。高い頻度で発行します。