• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

米中どちらにつく?ASEAN研究センターの識者への問。中国側の%、ラオス73.、ブルネイ69.、ミヤンマー61.、マレーシア60.カンボジア57、タイ52.1、インドネシア52.0、シンガポール 38.7、フィリピン17.5、ベトナム14.5
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

米中どちらにつく?ASEAN研究センターの識者への問。中国側の%、ラオス73.、ブルネイ69.、ミヤンマー61.、マレーシア60.カンボジア57、タイ52.1、インドネシア52.0、シンガポール 38.7、フィリピン17.5、ベトナム14.5

2020-01-24 10:03
  • 11

朝日新聞:米中どちらにつく? ASEAN加盟国で調査(朝日)

米国と中国のどっちに味方する? シンガポールの研究機関、ASEAN研究センターが今月、東南アジア諸国連合(ASEAN)の10カ国に、二択で尋ねた調査の結果を発表した。回答者1308人のうち米国派は全体で半数を超えたが、中国派が上回った国は七つに上った。

 調査は、シンガポールの「ASEAN研究センター」(ASC)が昨年1112月にASEAN加盟国の研究者や政府機関の職員、ビジネスマンら国際情勢に一定の知識のある人を対象にネット上で実施

           中国         米国

 ラオス     73.9        26.1

 ブルネイ    69.1        30.9

 三ヤンマー   61.5        38.5

 マレーシア   60.7        39.3

 カンボジア   57.7      

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他1件のコメントを表示
×
>>1
細かいことは、ご自分でPCを検索して調べればすぐわかることです。何でも、わからなければ自分で調べる習慣がないとは困った人だ。我々の大学入試は、教科書を超えた試験であり、半分近くが浪人でした。現役で入るには学力が不足でした。私など、なんでもわからなければ、図書館で調べました。

①フィリピンの中国悪感情の一例
全世帯の78%に電力供給している民間電力会社NGCPに対し中国国有送電会社の国家電網が40%を出資している。NGCPに中国スタッフを派遣し、送電システムは、中国スタッフにみアクセスできる。フィリピン人は扱うことができない。

②ベトナム人の中国悪感情
6月に複数の大都市で大規模な反中デモが発生した。首都ハノイでは抗議活動に出た市民を警察が拘束する一幕があった。
その原因は、「経済特区法案」であり、ベトナム政府は北部・中部・南部の3か所に特区を建設し優遇政策を与える外資誘致を決定した。外資企業への土地のリース期間を「最長99年」とする法案に対して市民が猛反発した。

中国に抗議するデモなどがフィリッピン・ベトナム・台湾・香港は顕著な例であるが、中国は大国であり、国家権力を振りかざす行為は、米国より悪質かもしれない。米国とかロシアはストレートであり男性的であるが、中国はじわりじわりであり、また、ねちねちしたやり方は女性的といえるかもしれない。
4ヶ月前
×
国際的問題に発展している中国の新型ウィルスに対処する中国政府の行動はすさまじい。

1000が収容できる病院を作ると報道している。土地を整地するのに20~30台のクレーンが動き回っている航空写真がテレビで報道されている。1週間以内に完成させるという。この方式が適用されれば各国の企業が戦うのは困難でしょう。恐ろしくなる。中国らしいやり方である。

内実はわからないが、中国のことであり、中央と地方の意思疎通が通じていなかったのでしょう。多分地方は各種会議があり中央に知らせず内内に処理できると考えていたのでしょう。報道の仕方が極めて不自然な発表であった。習近平が20日ごろ知るところとなって、一気に動き出したところが独裁国家らしい。
4ヶ月前
×
>>2
どうも、人の言うことを聞かない人みたいだ。朝鮮人も漢民族に対して歴史的な闘争もあり、独仏間にある感情にあるようなものがあります。それと同じようにベトナム人も漢民族に対して悪感情を歴史的に持っていることくらいは私、知ってますよ。良く読んで下さい。私はベトナムの「知識人」に尋ねてみたいと言ってます。PC上のいかがわしい文章じゃなくてね。フィリッピンも同じく知識人が中国の援助をどう思っているのか、知りたいのです。PC上のいかがわしい文章でなく本音を聞きたいと申し上げてます。
4ヶ月前
×
>>3
貴殿の気持ちは分かりますが、隣国の巨大な大国、米国の戦争屋から対決を挑まれている国、だが、カオスは許されない。蒋介石ではどうしようもなかった大国。

産業でも大成功した現代中国を日本は良き隣人として認め、我々は中国人と理性優先で付き合って行こうではないですか。そして彼らが求めるウインウインの精神を受け入れ付き合いましょうや。

アセアンの大国マレーシャの94歳のマハテール首相も日本の盲目的米従属に警告を発していますよ。
4ヶ月前
×
>>5
あなたは、ウイン、ウインを間違って解釈している。言論の自由があり、企業同士の商売であれば、ウイン、ウインといえる。

日本、米国は、言論の自由がある。さらに、商品を供給するのに、国家が補助金を出したり、他国の会社の特許などの知的財産を犯しても国家が黙認したり、製造などの技術を強制的に移転要求したりなど、平等性を確保できない国をウイン、ウインなどというあなたたち日本人の心理がわからない。

日本尖閣諸島近辺に頻繁に来てうろちょろしているし、最近の船には口径の大きい大砲に切り替えたりしている国を好きになる日本人はあなたたちだけでしょう。香港、台湾、ウイグル自治区などの現状を日本人は知っているから、85%もの人が中国を嫌うのです。中国が大国意識を止めることが先決でしょう。
4ヶ月前
×
>>6
言論の自由が日本に有る?笑止千万。朝日なんか米国の悪口を絶対にしない。テレビも他メデイアも忖度している。

元々、言論の自由とウインウインは関係ありません。ウインウインは内政干渉をせずに共存共栄で生きて行きましょうということです。その程度は分かって下さいよ。小学生じゃあるまいし。

尖閣は中国政府として中國にも所有権があると主張している大きな問題です。あの米国でさえ、日本の領土だと言ってない。

香港、台湾に星条旗を信奉する人間が多いことは確かです。でも、中国の国内問題です。日本にも星条旗を信奉する右翼がいます。しかも、右翼の主流となっている。真正右翼を自称する鈴木邦男氏なんかそれを嘆いています。星条旗を掲げ、米国の戦争屋の思いに従おうとする人間は世界中に沢山居ます。香港、台湾にもそういう人々がいても不思議ではない。そのことは中国に言論の自由があることの証明ですよ。

ウイグル人の大半はテロリストではない。漢民族と仲良く生活し食べている。しかし、米国の工作に従いテロに走る回教徒もいる。彼らの一部にはISの構成員になって中東でテロを行ったものがウイグルに戻って来たとも報道されている。そういうテロをどう征伐するか、どうかは中国の内政の課題です。日本人がとやかく言う問題じゃ無いでしょう。

米国の州政府の軍が黒人暴動で多くの黒人を射殺することに中国人、日本人が「やめろ」と言いますか?言いませんね。なぜなら、米国の内政問題だからです。他国は原則として内政干渉をすべきじゃない。それぐらいは分かって下さいよ。CHANGEさん。

4ヶ月前
×
ウイグルでおこなわれていることを日本の高齢劣化サヨクにもわかるようにいうなら、

日本で70歳以上の劣化サヨク思想の持ち主は、収容所に強制収容されて思想教育を受けさせられる。場合により殺される。

なんて場面を想像すれば多少はわかるだろうか。こんなことが仮におこったとして、内政干渉だからと他国からの批難をかわせるとでも本気で思ってるのだろうか。

それが許されるなら、ヒトラーのユダヤ人虐殺も、スターリンや毛沢東による大虐殺も、内政干渉だからと許されるだろう。

実際はそれだけではない。若いウイグル人をかんたんに死刑にして、その臓器を中東の金持ちに移植して、いまや中国は臓器移植の先進国だという噂もある。

高齢劣化サヨクは朝日新聞の社説でも読んで勉強したほうがいい。
https://www.asahi.com/articles/DA3S14275364.html
4ヶ月前
×
>>8
反論できなくなると「高齢劣化サヨク」とか暴言を吐く。単純は生来かな?
4ヶ月前
×
No.8では立派に無礼デイさんに反論しているとおもいますよ。無礼デイさんこそ、No.8に反論しなさいな。できるものなら。

「高齢劣化サヨク」は、以前からのあなたとの因縁から出てきていることです。いままでさんざん説明しましたが、あなたの方からわたしに対して罵詈雑言を言い始めたのをわたしに謝罪して、今後はやめますと言いさえすれば、ただちに止まります。
4ヶ月前
×
>>7
これだけ狂っていると、遺憾ともしがたい。人のことを言う前に、日本人のなん%があなたの発言を理解しているか考えてごらんなさい。中国を嫌いな人が85%であり、あなたは先ずごくごく少数の意見であるという認識が欠かせない。そこから意見を言うべきです。幼稚としか言えない。
4ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。