とあるマグナムの日常 第051話 シャンソンが審判を訴えた件
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

とあるマグナムの日常 第051話 シャンソンが審判を訴えた件

2016-01-26 23:51
    新聞はとっていないので情報は基本的にインターネットです。マグナムです。
    家で2ちゃんねるのまとめを見ることもありますが概ねyahooニュースでニュースはチェックしています。その中で気になった話題が日本女子バスケのトップチームであるシャンソンが審判を訴えたというもの。

    詳細は書かれていないし自分でその試合見たわけでもないので正直よくわからないのですが、私もバスケで審判させてもらっていた(クッソ下手)ことがあるのでこれだけは言いたいです。

    審判誰もやらなくなるじゃん。

    審判っていいジャッジができても褒められることはなく、できて当たり前、できなければ攻められる。すでに弱い立場なんです。そりゃ人間なんでジャッジのミスだってありますよ。ブラインドになってファールが見えないこともありますよ。

    もちろん最後の場面だけピックアップしていうのはナンセンスなわけで、それまでのジャッジにシャンソン側に明らかに不都合なようにジャッジされていたら訴えるのも無理ないです。
    だけど審判を訴えるってどうなのよ。。。

    これがきっかけで機械による判定が入るかもしれないけど、機械による判定って実は相当難しいんですよ。技術的にできたとしても、ゲームの流れとかバスケット的な時間の経過(3秒、5秒)とかって審判の思いもあるわけですよ。NBAも常にスリーパーソンで見てるのはここらへん(NBAだと盛り上げるためのジャッジ)を意識しているからだと思います。

    今回八百長的な何かが審判側にあるんだったらシャンソン側に勝って欲しいけどそんなのないのなら審判側にがんばってほしいような・・・
    審判の判定に対して訴えるってスポーツそのもの否定しちゃってると思うしねぇ。。。

    今ちょっとyoutube見たけどフリースローの判定を覆したのかw そりゃ審判よくないわw
    終わり。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。