とあるマグナムの日常 第053話 センター試験の後継の試験、複数回実施が見送りに
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

とあるマグナムの日常 第053話 センター試験の後継の試験、複数回実施が見送りに

2016-01-27 23:53
    家に帰ってきてとりあえずご飯食べてぐだぐだーっとしてインターネットでニュース見てたらこんな記事がありました。

    2020年度から実施予定していたセンター試験の後継のテストが複数回実施されることが見送りに。

    どっかの団体から圧力かけられたのかそれとも有識者の意見が相当数一致したのかはわかりませんが、ともかく複数回実施というのが見送りになりました。

    これってそもそも従来の暗記型の試験を考える力の試験に変えようというものだったと思うんですよ(詳しく覚えていない)
    けどこれによって部活動の衰退って絶対に避けられないものだと思っていました。
    そりゃ一生が関わるかもしれないテストを3年間だけの部活を比べると僕ならテストとりますよ。そりゃ東大入るのとインターハイに出場するのどっちが難しいかってインターハイに出る方が難しいですよ。けど勉強ってある程度誰にでも保証されている証明書?のようなもんですからね。

    そもそも暗記型から考える力に変えるってのがナンセンスだと思うのが、考える力ってある程度の引き出し(知識)があってこそ成り立つと思うんですよ。
    引き出しがあるからこそそれを組み合わせることで初めて考える力ってのができるんじゃないんですかねぇ。そんなのできたらみんなノーベル賞ですよ(小並感)

    とりあえず10年以上先延ばしになるかもってことなので一安心です。
    こんなのあったら高校教育を根底から変えなあかんくなると思うし。
    終わり。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。