MJ運営のチップ回収システム:一局戦
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

MJ運営のチップ回収システム:一局戦

2017-09-04 09:57
    一局戦というと、「チップを手軽に稼げるモード」というイメージを持つ人が多いかもしれないが、実際はそう上手く稼げるものではなく、運営がチップを効率的に回収するために設けたイベントである。

    ①場代が高い

    一般的なイベントの場代は1回90Gである。
    それに比べて一局戦の場代は、1回100~200Gと高い。
    しかも、東風では2翻、三麻では3翻以上をアガらないと黒字にならないため、
    一局でアガれる確率を考えれば、みすみす場代を捨てるだけの展開が多くなる。


    ②一局で確実にアガるのは無理

    麻雀とは、4回に1回アガれれば上等というゲームである。
    そのアガリを一局で決められるかは、それこそ配牌やツモ運次第である。
    失敗に終わる方が圧倒的に多いことくらい誰でも分かるはずだ。
    一局戦の手軽さから、アガれるまで連戦になることは容易に想像できる。
    何回もプレイしてもらえば、運営は高額な場代で潤うのである。 


    ③流局になると没収

    一局戦は、アガリの大きさに対してチップが配当される。
    しかし、麻雀においては誰もアガず流局になることもある。
    流局となれば、誰も配当を貰えないため、運営が場代を回収するだけで終わる。


    ④4翻以上をアガれないと運営に得させてしまう

    プレイヤー個人の利益を考えると、3翻以上をアガれば黒字になる。
    しかし、運営のチップ回収を阻止するには、MJルールの一局戦の場合、4翻以上のアガリをする必要がある。
    一局戦を1回プレイする際には、東風では「場代×4人分」が、三麻では「場代×3人分」が場代として支払われる。ここまでは分かるはずだ。
    しかし、これらの場代を運営に回収させず、全てプレイヤー間で移動させたい。
    となれば、東風では場代の4倍以上、三麻では場代の3倍以上の配当を貰える翻数でアガればいいだけなのだが、その条件を満たすのが4翻以上なのだ。

    しかし、誰かが4翻以上のアガリを常に出すのは難しいため、結局、運営がチップを回収できるシステムということになる。


    ⑤W赤ドラ・ダブドラ・爆ドラルールを追加
     
    最新版では、ドラが多い特殊ルールの一局戦ばかりが実施されている。
    インフレが起こり易いことから、黒字になる翻数も上がっており、運営のチップ回収を阻止するとなると、非常にハードルが高く、難しい状況になっている。
    また、ギャンブル性を高めるためなのか、通常より高額な場代を設定をされており、運営にとっては、ますます効率的なチップ回収ができることであろう。


    一見、気軽にチップを稼げそうな一局戦も、実は運営がチップを回収するために作られたようにしか思えない。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。