• NEUTRINOオリジナル曲『キズナリモート』の紹介と、コロナ禍と

    2020-09-07 12:00

    はじめに

    東北きりたんのオリジナル曲ができたので簡単に楽曲紹介を書いてみます!ミクさん以外のシンガーの紹介記事を書くの、意外なことに初だったりします。(ささらちゃんの楽曲紹介もいつか書きたいですね・・・)

    東北きりたんです

    「NEUTRINO」という音声合成ソフトをご存じでしょうか。もしかしたら「AIきりたん」の愛称のほうが馴染みがあるという方もいらっしゃるかもしれませんね。東北を応援するキャラ「東北ずん子」の妹、「東北きりたん」の歌唱データベースが使われています。今回の曲では「AIきりたん」に初めて歌をお願いしました。

    なぜ東北きりたん?

    なぜ、ミクさんでもささらちゃんでもないのか。

    『キズナリモート』は歌詞にもあるように、このコロナ禍で大切にすべきことを歌っています。不要不急の外出自粛が叫ばれる中、「家で過ごす時間」が見直されるきっかけになりましたね。東北きりたんはかなりインドア趣味のようでして、「おうち時間」の大切さを歌うのならまさに彼女だと思い、歌をお願いしました。

    「AIきりたん」が登場したのが2020年2月ごろ。ちょうど新型コロナウイルスで世間がざわつく中、音声合成界隈に明るいニュースを運んで来てくれたのが彼女ということもあり、運命的なものを感じたのも理由の一つです。

    AIシンガーって?

    「VOCALOID」など従来の歌唱ソフトでは、歌手の歌い方や特徴などを細かく打ち込む必要がありました。いわゆる「神調教」は、これらの調整が上手い曲に対して呼ばれていました。

    一方AIシンガーは、AIが膨大な数の歌声を聴くことで、その歌い方や特徴などを機械学習していきます。「神調教」の部分は歌唱ソフトのほうが勝手にやってしまうのですね。これがAIシンガー(AI歌唱)なのです。

    以下はNEUTRINOに渡した実際の楽譜です。読み取るのはメロディー、歌詞、休符、ブレスくらいなもので、歌い方なんて一切書いてません。なのに、こんなに上手に歌ってくれるのです。すごい技術ですよね。


    ※メインボーカルに使用したMusicXMLファイル。動画の説明文にあるURLからダウンロードも可能

    この曲がうまれたきっかけ

    当初はソーシャルディスタンスとかステイホームとかを歌う曲になる予定でしたが、途中から相手を思いやる大切さを綴った歌詞になっています。ちょっとその経緯を書いてみます。

    コロナ禍によって今までとは違う生活様式を強いられるようになりました。もちろん私も例外ではありませんでしたが、元々インドア派ということもあり、不要不急の外出を控えることはそこまで苦ではありませんでした。

    私を一番苦しめたのは、コロナ禍で人同士の衝突を伝えるニュースでした。感染した人へのいじめ、遠方から移動してきた人への嫌がらせ、営業している店舗への脅迫・・・苦しい状況下で助け合わなければいけないはずなのに、お互いを攻撃しているのを見て私はとても悲しくなりました。感染対策ももちろん大切ですけれど、それ以上に「他人を思いやる気持ち」の重要性に気付かされました。

    そんなわけで、「外出自粛しましょう!」とか一方的に呼びかけるような歌ではなく、コロナ禍で心が疲れてしまった人にそっと寄り添いたい、やさしい歌に仕上げることを意識しました。

    「キズナ」について余談

    余談ですが「キズナリモート」という変なタイトル、これを翻訳するときに困ったのですが、中国語には「絆」に該当する言葉がありませんでした。

    中国語で「絆」は束縛するものとか、動物を結ぶ綱とか日本語のそれとはまったく違う意味らしいのです。そこで「Kizuna遠程」と、日本語そのままで記載することにしました。これであれば日本語の響きがそのまま伝えられますし、意味も損なわれずに済みます。

    英語についても「Kizuna Remote」と、中国語に倣って「絆」はあえて訳さずに表記しています。(英語では「bonds」などと訳すこともできます)

    最後に

    この曲はいつか忘れ去られてしまうかもしれませんが、それはこのような曲なんて必要ない世の中になったときなのかもしれません。一日でも早くそんな日が来ることを私は願っています。

    ただ今だけは、他人を思いやる大切さを忘れずに過ごしていたいものですね。


  • 広告
  • 初音ミクオリジナル曲『MPがたりない!』のこた゛わりとNTミクさんについて

    2020-07-31 20:00

    はし゛めに

    最初に断っておきますが、この記事のタイトルなどで濁点が一文字として分離しているのはミスではないです。レトロゲームの文脈で出てくるお約束みたいなものです。

    以前に投稿した動画はカバー曲でしたが、「初音ミクNT」のオリジナル曲としては今回が初投稿となります。もちろん気合を入れて制作した曲なので、こだわりポイントなんかを解説していきたいと思います。

    NTミクさんに うたってもらうということ

    そもそも「初音ミクNT」とは何なのでしょうか。少し説明します。今までのミクさんと決定的に異なるのは「VOCALOIDではない」ということです。

    これまで「初音ミク」はVOCALOIDライブラリとして発売されてきました。「初音ミク」自体はクリプトン・フューチャー・メディアの製品なのですが、その心臓部である音声合成技術はヤマハが担っているのです。ところが「初音ミクNT」はその音声合成部分もクリプトンで開発されています。これが決定的に違う部分です。

    そのNTミクさんがうちに来て初めて歌ってもらったのが、2020年6月にアップロードした『HIRARI (for NT)』です。


    これは以前に作った曲のカバー版になるのですが、プロトタイプ版がリリースされた初日、まずはVOCALOID用歌唱ファイルをそのままNTミクさんに渡して歌ってもらいました。率直な感想としては、従来のミクさんとそこまで大きな違いは感じられず、このままではカバーとして投稿する意味はないと思いました。

    ここで話が逸れますが、NTミクさんが話題になる一方で「NEUTRINO」の登場が音声合成界隈で話題になりました。本物の歌手に歌ってもらっているような歌声は、私にとって衝撃でした。さらには「さとうささら」でお馴染み「CeVIO」も、新バージョンが開発されているとのことで話題になりました。NTミクさんも含め、VOCALOID以来の歌唱合成分野での変革の時期が来ているのかな、と個人的に感じています。

    そんな背景もあり、「VOCALOID」であるV4Xミクさんとは明確に方向性を変えることにしました。今までは「いかにVOCALOIDらしさを残しつつ、自然な歌い方に仕上げるか」という方針で調声をやっていましたが、NTミクさんには「本物の歌手を模倣しつつも、いかにミクさんらしさを出すか」という方向に切り替えることにしました。せっかく別のミクさんに歌ってもらうからには新しいことをやろう、と決意をした次第です。

    具体的にどんなことをやっているのかというと、Piapro Studio NT(初音ミクNT付属の専用エディター)に実装された直接ピッチカーブを編集する機能を使い、大幅にピッチを弄っています。従来のVOCALOIDらしい歌い方だと正確なピッチで終始歌い上げますが、歌いだし・伸ばし・歌い終わりであえてピッチを外すことで本物の歌手に歌い方を近づけています。

    また、従来のミクさんでは困難だった「喋り」にも初挑戦してもらいました。これもピッチカーブを編集する機能を活用し、自然なイントネーションを心がけました。「喋り」も新しいミクさんならではの要素として、この楽曲には欠かせない存在だと思っています。

    余談ですが、ラスサビ前の「レベルアップ!」は完成直前まで全く入っていませんでしたが、
    遊んでいたゲームのキャラクターボイスを聴いてふと思いつき、急遽入れてみました。ゲームを意識した世界観にマッチしていると思ったのですが、どうでしょうか?

    はし゛めは いちまいの らくか゛き

    実はこの曲、3年くらい前にはすでに私の頭の中にアイディアとしてあったのですが、他にも作りたい曲がいっぱいあり、頭の中では大渋滞していました。これまで投稿してきた曲の半数以上は、数年前からあるアイディアを形にしているだけに過ぎないのです。それらを交通整理していく中で、ようやくスポットが当たったのがこの曲です。

    以前からずっと形にしたいと思っていたこの作品ですが、ようやく形となったのが2018年に投稿した1枚の落書きでした。

    かなり粗い絵なので念のため説明しておきますと、ローブを纏い、三角帽子を被り、杖を持った魔法使いのミクさんです。曲だと作るのに時間はかかりますが、落書きであれば形に出来ると思い、投稿したのがこれでした。

    なぜNTミクさん初のオリジナル曲にこれを選んだのかというと、「今までのミクさんとは違うことをしたい」というのがあったからです。今までの私の作品たちには、「ファンタジー世界のミクさん」なんて存在していませんでした。

    「新しいミクさんと新しいことをしたい」と「今まで私になかった世界観の楽曲」が見事に重なった、というのがこの曲を選んだ大きな理由です。

    かしは まほうつかいを テーマに

    魔法使いをテーマにするというのは最初から決まっていました。魔法使いキャラって、(ガンダルフさんやハリーさんは置いておくとして)男の子より女の子が担当するイメージが私の中で強かったからです。アニメでは魔法少女ものとかも人気がありますよね。仮に「女の子がなりたいフィクション職業ランキング」があったら、上位に入るんじゃないでしょうか。私も魔法使いキャラ、好きです。

    当初は魔法少女アニメのイメージで歌詞を書いてましたが、調べるうちに魔法使いと魔法少女は厳密には異なることを知りました。(魔法使いは生まれつき、魔法少女は後天的、というのが一般的のようです)

    そこで、正統派ファンタジーでよく見る魔法使いのイメージをベースに、魔法少女の作品が持つポップさを織り交ぜ、ファンタジー世界ながらも明るい雰囲気を持った独特の世界観に仕上げました。魔法少女のイメージから少しアニソンも意識しておりまして、曲中に入るセリフはこの影響だったりします。

    歌詞を書き始めたときには入っていなかったのですが、日本では「ファンタジー=ゲーム」というくらい結びつきが強いので、ゲーム用語も入れてみることにしました。その結果、はちゃめちゃで楽しい歌詞に仕上がり、明るい曲調とも良く合うと思いました。

    さらに歌詞には現実世界なワードも含まれたりもしますが、実はファンタジー作品って現実と地続きだったりすることも多かったりするのです。これは後付けの理由ですが、「カードでお買い物」「お弁当をホカホカにする」・・・お店のスタッフさんが何気なくやっていることは魔法みたいにすごいことで、身近な魔法使いの皆さんに感謝しましょう、という思いが込められているのかもしれませんね。

    アレンシ゛は サウント゛トラックみたく

    これは私の偏見ですが、日本では「ファンタジー=オーケストラ」のイメージが定着していると思っています。なのでオーケストラ風で行こう、というのは最初から決定していました。しかし王道なオーケストラ曲を書いたとして、ポップな歌詞と上手くマッチしない気がしたので、「ゲーム音楽らしい」要素を加えていくことにしました。

    まずはロック。

    日本のゲーム作品だと、戦闘BGMなどで使用されるロックは王道ですよね。ポップな歌詞とも相性が良い上にオーケストラとも親和性が高いので、この組み合わせも王道ではないでしょうか。

    そしてチップチューン。いわゆる「ピコピコ」ですね。

    比較的高い年齢層の方々の間ではこの音がゲーム音楽の王道というイメージが強いそうですが、この音にに馴染みがない無い層にとっては逆に新しさを感じさせるサウンドですよね。

    オーケストラ、ロック、チップチューン・・・とにかくゲームらしい音楽を贅沢に盛り込みましたが、ある世代には懐かしい、ある世代には新しい、そんな曲が出来上がったんじゃないかと思います。

    少しこぼれ話ですが今回から楽曲の制作環境が変わりまして、具体的に言うと、PCの性能が飛躍的に上がり、以前では考えられないくらい豪華な音使いをしています。打ち込み用トラックは約40トラック、音声出力は約50チャンネルという数です。もちろん、楽曲の良し悪しは音の数で決まるものではないですが、この新しい環境をフルに活用したからこそ完成した曲だとも言えますね。

    いしょうテ゛サ゛インについて


    ※制作中のラフ画より

    今回は久しぶりに衣装デザインをやってみました。デザインの原型は前述の落書きを見ていただければと思うのですが、完成版では大きくアレンジを加えています。

    元々ローブだったのを動きやすそうなコートに変更したのは、もう少し軽くて親しみやすいデザインにしたいというのもありましたが、オリジナルミクさんの衣装の要素を取り入れた結果、今の形になりました。

    カラーリングはオリジナルのミクさんそのままでも良かったのですが、魔法使いということで全体的に黒基調のカラーリングをベースにして、部分的にミクさんをイメージさせる色を使用しています。

    杖デザインはもう少しなんとかしたかったのですが、結局元の落書きのデザインをアレンジしながら今の形に落ち着きました。この楽曲のミクさんは「見習い」という設定なので、あまり杖は強そうに見えないように、地味な見た目だけど安っぽくは見えないバランスのデザインを探っていました。宝玉があるだけで魔法の杖っぽく見えますよね。

    イラストでは前述の落書きの構図をそのまま再現しました。泣き顔なんかもそのままですね。塗り方はあまり変わっていないような気もしますが、自分の中では最近絵柄が変わってきているなと感じます。特に顔とか。

    あと動画では見えませんが、実はインナーとかもしっかり考えていたりするんですよ。せっかくなので設定画も公開しちゃいますね。

    と゛うか゛も ケ゛ームをいしき

    ゲームの要素を表現するために「映像」の部分は重要でした。

    まず動画が始まって目を引くのは歌詞表示。ゲームをされる方ならこの独特の表示、お分かりいただけるのではないでしょうか。余談ですが、レトロゲームを意識して全部ひらがなやカタカナだけで歌詞を表記にしようかと検討はしたものの、何より読みづらいので止めました。


    そしてなんといってもドット絵!レトロゲームのお約束ですよね。32x32ピクセルの絵を20倍に拡大して使用しています。32x32のドット絵ということは、ちょうど今話題の「動物とのコミュニケーションを楽しむ某ゲーム」でも再現できちゃいますね。

    ゲームだけでなくアニソンも少し意識していたりするので、アニメのオープニングをイメージしてタイトルロゴらしきものも間に挿入してみたりしました。ここにもドット絵ミクさんが登場してますね。

    とにかく「楽しく!」を意識して、ドット絵ミクさんに宙を舞ってもらったり、音ハメ(楽曲のリズムに合わせて動かすこと)とかもやってます。映像でも楽しんでいただけたら嬉しいです。

    実は、ステータス表示UIや敵キャラなど、他にも加えたい要素はあったのですが、制作の都合で諦めました・・・

    むかしの さくひんを おもいた゛す

    新しいミクさんと再出発、ということで完成した記念碑的な作品となりましたが、以前に制作した楽曲のことも思い出していました。


    『もっと歌いたい』はV4Xミクさんと再出発ということで制作した記念碑的な作品でして、当時「ミクさんにどんな歌を歌ってもらいたいか」と試行錯誤した曲でした。今回も「今までと違うミクさんならどんな曲が良いか」と試行錯誤しながら作っていて、まさに当時の状況と見事に重なります。

    ※参考までに、当時のことを書いた記事です
    初音ミクオリジナル曲『もっと歌いたい』制作の裏側とか


    また、『HIRARI』(2017年に投稿したオリジナル版)では自作のイラストを披露しているのですが、当時はイラストの出来に納得できず、これがきっかけでイラストも練習するようになりました。また『HIRARI』ではオリジナル衣装までデザインしていて、今回描いたオリジナル衣装に繋がっているのかな、としみじみ思いました。

    「今までとは違った新しい作品を」ということで生まれたはずでしたが、こうして振り返ってみると過去の作品と繋がって今回の作品があるんだな、と実感します。NTミクさんとのスタート地点でありながらも、過去の集大成と呼べる作品に仕上がったと思います。

    さいこ゛に

    さて、気合を入れた一曲ということで長々と書いてしまいましたが、「新しい」ミクさんと作った曲、私にとっては「新しい」方向性を探った曲が出来上がったと思います。

    これからも新しいミクさんと一緒に、私も「レベルアップ」していきたいと思います!


  • しゅいその2020年チョコミントまとめ【更新停止】

    2020-02-06 22:44

    本記事の更新停止のお知らせ

    不定期に更新していた「しゅいその2020年チョコミントまとめ」の記事ですが、本日4/23以降の更新については行わないこととさせていただきました。

    その背景としまして、本記事を書くため、私自身がコンビニ店舗を訪れ、実際に商品を購入することで情報を仕入れております。時には自宅からかなり離れた店舗まで赴くこともあります。
    近頃、新型コロナウイルス感染拡大防止のため不要不急の外出自粛が要請される中、私自身が新商品をチェックするためにわざわざ遠方の店舗を頻繁に訪れることは避けるべきであり、記事の更新を継続するのが難しいと判断いたしました。
    また、来年以降の商品紹介記事を執筆するかどうかについては、状況を見て判断させていただきます。

    なお、更新停止するのは本記事のみであり、他の記事はいつも通り不定期に更新させていただきますので、引き続きご愛読いただければと思います。

    いつも楽しみにしてくださる読者の皆様には大変申し訳ありませんが、どうかご理解いただけますと幸いです。今後ともよろしくお願いいたします。

    2020/4/23 しゅいそ


    この記事を書き始めたのは真冬の時期ですが、実はチョコミントの新商品が出始めるのもこの頃だったりするのです。

    そんなわけで少しずつ出揃ってきたので、記事にしてみたいと思います。
    ちなみに過去のチョコミント記事はこちら。
    しゅいその2019年チョコミントまとめ(随時更新)
    しゅいその2018年チョコミントまとめ(随時更新)
    しゅいその2017年チョコミントまとめ

    ※この記事はコンビニで販売される商品に限定して紹介しています。

    チョコミントとは

    毎年書いているので説明不要かとは思いますが、その名の通り「チョコ」と「ミント」でチョコミントです。単にチョコミントと言っても、チョコレートの香りが楽しめるもの、ミントの香りがしっかりと感じられるもの、ミントのスースーとした刺激感が味わえるものなど、様々な種類があり、意外と奥深いものなのです。

    その種類もアイスに始まり、チョコレート、スイーツ、ドリンクなど・・・商品展開も多岐に渡ります。

    アイス

    チョコミントと言えばやっぱりアイス!春から夏にかけてアイスが美味しい時期に、新商品が多く登場します。

    赤城乳業 チョコミントカップ

    通年販売
    ミント感★★
    チョコ感★★☆☆

    チョコミントといえばこれを思い浮かべる方もいるくらい、定番のチョコミントです。
    ミントの香りとミントの清涼感がどちらも程よく感じられるバランスで、割とミント感が強いので、どちらかというとミントが好きな方向けの商品です。チョコチップはパリパリとしていて食感にアクセントを加えていますが、チョコがそこまで主張しないので、ミントをしっかりと楽しめます。
    期間限定商品ではないので1年を通して食べることが出来る、定番中の定番商品です。

    グリコ ぎっしり満足チョコミント

    通年販売
    ミント感★★☆☆☆
    チョコ感★★★☆☆

    ファミリーマート限定です。コンビニ派にとっては一番手に入りやすいチョコミントだったりします。
    その名の通り、カップいっぱいにぎっしりとボリューム感があります。ボリュームの割に、そこまでしつこくなく、私は最後まで飽きずに食べられます。ミントはそこまで強くなく、チョコのほうが強めなので、ミントが苦手な方でも食べやすい部類かと思います。

    グリコ ぎっしり満足チョコミントクッキーサンド

    1月発売(再発売)
    ミント感★★☆☆☆
    チョコ感★★★★☆

    ファミリーマート限定です。
    去年の春に数量限定販売され反響の大きさから売り切れが続出しましたが、去年の秋、今年の1月と何度か復活し、また食べられるようになりました。
    ミント感控えめアイスがココア風味のチョコクッキーでサンドされていて、これが相性がとても良いです。また、アイスの中にはチョコチップとは別にカリッとしたチョコレートが入っていて、これが食感に良いアクセントを加えています。このアイスとクッキーの組み合わせは他ではなかなか味わえないので、一度食べてみてはいかがでしょうか?

    セコマ チョコミントアイスバー

    昨年から継続販売
    ミント感★★★★★
    チョコ感★★★☆☆

    ごめんなさい、これ北海道でしか食べられません!道民が愛するコンビニ、セイコーマート限定です。
    一見は表面がチョココーティングされたごく普通のチョコミントですが、なんとこれ、北海道滝上町産「ハッカ」が使われています!(通常ペパーミントやスペアミントが使われることが多いです)
    ハッカと言えば辛くてあまり食用には向かないイメージですが、これに使われている北海道のハッカは辛みがそこまで強くなく、爽やかな香りが特徴です。
    チョコにコーティングされているものの、しっかりとハッカの爽やかな香りが感じられるバランスで、ミント好きにはたまらないアイスになっています。

    明治 エッセルスーパーカップ チョコミント

    昨年から継続販売
    ミント感★★★★
    チョコ感★★★☆☆

    昨年に発売されたもののうち、数量限定のチョコチップ増量ではないほうです。
    ミント感にこだわったらしく、しっかりと感じられるミントの香りが特徴です。とはいえ、ミントばかりではなく、パリパリとしたチョコチップの食感とバランスが良く、食べやすく仕上がっています。
    ぜひこの商品も定番になって欲しいと思うくらい、毎日でも食べたくなるようなチョコミントだと思います。

    ウチカフェ 贅沢チョコレートバー 薫るチョコミント

    1月発売
    ミント感★★★★☆
    チョコ感★★★★☆

    ローソン限定です。
    表面のチョコレートはとても滑らかで口当たりが良いです。ミントはスースーした刺激よりは、爽やかな香りがしっかりと感じられます。チョコもミントもどちらもしっかりしていて、なかなか侮れません。
    毎年冬限定で発売されているチョコミントで、少し値段が高めですが、チョコミン党の方もきっと満足できる、贅沢なチョコミントアイスです。

    セブンプレミアム ミントチョコレートバー

    2月発売
    ミント感★★★★★
    チョコ感★★★☆☆

    セブンイレブン限定です。
    商品名や見た目からチョコ推しを想像されるかもしれませんが、実は予想以上にミント推しの商品なのです。
    表面はチョココーティングされているのですが、カリッとした乾燥ミントが入っており、これがかなり刺激の強いミント感があります。中のなめらかな食感のアイスもミントがしっかりと感じられ、とにかくミント推しです。
    ミントが強く尖った商品かと思いきや、表面のチョコが程よくミント感を包み込み、意外と程よいバランスに仕上がっています。ミント好きはぜひ!

    森永製菓 ザ・クレープ チョコミントクレープ

    2月発売
    ミント感★★★★☆
    チョコ感★★★☆☆

    どうやらローソン限定らしいです。
    ザ・クレープのシリーズにもチョコミントの波がやってきました。
    もちろん、もちもちのクレープも良いのですが、特徴は何といっても中のミントアイス!しっかりとミント感があり、どちらかというとスーッとした清涼感が感じられるミントです。
    ミントだけではなく、パリパリとしたチョコと、しっとりとしたココアクッキーが程よいバランスで入っており、チョコの風味と食感で良いアクセントが加えられています。
    クレープ部分だけでなく、アイスとして見てもなかなか完成度が高いチョコミントだと思いました!

    ハーゲンダッツ ホワイトミント&ショコラ

    3月発売
    ミント感★★★☆☆
    チョコ感★★★☆☆

    ハーゲンダッツのチョコミントはここ数年ご無沙汰でしたが、ついに復活しました・・・!3/10、ミントの日に合わせて発売するという気合の入れようです。
    このアイスは着色料を使っていないのでチョコミントには珍しく真っ白ですが、ちゃんとチョコミントです。
    ミントはしっかりと香りますが主張しすぎず、ミルクの味わいもしっかり味わえるバランスです。やはりミルクが濃厚で、しっかりハーゲンダッツです。
    パリパリとしたチョコチップは少しほろ苦く、アクセントとして全体の味を引き締めてくれています。
    さすがチョコミン党の方々が待ちに待ったショコラミント、しっかり進化して帰って来ました!

    赤城乳業 いちごチョコミントカップ

    3月発売
    ミント感★★☆☆☆
    チョコ感★★★☆☆

    こちらも3/10のミントの日に発売。
    チョコミント=おいしい。いちご=おいしい。それらを組み合わせたら・・・?誰も予想しなかった組み合わせのチョコミントが登場です。
    まず、パッケージがいちごをイメージしていて可愛らしいです。その蓋を開けるといちごの香りが広がります。いちご香料を使用したというアイスは、もちろん口の中でもいちごの香りがしっかりと感じられ、しっかりといちご味のアイスになっています!
    もちろんパリパリ食感のチョコチップも健在です。いちごの香りを邪魔しない程よいバランスでチョコが感じられ、まるでいちごチョコを食べているかのよう。
    ・・・とここまで、いちごアイスの体で書いてしまいましたが、いちご感があるためミント感は割と控えめなので、ミントの清涼感はほんのり感じる程度。ミントが苦手な方にこそオススメしたいいちごアイス・・・いえ、チョコミントアイスでした!

    明治 ザチョコミント

    3月発売
    ミント感★★★★★
    チョコ感★★★☆☆

    ファミリーマート限定です。あのいつもの強烈なチョコミントです。
    やはり特筆すべきはそのミント感で、食べるとスースーとした清涼感が強烈に襲ってきます。そのミント感はチョコミントの中でもかなり強いほうです。
    チョコクッキーが大きめに入っているのも特徴です。ザクザクとした食感がなめらかな食感のアイスと対照的ですが、お互い良いバランスで食感も楽しいです。そして噛むほどチョコの風味が広がり、強いミント感の中にありながらしっかりチョコも主張しています。
    爽快系チョコミントして完成された感のある定番商品なので、チョコミン党ならぜひチェックしておきたいですね。

    明治 チョコミントコーン

    4月発売
    ミント感★★
    チョコ感★★★

    ファミリーマート限定です。
    表面のパリッとしたチョコ、サクサクとしたココアコーン、中のチョコソースと、かなりチョコ推しなアイスです。特にとろっと濃厚なチョコソースが特徴的で、そのビターな味わいがアクセントになっており全体を引き締めてくれます。
    ミント感はわずかに冷たく感じる程度でそれほど強くありませんが、ほどよい爽快感で春先に食べるにはぴったりなチョコミントだと思います。ミントが苦手な方も食べやすいです。

    飲み物

    甘さの中にミントが感じられる、チョコミントの飲み物たちです。

    トーヨービバレッジ ルビーチョコミントドリンク

    1月発売
    ミント感★★☆☆☆
    チョコ感★★★★★

    ファミリーマート限定。
    いつものチョコミントドリンクかと思いきや、その名の通りルビーチョコレートが使われていて、新しい味わいのチョコミントドリンクになっています。
    恥ずかしながら私はルビーチョコレートを知らなかったのですが、どうやらビター、ミルク、ホワイトとは異なる、全く別のチョコレートらしいです。
    その独特なフルーティな香りと酸味が特徴的で、いつものチョコミントドリンクに親しんだ方にも新しく感じられることは間違いないと思います!いつもより少しミント感が控えめですが、ルビーチョコレートの味わいが全く新しい、そんなチョコミント飲料でした!

    エルビー 冬のチョコミント2020

    1月発売
    ミント感★★★☆☆
    チョコ感★★★★☆

    去年登場したチョコミント飲料がまた帰って来ました。
    結構甘いチョコレート飲料ですが粉っぽくはなく、意外と飲みやすいです。そして何より、スースーとしたミントがしっかりと感じられ、しっかりとチョコミントしています。去年のものよりミント感が増した気がします。そして何より、たっぷりと450g入っているのも嬉しいです!
    温かい室内で飲むことを想定したそうですが、まさにスースーとした清涼感が室内で飲むにはぴったりなチョコミント飲料です。