• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

最強位の眼 著名人代表決定戦雷神編 その1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

最強位の眼 著名人代表決定戦雷神編 その1

2014-08-16 12:00
    現・最強位である沢崎誠が麻雀最強戦の各代表決定戦を斬る! 勝敗を分けた一打はどこにあったかを紹介します。
    [不定期更新]


    沢崎「まず勝った藤田さんだけど、決勝戦は苦しそうだったよね。迫力は予選のほうがあったと思うよ。決勝戦では藤田さん1人ツイてないのかな、って思った」

    でも勝ちましたね。

    沢崎「東1局のテンパイ連荘。あれが藤田さんにとっては大きかった」
    d7f7c2428089bb4f3811fa49fed926faf9938a85
    藤田さん、ここから仕掛けたんですよね。

    沢崎「子だと別にどうってことないんだけど、親で連荘できたのがいいよ。親が強いルールだからね。最強戦の場合はラス親が圧倒的に有利なので、それを考えたら東1局を連荘する意味は大きいんだよ」

    藤田さんが一番ツイてないと仰っておられましたが、逆に一番手がきてたのは誰だと思われました?

    沢崎「片山さんだね。その片山さんは東3局がポイントだったよ。」
    96668adc0d68f95adcd242d729c486534d7c9df1

    沢崎「四筒七筒待ちでダマで親満の手。片山さんは上手いから、ピンズはいい待ちだし親満が大き
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。