• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【麻雀最強戦】三つ巴の叩きあい!【プレイバック】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【麻雀最強戦】三つ巴の叩きあい!【プレイバック】

2014-09-28 20:00
    第1回の開催から今年でちょうど四半世紀が経つ麻雀最強戦。麻雀最強戦レポーターの梶やんが、近代麻雀で掲載された過去の名対局やエピソードなどをピックアップし紹介する[不定期連載]

    第3回麻雀史上最強戦、決勝1回戦を制したのは大隈秀夫プロ。だが、2回戦になると大隈プロの手がさっぱり動かなくなってしまいました。かわりに伊藤優考プロ、小島武夫プロ、片山まさゆきさんが乱打戦を繰り広げます。

    東1局2本場 ドラ五萬
    親の片山さんの手は十分形のイーシャンテン
    七萬七萬八萬九萬九萬三筒四筒七筒八筒九筒八索八索八索

    そこに伊藤プロがリーチ。伊藤プロのリーチ宣言牌の東をポンして、小島プロの手がこんな形となります。

    小島プロの手
    二索三索白白 ポン東東東 ポン中中中 チー一索二索三索

    この局は、伊藤プロがこのアガリで決着します。
    二索三索四索五索五索六索六索七索九索九索南南南 リーチツモ七索



    東2局1本場では、片山さんが五萬八萬待ち、伊藤プロが二萬五萬でテンパイしているところへ 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。