• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【観戦記】麻雀最強戦2015女流プロ出場枠争奪戦 A卓
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【観戦記】麻雀最強戦2015女流プロ出場枠争奪戦 A卓

2015-01-04 13:00
    麻雀最強戦2015女流プロ代表決定戦出場を目指す女の戦いを斬る!

    1月3日、麻雀最強戦2015の最初の対局が始まった。この対局は、半荘1回勝負でトップになれば女流プロ代表決定戦に出場できるというもの。いわば最強戦ファイナルへの「予選の予選」である。今年から女流プロ枠が1から2へ広がったとはいえ、そこへ至る道のりは険しいもの。それだけに各選手ともこの対局に賭ける意気込みは並々ならぬものがあったに違いない。

    争奪戦A卓に出場したのは、水城恵利(第11期野口賞)、手塚紗掬(初代女流雀王)、松岡千晶(初代東日本最強戦ガール東日本) 、大平亜季(現女流最高位)の4名。

    まず先行したのは松岡である。
    daa9554d52814634be31cd9b80370a1974f45ecb

    ノータイムでpai_s_8s.jpgを捨ててのリーチに「へー、そういうものか」と思った。ドラが1枚でもあればpai_s_1s.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_7s.jpg待ちに取るだろうが、ドラが0枚なら三色にして打点を高めたいところ。まぁ、打点力アップなら一発や裏ドラに期待できるし、「安くても先行したほうが展開的に有利」とか「アガりやすい形にすれば手塚の親も流せる」など利も多い。そう思えばやはり3門待ちに取るべきなのだろう。ただ、もしソーズがpai_s_5s.jpgpai_s_6s.jpgpai_s_8s.jpgの形ならピンフと三色のどちらを選ぶか興味深いところである。結果は松岡がpai_s_1s.jpgツモで700・1300で先行した。

    続く東3局、松岡は目いっぱいに構えたことが功を奏す。
    東3局6巡目 東家・松岡
    pai_s_2m.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_6m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_1p.jpgpai_s_1p.jpgpai_s_2p.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_4p.jpgpai_s_6s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_pe.jpg ツモpai_s_7s.jpg ドラpai_s_5m.jpg

    こういう場合、ピンフ形になっていることから安全牌のpai_s_pe.jpgを抱える人が少なくない。ただ、一発勝負の親はとにかく隙を作らないことが大事である。松岡はここでpai_s_7s.jpgを残し、次巡もpai_s_7s.jpgツモでテンパイし、即リーチ。一発でpai_s_8m.jpgをツモり、裏ドラpai_s_6m.jpgを乗せて4000オールのアガリをモノにした。

    続く1本場でも先手を取った松岡がカンpai_s_3m.jpgのテンパイを入れ即リーチで押さえ込みにいく。大平がドラのpai_s_haku.jpg単騎で追っかけたが、ここも松岡が競り勝ちリードを広げる。だが、2着目と24000点以上の差をつけたところで、少しホッとしてしまったのか。これ以降、松岡の攻めっ気に翳りがみえはじめた。ここからしばらく松岡以外の3人の争いが始まる。



    水城が1300・2600をアガって迎えた東4局。手塚がpai_s_2p.jpgpai_s_ton.jpgのシャンポンでリーチをかけ、松岡も水城もオリるなか、親の大平が粘りをみせた。最終ツモでテンパイし、通っていないpai_s_3m.jpgを勝負し親を維持したのである。
    355cb5260d313f07ad4563d72e7bf1f9d159b584

    その次局、水城のリーチを受けながらカンpai_s_5s.jpgで待ちで追っかける。
    f3c4e22a0da614e1690c31e0bc98782d3df78c25

    待ちは決して良いとはいえないが、この待ちが手塚から出る。

    東4局1本場11巡目 西家・手塚
    pai_s_1m.jpgpai_s_1m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_4p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_8p.jpgpai_s_8p.jpgpai_s_5s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_sha.jpgpai_s_sha.jpg ツモpai_s_4p.jpg ドラpai_s_7m.jpg

    手塚も、もしこの巡目でテンパイせず無スジを引いていればpai_s_sha.jpgあたりで回っていた可能性が高い。まさにこのタイミングでテンパったからこそ出たpai_s_5s.jpgであろう。半ば負けを覚悟で水城とのメクり合いを挑んだ大平にとっては非常に嬉しいアガリとなった。前局のpai_s_3m.jpg押しがなければ、このご褒美にもありつけなかっただろう。

    だが、好事魔多し。さらにアガリを重ねて松岡のトップに迫りたい大平にとって最悪の一局が待っていた。pai_s_hatsu.jpgpai_s_8p.jpgと仕掛けた大平の手牌はこの形。

    東4局2本場6巡目 東家・大平
    pai_s_1p.jpgpai_s_2p.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_1s.jpgpai_s_5s.jpgpai_s_9m.jpgpai_s_9m.jpg pai_s_8p.jpgpai_r_8p.jpgpai_s_8p.jpg pai_s_hatsu.jpgpai_s_hatsu.jpgpai_r_hatsu.jpg ドラpai_s_1s.jpg

    この後、pai_s_4p.jpgを引いたところでドラのpai_s_1s.jpgを切る大平。その少し前、チャンタ狙いでpai_s_4p.jpgを捨てていたが、これを引き戻したことでpai_s_3p.jpgpai_s_5p.jpg引きで強いテンパイが組める。また、大平はpai_s_5s.jpgをトイツから1枚外し、もう1枚を浮かせたまま残していた。手塚がを1枚捨てていることから、pai_s_4s.jpgpai_s_6s.jpg引きのテンパイも強い待ちになる。と、ここまでは大平の描いていた構想通りだった。

    だが、その直後、上家の松岡が捨てたpai_s_3p.jpgに微妙な反応を見せた。実は大平の手で唯一、鳴きたい牌がこのpai_s_3p.jpgなのである。

    東4局2本場7巡目 東家・大平
    pai_s_1p.jpgpai_s_2p.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_4p.jpgpai_s_5s.jpgpai_s_9m.jpgpai_s_9m.jpg pai_s_8p.jpgpai_r_8p.jpgpai_s_8p.jpg pai_s_hatsu.jpgpai_s_hatsu.jpgpai_r_hatsu.jpg ドラpai_s_1s.jpg

    だが、pai_s_3p.jpgしかないということが逆に大平からチーするという意識を薄れさせてしまった。松岡がpai_s_3p.jpgを捨てた瞬間、ツモ山に手を伸ばす大平。だがその瞬間、大平は「pai_s_3p.jpg鳴かなきゃ」と気づいていた。だが、もうツモる動作に入っている。ここからチーをするのは、ルール違反ではないが麻雀プロとしての作法としては「見苦しい」とされる。大平は潔くツモの手を止めなかった。大平がpai_s_3p.jpgの食い延ばしをしなかったのはこういう理由からだったのだ。

    だが、ここから大平の手はなかなか動かない。そうこうする間に、手塚にホンイツのテンパイ。
    東4局2本場12巡目 西家・手塚
    pai_s_1m.jpgpai_s_2m.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_5m.jpgpai_s_6m.jpgpai_s_6m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_9m.jpgpai_s_9m.jpg pai_s_chun.jpgpai_r_chun.jpgpai_s_chun.jpg ドラpai_s_1s.jpg

    さらに水城がテンパイを入れる。
    東4局2本場13巡目 南家・手塚
    pai_s_1s.jpgpai_s_1s.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_6s.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_6p.jpgpai_s_7p.jpg ツモpai_s_2m.jpg ドラpai_s_1s.jpg

    水城はここでドラを捨て、pai_s_5s.jpgpai_s_6s.jpg待ちでリーチ。
    19864dc85ebd58ad5bfa6d8a8b2818f9df39480a

    この時点で大平の手牌は、
    pai_s_2m.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_8m.jpgpai_s_9m.jpgpai_s_9m.jpgpai_s_5s.jpg pai_s_8p.jpgpai_r_8p.jpgpai_s_8p.jpg pai_s_hatsu.jpgpai_s_hatsu.jpgpai_r_hatsu.jpg ドラpai_s_1s.jpg

    という形。テンパイすれば水城・手塚のいずれかに放銃濃厚の形になっていた。そして大平が引いたのがpai_s_7m.jpg。打pai_s_5s.jpgで前に出たが、水城からロンと言われてしまう。大平、5200は5500の放銃となった。

    当日夜、大平は自らのブログにこう記していた。
    「東ラスの親番でペンpai_s_3p.jpgチーしなかったことは1年中苦い思い出になりそうです」

    0b023fa3a6363d9d7b350c3e7de78b2d5a7d4bc9
    悔いの残る敗退となった大平(左)


    南入し、トップの松岡を追いかける3人の争いは益々熾烈になる。

    南1局1本場は、タンピンのpai_s_2s.jpgpai_s_5s.jpg待ちで親リーチをかけた水城に、ラスめ手塚がピンフイーペーコー確定のpai_s_6s.jpgpai_s_9s.jpg待ちで追っかけ。さらにドラのpai_s_hatsu.jpgを暗刻にした大平が応戦する。ここを制したのは手塚だった。
    27b9d6e3c671de1b7ad33381051eb8ffd978d704

    高目のpai_s_6s.jpgツモに裏ドラを乗せてハネ満のツモアガリ。
    c1b56a6215012f62eef80028aed70221ac007b00

    これで2着に浮上した手塚。続く親でも上手くドラを重ねてチャンス手になった。
    a34405a385fb1e08c272b1263761e3f43b5a4d75

    だが、これがなかなかテンパらない。アガリを諦め、ノーテン罰符獲得に向けて動く水城が仕掛け、そして親番維持の形テンを入れるため手塚も動く。が、この両者の仕掛けが松岡に最高のプレゼントを贈ることになった。

    松岡は安全第一の構えを取りつつ、役なしのカンpai_s_6p.jpg待ちのテンパイを入れていた。だが、トップ目だけにリーチもかけづらく、待ちも薄い。無スジを掴めばオリすらあるヤミテンだった。
    e645f89e3cc80b4f518c7f36b81572b525b8a4de

    だが、pai_s_1m.jpgが4枚になったところでアンカン。そのリンシャン牌が何とpai_s_6p.jpgだったのである。

    73952cf344508830c6a29bc5a491b28debbfc0c8

    カンドラにpai_s_5p.jpgが乗ってマンガンのアガリ。東ラス以降、大平・水城・手塚の3人は松岡にプレッシャーをかけ続けていた。松岡もかなり引き気味に打っていて、点差がどんどん縮まっていた。だが、このアガリで松岡が生き返ったのである。こうなると親のない水城・手塚はかなり苦しくなった。



    2着の大平に23300点差をつけて迎えたラス前。流局寸前に松岡の手が止まった。
    5b1cc3fee115b0c70e6bb5301c790bc14ee55593

    上家の手塚のpai_s_7m.jpgにチーテンをかけるかどうか迷っているのである。結果、松岡はここで連荘することを選択したが、この判断はどうだったか?

    解説の瀬戸熊プロは「動いてテンパイを入れて続行し、水城・手塚にチャンスを与えるよりは、親を洗ってオーラスの一騎打ち勝負に持ち込んだほうが良さそう」とコメント。私も概ね同意見である。上家から鳴きづらい状況で親との一騎打ちは決して楽ではない。親がリーチと言われれば飛び込みにくいし、かといってツモられて逆転ということも起こりうる。とはいえ、連荘した結果、水城や手塚に大物手をツモられて三つ巴になるよりは(一騎打ちのほうが)優勝の可能性は高そうに思える。

    だが、松岡は連荘を選択した。そのことがダメ押しのアガリを導いた。
    a63f92fa0b8c519e0cd60c3a151dfed544129020

    ラス親・大平との2軒リーチに競り勝ち、ダントツになる。オーラスは大平にやや粘られたが振り切ってトップとなった。



    この対局では、リードして以降が「やや守りすぎ」という印象のあった松岡。手堅い打ち方はたしかに放銃を避けやすいが、前に出ないぶん局が停滞し点差を詰められやすくなる。女流プロ代表決定戦に出場するメンバーはその辺りの経験が豊富な打ち手ばかりなので、守るだけでは勝ちきれないことが多くなる。だが、一昨年、最強戦ガールとして全国を飛び回った松岡。そのときから比べて「強くなった」と評価する人は少なくない。これから女流プロ代表決定戦に挑むまでの数ヶ月の間、さらにレベルアップしてくることに期待したい。
    100a6d2f9f11d9d1ce5e5040545e711588e74c74
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    麻雀最強戦ブロマガ
    更新頻度: 未定
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。