• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

敗れし強者たち【小林剛 決勝卓編】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

敗れし強者たち【小林剛 決勝卓編】

2015-01-10 12:00
    最強戦ファイナルを戦った選手は対局中に何を考え、どう決断していたか? 気になる局面をピックアップし、直接選手に聞いてみた!

    決勝卓の優勝予想でも小林人気は50%オーバーと圧倒的。キャリア・実績だけでなくB卓の勝ち上がりをみたらそれも当然のように思えた。しかも有利なラス親である。

    だが、東1局に藤田へ三暗刻の6400の放銃からスタートした小林。そのまま爆発した藤田に追いつくことはできなかった。だが、随所に「コバゴーらしさ」が見える一打を披露してくれた。今回はその局面などについて触れていこう。

    まず南1局。トップ目・藤田と4万点弱開いた状況で、久々に先手を取れた場面である。pai_s_8p.jpgをアンカンして単騎待ちテンパイを入れた後、pai_s_pe.jpg単騎のヤミテンを経てpai_s_4s.jpgpai_s_7s.jpgのノベタンになったところでリーチをかけた。
    98b427d80b2d73e4147963076683c88744043992

    梶本「pai_s_pe.jpg待ちではリーチをかけず、pai_s_7s.jpgツモのところでノベタンでリーチ。この決断の理由を教えてください」

    理想はpai_s_3s.jpgpai_s_6m.jpgといったドラ引きのノベタ
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。