• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

敗れし強者たち【時岡史明 C卓編】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

敗れし強者たち【時岡史明 C卓編】

2015-01-13 12:00
    最強戦ファイナルを戦った選手は対局中に何を考え、どう決断していたか? 気になる局面をピックアップし、直接選手に聞いてみた!

    昨年は地方最強位となり、そして今年は全国アマチュア最強位に輝いた時岡史明。最強戦の長い歴史の中でも最も攻めっ気の強いアマチュアとしてファイナルの舞台に立った。ただ、今回の相手は名だたるプロや著名人雀豪がズラリ勢ぞろい。アマ最強戦のときとはまた違ったプレッシャーが時岡を襲ったに違いない。

    梶本「開局前、相当緊張されているようでが、ご自身はどういう気持ちでしたか?」

    時岡「前日までに思っていたことは、オーラスに細かい条件勝負になった場合、普段から条件戦に慣れているプロ相手では不利だとわかっていました。なので、オーラス時点で、大きくリードするか、せめてアガリトップになるよう攻めていこうということを強く意識していました」

    その攻めっぷりは予選の東1局からいかんなく発揮されていた。北家
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。