• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

女流プロ代表決定戦桜の陣
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

女流プロ代表決定戦桜の陣

2015-04-11 08:02
    優勝しなければ次はない

     石井「呼ばれるかどうか不安だった」
     女流プロも群雄割拠の時代である。若くて強いプレイヤーたちが次々と輩出されている。2011年の女流プロ代表決定戦を制した石井あやも、その冠でエントリーできる期間もそう長くない。優勝しない限り来年はない。そんな気持ちで石井は予選A卓に臨んだ。相手は、大崎初音・二階堂亜樹・高宮まりの3名。起家でスタートした石井は、対戦前の不安を払拭するメンピンツモ表1裏1の親満で最高のスタートを切った。
     予選は2着勝ち上がりのシステムなので、後は手堅く打てば逃げ切れる可能性も高い。だが、今年の石井はその道を選ばなかった。

     予選A卓の南3局3本場。3着の二階堂の親リーチを受けての一発目、石井の手がこうなった。
    pai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpg ツモpai_s_ton.jpg ドラpai_s_ton.jpg

     二階堂のリーチに無スジのpai_s_ton.jpgを切ればpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgのテンパイ。ただ、ただ、親満を放銃すればトッブから三着に転落するだけに、石井は現物のpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgを捨ててオリると思われた。自らの放銃で相手3人を喜ばせる必要はないからだ。
     だが、石井はすっとpai_s_ton.jpgを押した。
    石井「安全牌の2巡凌いでも後が続かないし、ここでアガれれば一気に楽になると思って勝負しました」
     
    結局、石井は危険牌を引いてオリるが、その直後、二階堂がpai_s_ton.jpgで親倍をツモる。
    pai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpg ツモpai_s_ton.jpg ドラpai_s_ton.jpg 裏ドラpai_s_ton.jpg

     アガった二階堂の手をみて「今日の私は冴えてる」と思ったかもしれない。結局、トップは二階堂に譲ったが、石井は2着で決勝卓へ進んだ。

     決勝でも、石井は鋭い冴えをみせる。トップ目で迎えた南1局1本場、石井はカンpai_s_ton.jpgで役なしのテンパイ。下家の親・和久津晶はpai_s_ton.j0pgチャンタのカンpai_s_ton.jpg待ち。また、南家・二階堂もpai_s_ton.jpgポンでpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpg待ちのテンパイだった。

     ここで石井は和久津のロン牌pai_s_ton.jpgを引く。二人が仕掛けはテンパイ濃厚だが値段は不明、pai_s_ton.jpg以外にも危険スジは多いので、石井はpai_s_ton.jpgをツモ切ると思われた。だが、石井はpai_s_ton.jpgを止めてオリる。

    16fc87c14dd307d11f41f9a7de80e17c620d5247
    石井「親の和久津さんに対し、亜樹ちゃんも押し返していた。その亜樹ちゃんが渋々pai_s_ton.jpgを二鳴き。これは安いけど勝算のあるテンパイだろうと思い、これ以降、自分は無スジを引いたらオリると決めていました

     ここは二階堂に任せ、2着目・和久津の親を流してもらおうと考えていた石井。その直後に、無スジで和久津のロン牌pai_s_ton.jpgを引いた。これを石井が止めるのはある意味必然だったのである。



    リフレッシュが優勝へ導く

     石井は、今年のはじめから約1ヶ月間、実家でのんびり過ごしたそうである。
     プロ入りから6年、対局と仕事の毎日で、石井の心も体は疲れ切っていた。パンク寸前の石井が下した結論が「長期休暇」だった。

    石井「周りからは『お見合い? 結婚?』と騒がれましたが、本当にひたすら実家でダラダラしてました」

     この休養の効果は抜群だった。元気を取り戻した石井は東京へ戻ってきた。この代表決定戦では「ひより過ぎない」というテーマを決めて臨んだという。

    石井「プロクィーンで押しまくって勝った和久津さんを見たこと。休暇中にも色々考えて決めました」

     予選A卓での二階堂へのpai_s_ton.jpg押しもその決意の表れだった。

     だが、押しが裏目に出た局もあった。決勝東3局、石井は48500点持ちのトップ目でpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpg待ちのタンピンイーペーコーでテンパイ。だが、下家の和久津がドラと役牌をそれぞれポンしてテンパイ濃厚。トイトイ含みのハネ満も十分ありうる。

     ここで石井は無スジのpai_s_ton.jpgを掴んだ。和久津の最終手出しはpai_s_ton.jpg。普通は突っ込めない牌である。しかし、石井はひよらずに押し、ハネ満を放銃した。
    a9d7ca95f886b72024da3ea3cd4d21967d201756

    石井「さすがにやり過ぎたと思いました。でも、この時は『これから自分の親だし』と切り替えました。1人より2人リードのほうが、脇の標的にならずにすむし、局も回せるかな、くらいに思っていましたね」

     次局以降も精神的ダメージを引きずりそうな放銃を、逆に前向きに捉える。これもリフレッシュの効果か?

     ただ、この後は一進一退の攻防が続く。供託リーチ棒が3本となった南2局2本場。ついに山場を迎えた。

     テンパイを先に入れたのが石井。7巡目に食いタンでテンパイを入れた。
    pai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpg チーpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpg ドラpai_s_ton.jpg

     だが、そこへ親の二階堂からリーチがかかり供託が4本。また、豊後葵・和久津からも勝負気配がみえる。せっかくテンパイを入れていた石井だが、ここは我慢すると思われた。だが、石井は二階堂のリーチへ次々と無スジを押し返した。

    石井「1~2枚は勝負していいかな、と。豊後も和久津さんも押していて、親の亜樹ちゃんはドラのない手、安いかもと思いました」
     仮に放銃してもラス親がある。その気持ちが石井を後押しする。結果、和久津からpai_s_ton.jpgを討ち取る。
    ab5a9d058898deda31a892785ae788b63cf587a6

    そのままゴールまで駆け抜け、2011年以来の返り咲きを果たした。



    ドラそばへのケアも忘れずに
    A卓南4局1本場 北家・二階堂亜樹
    pai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpg ツモpai_s_ton.jpg ドラpai_s_ton.jpg
     十分なリードで迎えたオーラス。pai_s_ton.jpgを引き、出アガリできる待ちに取れるようになった。だが下家で親の高宮がホンイツ模様の仕掛け。ここで選んだ一打は?

     高宮はpai_s_ton.jpgポン、カンpai_s_ton.jpgチーと仕掛け、最後に手出しでpai_s_ton.jpgを捨てた。
    高宮の捨て牌 pai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.j0pgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpg

     ぱっと見、マンズのホンイツの捨て牌。pai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgは当然切れない。が、二階堂はpai_s_ton.jpgすら捨てず、打pai_s_ton.jpgでテンパイを崩したのだ。
    pai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpg ドラpai_s_ton.jpg

    二階堂「ドラのpai_s_ton.jpgまたぎの受けも高宮に通ってないですからね。役牌のpai_s_ton.jpgも暗刻だし、焦って無理にテンパイに取ならくてもいい立場ですから」

     実際、高宮の入り目はpai_s_ton.jpgだ。二階堂の胆力と洞察力に感嘆させられた一打であった。



    マークすらさせない大逃げ狙い
    東4局1本場 北家・豊後葵
    pai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.j0pgpai_s_ton.j0pgpai_s_ton.jpg ツモpai_s_ton.jpg ドラpai_s_ton.jpg

     東ラス、トップ目で迎えた豊後は和久津の先制リーチを受けた同巡、チートイツドラ2でテンパイ。一発で無スジのpai_s_ton.jpgを通したものの、次巡再び通っていないpai_s_ton.jpgを引いて悩んだ豊後の選択は?


     ここで豊後は何とpai_s_ton.jpgツモ切りで追っかけリーチに出た。
    2ea8e305104264b969494f38873a1b405fe2a6ee

     勝負は分かるが、何も無防備になるリーチをかけなくてもとは思えるが…。

    豊後「テンパイした以上、オリはないです。ただ、ヤミテンの間に『6400を加点しても、この程度のリードじゃ逃げ切れない』って思ってしまったんです」

     豊後は相手3人を舐めるどころか、本気でリスペクトしていた。自分に運があるうちに、一気に安全圏に逃げる。だから追っかけリーチが必要だったのだ。結果、ツモアガリとなり、残る3人に2着争いをさせるように仕向けたのである。
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    麻雀最強戦ブロマガ
    更新頻度: 未定
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。