• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

近代麻雀プレミアリーグ後期第5節B卓レポート
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

近代麻雀プレミアリーグ後期第5節B卓レポート

2015-10-09 19:00
    208307727c38d9911918cab45367592f295f3987
    2015年8月から最強戦CHで配信されている「近代麻雀プレミアリーグ後期」の各節レポート


    後期より月1回で2節を一気に生放送するシステムに変更した近代麻雀プレミアリーグ。今回の出場選手は前期から連続出場となる小林剛・鈴木達也・藤田晋・佐々木寿人、さらに後期より出場の村上淳・滝沢和典・鈴木たろう・和久津晶の8名となった。

    第5節B卓は、起家より寿人・滝沢・達也・藤田の並びとなる。
    b10508f5edad7b9c054619ab543e855624652fa9

    東1局。まず親の寿人が先行リーチをかける。
    6bfeaebbdd1d7ca071e851c2c72081c704d38951

    4a8ff430e27da753921edcf82e78cea55dded4ce

    このリーチにすぐ追いついたのが北家の藤田だ。
    15b38b09721e00999e1799240494c8d985b89b20

    74000197f215594b2a91eedc46180618dd4e9886

    一通確定のpai_s_chun.jpg単騎にも取れるテンパイだ。しかし藤田は打pai_s_chun.jpgを選択。次巡、pai_s_6p.jpgを引いて3門待ちになったところで追っかけリーチを敢行した。待ちの枚数的には藤田が有利。だが、2軒リーチになったところで寿人の捨て牌にpai_s_7s.jpgpai_s_5s.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_3s.jpgとソーズが並ぶ。手詰まりした達也からpai_s_2s.jpgが出て、藤田のアガリは実らなかった。藤田としては、リーチ後に達也・滝沢から次々にpai_s_chun.jpgが出たこともあり、対局後「pai_s_chun.jpg単騎で行くべきでしたかねぇ」と振り返る。どちらが良いか一概には決められないが、藤田にとってはやや気持ち悪い一局になったのは間違いないだろう。



    東3局1本場。ここも興味深い攻防がみられた。親の達也は3巡目にトイツが4組になる。
    8d22e0a67564429e9ed6d0f7f1b52894d5ff9da0

    b52909629a6b630c506fb8b51078fbd7488be984

    ドラのpai_s_1m.jpgも1枚。こうなるとチートイツへ的を絞って手を進める。

    一方、滝沢にも縦寄りの手が入っていた。
    9cb7b3160475479f43830ceb28a3a4671e874850

    cc336681bd61ac3e8d756e57f9c63ba8233b3c16

    ドラのpai_s_1m.jpgもトイツでチートイツのイーシャンテン。pai_s_2m.jpgツモでホンイツへの移行も見込めるが、2シャンテンに戻るため、ここは打pai_s_4m.jpgとした。次にpai_s_8m.jpgを引いた滝沢は打pai_s_2m.jpg。これでホンイツよりトイトイのほうが現実味を帯びる形となった。

    pai_s_1m.jpgpai_s_1m.jpgpai_s_6m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_8m.jpgpai_s_8m.jpgpai_s_8m.jpgpai_s_9m.jpgpai_s_9m.jpgpai_s_9s.jpgpai_s_9s.jpgpai_s_pe.jpgpai_s_pe.jpg ドラpai_s_1m.jpg

    その直後、達也がチートイツのテンパイでリーチをかけた。
    7c70544c5f4161c0c54eb43102fa340904e91106

    が、達也がリーチ宣言牌に選んだのはドラのpai_s_1m.jpgのほう。つまりpai_s_3p.jpg待ちを選んだのである。確かにピンズは場に安い。が、それでもドラ単騎に構える人がほとんどだろう。達也は何を考えてこの待ちに取ったのか?

    達也「親のときはドラ単騎にするときが多いです。ただ、この局は巡目が深く場が煮詰まっていたこと。あと、滝沢のpai_s_2m.jpgの手出しにより(pai_s_1m.jpgが固まっている可能性があり)ドラ待ちに自信がなかったからです」
    達也「ただ巡目が浅く、ドラがどこにいるかわからないときはドラで待つことが多いです」

    何とも明快な答えである。たしかに滝沢の手にはドラのpai_s_1m.jpgがトイツ。だが、達也がドラを捨てたことでアクションが起きた。滝沢がこのドラをポンしたのである。

    3a1c960c24fc1fca8f7b29304b3dfc1a50ad3569

    74f206d3e7f9013db4aa967f62d176f0ee0ded18

    そして打牌に選んだのはpai_s_9s.jpgだった。今度はトイトイより受け入れの広いホンイツへ向かった。この柔軟な切り替えができるのが滝沢の長所であろう。

    その後、滝沢は4枚目のドラを引く。
    7b524d0fa42f114c685b7a127e369db3d2c18ba7

    達也からポンした滝沢がpai_s_1m.jpgをツモって加カン。これはつまり、達也はドラ単騎なら(滝沢のポンがなく)ツモアガっていたということになる。pai_s_3p.jpgも山に生きていたが、達也がツモることはなく、またドラを加カンした滝沢もノーテンで流局。チャンス手が実らなかった2人にとっては悔しい結果だったが、観戦側の我々にとっては非常に興味深い1局となった。



    この半荘はなかなか決定打が出ず、トップを走る寿人にとっては理想的な展開で局が進んだ。南3局では、2着~ラスまで僅か1200点という大混戦である。

    他家にくらべ親番の達也の手が重い。
    cab5478866ec21e0e93bffacf2f4874394835674

    262364fdfb12ffe674afc711789cfa9a7888980a

    10巡目でこの形だとアガリはおろか、テンパイすら厳しい。だが、ここから達也は食いタンに向かう。pai_s_8p.jpgポン、pai_s_2p.jpgチーと仕掛け、リーチの藤田からアガリ切り、なんとか親を繋げた。

    その1本場。まず寿人が絶好の配牌を手にした。
    3ab1e2a8aa1ecc8ae4f5ed814504926e4ca1088b

    41ce52713e605174c7214c6c99dd44744b81a707

    この直後、下家の滝沢が捨てたpai_s_8s.jpgを寿人がポン。1巡目にしてpai_s_sha.jpgバックのテンパイを入れる。
    pai_s_4s.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_5s.jpgpai_s_6s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_5m.jpgpai_s_6m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_sha.jpgpai_s_sha.jpg pai_s_8s.jpgpai_s_8s.jpgpai_r_8s.jpg

    寿人「普段はまずやらない仕掛けですが、この得点状況だし、超序盤ならpai_s_sha.jpgも止めようがないと思って鳴いたのですが…出なかったですねぇ」

    そう、このpai_s_sha.jpgは誰の手にもなく山の深いところにいた。寿人がツモ切りを繰り返す間に、親の達也がテンパイを入れる。
    7e1906fdd1c86f2bfb6e38fef751fcbbab4a42d8

    b5609a6937b5f1d16d5ada8cabddb478ec9608cc

    寿人の進局策はここで終了。さすがに親リーチの直撃弾を食らうとトップを失う恐れもある。だが、ここに第3の男がやってきた。

    7c3c1d67a8560351f42b48351803cf06fff6a1de

    781df1874834c5ebc805c5dbc82a7789ddc12a00

    達也のリーチに通りそうな牌を押し返し、チートイツのテンパイを果たした滝沢はドラのpai_s_9m.jpg単騎の追っかけリーチを敢行。

    b296c12d3360325f3df72fb3b420692b85afb232

    滝沢はこの勝負に競り勝ち、ハネ満のツモアガリ。オーラスを、寿人と2900差の2着まで浮上した。

    が、滝沢の追い上げもここまで。オーラスは達也のタンピンドラ2に放銃し、トップを奪うことはできなかった。

    第5節B卓結果
    寿人+55.9 滝沢+5.0 達也-16.2 藤田-44.7

    この時点でのトータルスコアは以下の通りである。
    6385bc505e82e9aa3b06cc93903710a6b7f6c97e

    ラスを引いた藤田がプラス1桁に後退。これでマイナス組の的になってしまった。初戦トップの後、ここまで我慢の麻雀に徹してきた藤田だったが、この状況からどう戦うのかも見どころである。
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    麻雀最強戦ブロマガ
    更新頻度: 未定
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。