• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

サイバーカップ決勝卓 レポート
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

サイバーカップ決勝卓 レポート

2015-12-03 13:00
    8ecc2500fb81094dc83534d6cd2a093a124c34b1
    2015年11月28日、最強戦ファイナル出場を賭けた「サイバーカップ」に8名の選手が出場。今回は予選A卓の戦いをレポートします。


    決勝は起家から、鈴木たろう・鈴木達也・山井弘・じゃいの並びで始まった。

    東1局はドラがpai_s_haku.jpgということもあり、各自が慎重な打ち回しの末に流局。

    そして東2局1本場。じゃいが積極的にホンイツの仕掛けを入れてきた。
    eaed75e575460d65b482a69435d0659eac2adf25

    6e52e1e31e2d8f0dea6c556f1846df9361b1417b

    自風のpai_s_sha.jpgをポンしてマンズに走るじゃい。実際の手牌がまとまるには時間もかかりそう。だから、その分捨て牌を派手にしないと相手に圧力がかからない。そのお手本のような仕掛けである。

    だが、ここからのじゃいのツモが凄かった。pai_s_5m.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_4m.jpgと引いてあっという間にテンパイ。「ツモの波に乗る」という表現はまさにこういったツモを指すのだろう。直後にたろうにカンpai_s_2m.jpg待ちのチャンタ三色のテンパイが入るが、待ちの多さでじゃいに凱歌があがった。
    796122236ac72856c159c9d8551a2db777667595

    続く東3局。再びじゃいの手が早そうである。

    そんななか、親の山井の手が次の形になる。
    e20d6d65290d28bdf7f8f40ace76549c9473f535

    b11c5c6256b82d2769addd68cdb3d11ed3aa2c64

    4巡目。打牌選択の難しい形である。ここで山井は打pai_s_7s.jpgとした。pai_s_5p.jpgpai_s_7p.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_9m.jpgpai_s_9m.jpgというメンツになりにくい部分はそのまま維持し、残したpai_s_7s.jpgに隣をくっつけてから好形テンパイを目指す、いわゆる「浮かせ打ち」である。ただ、次巡にpai_s_1p.jpgを引いたため、2枚目のpai_s_7s.jpgも続けて河に並べることになった。

    その直後、南家・じゃいがリーチ。
    776d45b31b800efed55c1eb69e2050a9208fe49b

    じゃいの手牌
    pai_s_1m.jpgpai_s_2m.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_5m.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_6p.jpgpai_s_7p.jpgpai_s_6s.jpgpai_s_7s.jpg ドラpai_s_8m.jpg

    メンピンのみの手だがとにかく捨て牌状況が抜群にいい。特に山井の捨てた2枚のpai_s_7s.jpgが効いている。
    dfc8c783bdd1e7452d313ca614bb1d034c58ed4d

    その山井が一発でpai_s_8s.jpgを引く。山井には現物が手に2枚あったが、長期戦ならまだしも一発勝負の大事な親番で情報の少ないリーチにオリるわけにはいかない。pai_s_8s.jpgをツモ切り。じゃいのアガリとなった。
    b66332130b60e1f952b8eede47c14c4c047422b0

    裏ドラも乗って満貫となり、これでじゃいが一歩抜け出した。



    南1局1本場。まず達也がらしい一打を放つ。
    7a07dd7cfae5c898ea44e6127b98ab372950874c

    431bfc6fe63ec80d424edc8686fcf1390f55d8cd

    ここでは打pai_s_4m.jpgでヤミに構え、234の三色かイーペーコーの変化を待つ。あるいは打pai_s_2p.jpgで2つのイーペーコーの変化を待つ人が多いのではないだろうか。だが、達也は打pai_s_9p.jpgとした。スピードは落ちる(テンパイへの有効牌が減る)がタンヤオを加えて打点を高めようという意図である。

    その後、テンパイが入るもなかなか納得のいく形にならず仮テンを維持していた達也。15巡目に次の形となる。
    e063ac2432e451173d38ce9de24e012b23c0e192

    じゃいがメンホンのカンpai_s_7s.jpgテンパイを入れていることも影響し、場はピンズが非常に安い。とりわけpai_s_2p.jpgは場に3枚出ている。ここで達也は打点よりアガリをみて打pai_s_3p.jpgのリーチをかけた。するとこのpai_s_1p.jpgをすぐにじゃいが掴み、直撃に成功。

    f8ae28be6d66665911c0fe3af43dc88b186d75e9

    裏は乗らず2600は2900のアガリ。決して高くはないがトップ目からの直撃により接戦にさらに拍車がかかった。



    南2局。2番手に浮上した達也の親を蹴るべく、じゃいが2巡目からpai_s_nan.jpgポンで動く。ただ、この局はラスめの南家・山井がチャンスを迎えていた。
    144e1962b9ce36d818d0a1abf22ca2e8c5178ed3

    9b452caac402c30a81406181c35ece0f1d8b77c4

    高めpai_s_7p.jpgで567の三色のリーチ。高めツモで裏を乗せればほぼトップに並ぶ。pai_s_5p.jpgの出も早いので、pai_s_1p.jpgpai_s_4p.jpgは警戒されるスジで逆にpai_s_7p.jpgはやや出やすいか? ただ、そもそも捨て牌の並びが異常で、変則手はもちろん好配牌から普通の待ちもありそう。要は何が当たっても不思議ではないということだ。

    これに対し、じゃいの手が詰まった。
    880d4a02e21cd2590cf28aed3ad38f79cb9aff7a

    58350d45078fb367e026f794ce9512ab5e2a9fdc

    山井の捨て牌は
    pai_s_3m.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_5m.jpgpai_s_8p.jpgpai_r_6m.jpgpai_s_5p.jpg

    ここでじゃいはノータイムでpai_s_1p.jpg切り。ここでロンと言われるしれないが、通れば、早めのpai_s_5p.jpg切りを頼りにpai_s_4p.jpgのトイツ落としもしやすく、そこで2巡は凌げる。が、実はこれが山井の待ちだった。8巡目、じゃいからpai_s_4p.jpgが出て山井がロンをかけた。

    02fabad318a98d5f84f60baa6c3dc15505320f96

    裏が乗って3900である。安目とはいえトップ目からの直撃。山井としては次善のアガリと思ったか。ただ、じゃいが放銃しないまま局が長引けば、山に4枚生きていたpai_s_7p.jpgをツモって3000・6000になっていたかもしれない。放銃したじゃいもpai_s_7p.jpgツモられるぐらいならこっちのほうがいい、と考えていただろう。



    全員が2万点台で迎えたラス前。4巡目にじゃいがカンpai_s_3p.jpgをチーしてピンズに走った。だが、それを咎めるように達也がリーチ。
    e05147a11f476c5176d75fab38e8b75d9a4bad99

    a7a2ee26775916154338f8c9ae6c323292589497

    ドラのカンpai_s_6m.jpg待ちである。だが、ここが勝負どころと踏んでいるのか、仕掛けたじゃいも、そしてタンピン三色イーシャンテンのたろうも退く様子はない。
    7111c13379008d80a488ba62551ca276ebf9d91b

    1c46f6bb1bf5ed1ca01cb9f3fa80e23763b12f06

    達也の待ちも決して良いとはいえないので、終盤までもつれそうな感じである。だが、さきにじゃいがpai_s_6m.jpgを掴んだ。達也の捨て牌にpai_s_9m.jpgpai_s_3m.jpgが通っているのですぐツモ切りしそうだったが、ドラと気付いたじゃいは慌ててひっこめた。だが、そんなじゃいに十分形のテンパイが入ってしまった。

    たろうが捨てたpai_s_haku.jpgをポンしてテンパイを入れるじゃい。ドラ単騎にすることもできたが、形の良さでドラを勝負した。
    a758814bb875ee1908f076e91b4c469c929b8bde

    これで達也のアガリ。裏はなく2600となったが、これでトップめに立った。
    52cc32a86d1b894974d979dc263a8eaaf5a439fb



    一番条件の厳しい山井でも満貫ツモで優勝となる僅差で迎えたオーラス。

    じゃいの配牌は国士を狙えるほど酷いものだった。
    5d7e2adf71eea56937477f719aa8d3c7510d8bbf

    97829d458dd39757668e728a2772b7cbf41d619b

    だが、じゃいはpai_s_1p.jpgを切り何とかアガれる形を目指していく。幸い、他も好配牌の者はいない。ツモ勝負の一局となった。

    じゃい・達也ともに決め手となるイーシャンテンになった8巡目、山井の手が条件を満たすイーシャンテンになった。
    ef45dd2f19959f16f75aca71560b39818c1acefc

    a4c7c06ed0ca63bc788dde95ec81d3ddc1ef341b

    肝のpai_s_3m.jpgを引き入れ一通のイーシャンテン。マンズから引けば満貫確定のリーチをかけられる(pai_s_9m.jpgで一通確定の場合は、ツモと達也からの直撃を狙ってヤミにする可能性もあるが)。逆に、pai_s_5p.jpgpai_s_8p.jpgを引いた場合は待ち選択が残る。

    pai_s_4m.jpg切りで高め一通にするか
    pai_s_4p.jpgpai_s_4p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_6p.jpgpai_s_7p.jpgpai_s_1m.jpgpai_s_2m.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_5m.jpgpai_s_6m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_8m.jpg

    pai_s_1m.jpg切りで高めタンヤオにするか
    pai_s_4p.jpgpai_s_4p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_6p.jpgpai_s_7p.jpgpai_s_2m.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_5m.jpgpai_s_6m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_8m.jpg

    これについて、対局後、観戦していた多井が山井に聞いたところ、

    山井「たぶんpai_s_1m.jpgを切ると思います」

    という答えだった。いずれにせよ、このpai_s_3m.jpgツモで実況席の緊張感も一気に高まった。

    が、その直後、ついにじゃいがテンパった。
    299bd10baa20358ae521bac561f8a81878b69d13

    4d1d26e568c7a51d140e5d2a13bd670999628910

    pai_s_haku.jpgpai_s_hatsu.jpgはそれぞれ場に1枚ずつ切れている絶好の待ちだ。枚数は少ないが、全員が前に出るこの局で、これを掴んで止められるものはいない。

    だが、じゃいがリーチ一発目に持っていたpai_s_2m.jpg。これをポンした達也にもテンパイが入る。
    04ac6df53f13f9159cacbe601f2248de28f46a5c

    6dec1ecee6453d7a4786d13348ef3cc40e19fd68

    pai_s_2s.jpgpai_s_5s.jpgpai_s_haku.jpgpai_s_hatsu.jpg、どちらが先か。

    決着はすぐについた。じゃいがすぐにpai_s_5s.jpgを掴み、達也の優勝となった。
    ef133dbd5d940de7e92c1cc87a48eaa2e8727d55

    195b79a06b078d80534c4a8361a091fa0ebc9159

    これで達也は初めてファイナルの舞台に立つことになる。
    e25db62bcae7f92a9a5ac121a8dc3eba6b4fbac3

    14996bac708b88feae7bb49ce9f29c203586d121

    達也「いつもたくさんのチャンスをいただいていたのに、自分が不甲斐なくてここ3年ぐらいファイナルに出られませんでした。その鬱憤を今回は晴らしたいと思います」
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    麻雀最強戦ブロマガ
    更新頻度: 未定
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。