• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

近代麻雀プレミアリーグ後期第8節A卓レポート
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

近代麻雀プレミアリーグ後期第8節A卓レポート

2015-12-25 19:00
    208307727c38d9911918cab45367592f295f3987
    2015年8月から最強戦CHで配信されている「近代麻雀プレミアリーグ後期」の各節レポート


    後期より月1回で2節を一気に生放送するシステムに変更した近代麻雀プレミアリーグ。今回の出場選手は前期から連続出場となる小林剛・鈴木達也・藤田晋・佐々木寿人、さらに後期より出場の村上淳・滝沢和典・鈴木たろう・和久津晶の8名となった。

    第8節(予選最終節)A卓は、起家より和久津・藤田・滝沢・村上の並びとなる。
    33340fc1c7aa09730cb81ef72c328665a0d586f6

    この対局の焦点はズバリ、和久津と藤田のうちどちらが上になるかである。順位が上なら暫定3位以内を確保し、決勝進出を果たせる。

    東1局。まずは南家・藤田が仕掛けていった。
    8c0824140f68ae4e63307e829366a1b6e56421aa

    4a9506449eea18240d9e1687babf5fda141786e0

    pai_s_hatsu.jpgをポンして残った形がこれ。やや遠い仕掛けだがドラのpai_s_9p.jpgがトイツなので打点的には申し分ない。藤田は和久津の下家でもあり、牽制の意味もあるだろう。いかに和久津が攻撃型とはいえ、当面のライバルで下家の仕掛けは意識せざるを得ないからだ。

    その和久津の手が止まった。
    75385ab7a7e65791c46977383aca6b0fbfaaf311

    32cd52b88264ace9d6d01c1bce34113ef9258c74

    メンツ手でもチートイツでもイーシャンテンで選択が難しい形だ。親の場合、メンツ手に向かうのが一般的だ。ただ、pai_s_nan.jpgは1枚、pai_s_sha.jpgが2枚切れの状況でイーシャンテン維持は難しい。仮にpai_s_sha.jpgを捨てたとしてテンパイまでにpai_s_nan.jpgも枯れてしまったらアガリは絶望的になる。そこで和久津はpai_s_6s.jpgを捨ててチートイツに決めた。

    そして西家の滝沢にも大物手の気配が漂っていた。
    796b9451b8e28a35feb82e585523a0d9c41d4dc6

    ddde0e722677c757e1146fe8ae973e3f97af450d

    メンホンかそれともトイツ手か。滝沢はここでpai_s_9m.jpg切り。これなら両方を追える。

    この時点で藤田はドラ雀頭のpai_s_2m.jpgpai_s_5m.jpgテンパイを入れていた。が、それをかいくぐって和久津・滝沢が追いついてくる。

    まずは親の和久津。
    60be57e1df9353f2a5149826561e980b93640412

    和久津は打pai_s_pe.jpgでドラ単騎リーチをかける。アガれる可能性は高くはないが、これをアガれば決勝卓の椅子がぐっと近づく決まり手になる。

    が、そのドラは藤田が吸収してしまった。
    d5ba880d69ef19b0e5d43375f435603886de35d6

    とはいえ、藤田もこれは苦しい。単なる無スジなら切り飛ばすだけだが、ドラでしかも使うことが可能な形だけに藤田も悩む。藤田は和久津の現物pai_s_4m.jpgを捨て、pai_s_3m.jpg単騎に受けかえる。こうした以上、次にさらに切りにくい牌を引いた場合は、現物のpai_s_3p.jpgを中抜いてオリるかもしれない。


    このpai_s_4m.jpgに滝沢が動き、テンパイを入れる。
    cdfee97ffdb26bf189a76c0ec5fdfade0aa463d1

    滝沢の待ちのpai_s_8m.jpgをすぐに藤田が掴んでしまう。テンパイを維持した藤田が滝沢へ3900の放銃となった。

    b3b859ff0ab9a612a5c633c37785f18b4a5d7ebe

    3318c2593632f141d7f9cb28a37a0183da7b3bf1

    このアガリで先行した滝沢を追いかける形になったが、以降はなかなかアガリが出ず、東場は流局時のテンパイ競争となった。東4局2本場、和久津がアガリを決めてライバル・藤田との点差を広げた。

    114badbdc3dafc478425e64b63c6fdd665eaf55d

    da11d3833cd204d1768ff2f5d35c4e13fb8cc9b5

    これで並びは、滝沢29300 和久津28200 村上23400 藤田19100 となる。まだ、大きな差が開いていないので南場でひっくり返る可能性は十分ある。



    南1局。まず親の和久津が仕掛けていく。pai_s_chun.jpgpai_s_9m.jpgをポン。トイトイまで視野に入れた鳴きだったが、そこまでは伸びず単騎待ちのテンパイ。
    3bbb6cfd99ababcacab958ea2e6657c2f6f82870

    和久津はpai_s_3m.jpgを切るのを躊躇っていたが、たしかに打pai_s_haku.jpgpai_s_3m.jpg単騎に取るのも面白い選択だ。

    さて、この仕掛けに南家の藤田も呼応する。
    42b914292e8959344e85cafa39de35da7d7e6936

    a7b56c1b5513f17c47d7ab81e775a5375982ea8c

    和久津の捨てたpai_s_3m.jpgをカンチャンでチー。できればメンゼンで仕上げたい手牌だったが、これ以上アガられたくない和久津が2フーロしている状況で悠長な構えを取っていられない、といったところだろう。次巡、藤田はpai_s_4p.jpgもチーしてカンpai_s_5s.jpgのテンパイに取った。

    しかし、この2人の仕掛けにメンゼン2人が襲い掛かる。
    ccd6210918ea0bc2a2dbc733d2af8126828e5d55

    af19e8f9b0761f50844a4b4a98c90f64a9ca75bb

    まずは村上。村上もタンヤオドラ1のテンパイを入れていたが、567の変化を待ってヤミテン。そこに待望のpai_s_7s.jpgを引き入れてリーチをかける。

    さらに滝沢も追いついて追っかけリーチ。
    a2b2438a74a51543a302966c38747caf9b37e581

    これではさすがに和久津・藤田は白旗を挙げるしかない。状況的に超特大トップが必要な2人のリーチが安いはずがない。自分が放銃すれば、致命傷になりかねず、相手を利するだけだからだ。

    こうなれば必然的にリーチ者同士のめくり合い。ここは滝沢がpai_s_8s.jpgを掴み、村上の満貫のアガリとなった。
    8fda59c36aa288e784228a476e5788f8eb9023d5

    そして南2局。藤田が親を迎える。ポイントで和久津を上回るためには、ここは何とか連荘を果たしたいところだ。
    261e17b70349169f0c33fb00834b1a53088398f4

    この局は上家の和久津が仕掛けを入れ、また下家の滝沢はピンズのメンホン模様の捨て牌。そんななか、藤田の手は11巡目に次の形になった。

    4ba5503bd85404ce16d06d8a140224dd0c3e7b78

    チートイツのイーシャンテンである。この巡目からのチートイツ以降はノーテン親流れのリスクはあるが、メンツ手をメンゼンで仕上げるのも困難で、かつテンパイしても安そうだ。ここで藤田は打pai_s_4s.jpgでチートイツに決める。14巡目、藤田はpai_s_8m.jpgを重ねpai_s_5s.jpg単騎でリーチ。これがなかなか良い待ちで、藤田はpai_s_2s.jpgを捨てていて、pai_s_7s.jpgが全員4枚見えという状況である。山にも残っていて出も期待できる。

    だが、ホンイツ狙いの滝沢がリーチ後に藤田が捨てたpai_s_7p.jpgをチー。pai_s_7p.jpg二度受けでホンイツドラ2のテンパイで追いつく。
    32788c88ff5c595332aad72de0a4cba3398afc3c

    そして、この待ちを再び藤田が掴んでしまった。
    6e024cef6524dacfc735af5a53d7fcf757d27d12

    これで滝沢が満貫のアガリ。
    864364c58e87d52ef68f2723d33184c65c5c3121

    放銃で親を落とした藤田は一気に苦しくなる。オーラス、藤田は満貫をアガったもののラスでこの半荘を終える。

    1d8c46749c68db654bdefd792f1105c7663670e3

    a9a812d2686554cd5d715c4a82713cfbf2504593

    なお、この半荘はオーラスの2600オールを決めた村上がトップで終了。和久津は3着だったが、マイナスが小さいので決勝進出が確定した。

    第8節A卓結果
    村上+52.7 滝沢+9.6 和久津-16.7 藤田-45.6

    この時点でのトータルスコアは以下の通りである。
    610aa7c28e27017f8652e4eaffd162d776fc4def

    このA卓終了時で暫定5位となった藤田の決勝進出はB卓の結果次第ということになった。4位に浮上した達也が藤田を下回るマイナスとなるか、あるいは現状2位の寿人が箱ラスを食うかすれば藤田が決勝に再浮上することになる。

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    麻雀最強戦ブロマガ
    更新頻度: 未定
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。