• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

敗れし強者たち【江崎文郎】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

敗れし強者たち【江崎文郎】

2016-01-09 19:00
    最強戦ファイナルを戦った選手は対局中に何を考え、どう決断していたか? 気になる局面をピックアップし、直接選手に聞いてみた!

    全日本プロ代表決定戦では182名参加の予選を勝ち抜き、さらに翌日の代表決定戦では8分の1の難関を見事クリアし最強戦ファイナルに駒を進めた日本プロ麻雀協会のルーキー・江崎文郎。江崎は、魚谷侑未・近藤誠一・片山まさゆきを相手にC卓の戦いに挑む。

    「対局が始まって相手3人の雰囲気をどう感じましたか?」
    江崎「
    落ち着いていて、それでいて静かな闘志を燃やしているような、いい緊張感の中始まりました 
    8eb12c4f9620a6e2a7bff8e136144de5e4b28414

    東1局から2局続けての流局。出だしは皆慎重で、重たい場となった。東2局2本場、江崎の手は決して良いとはいえない。江崎は下の手から打pai_s_2m.jpgでマンズのカンチャンを払っていく。
    02feaeac34bccacf80c948a8ef6462b79155a373

    「このときの構想を教えてください」
    江崎「
     ストレートに打つならpai_s_9p.jpgか字牌ですが、現状0メンツかつ愚形がありメンゼンでは遅い手でした。pai_s_chun.jpgを鳴いてそのまま進めると守備も効かないノミ手で中盤以降ぶつかりそうだったのでpai_s_chun.jpgは出てもまだ鳴きません。pai_s_5p.jpgpai_s_8p.jpgpai_s_9p.jpgpai_s_haku.jpgpai_s_ton.jpgなどが来ればピンズの染めが現実的に見えて鳴いていけるので、そこはギリギリまで逃したくありませんでした。そうなると切る候補がpai_s_2m.jpgpai_s_9s.jpgで、一応3トイツあってかつ、手をブクブクにしたくなかったのでマンズのカンチャンを払いました

    この後、下家の片山が
    pai_s_haku.jpgpai_s_ton.jpgとポンしてソーズの染めに走った。それに対応しながら、江崎にもテンパイが入って即リーチをかける。
    25947d61a329ae0602b8f8095fd440350b6cd324

    「このテンパイは感触が良かったんじゃないですか?
    江崎「はい、かなりアガれるだろうと思っていました。自分の目からpai_s_2p.jpgが4枚見えてpai_s_1p.jpgが相当よくて、かつ、対面はカンが入ったからのツモ切りリーチで愚形っぽいので」

    6ea8d5bef10f17ec3a38989802351180bf804210

    結果、魚谷が
    pai_s_1p.jpgを掴んで江崎のアガリ。ただ裏ドラは乗らず…。
    江崎「これが2600で終わったのが切なかったです」



    続く東3局の親番。この局も魚谷がpai_s_hatsu.jpgを暗槓し、槓ドラのついた局となる。ここで江崎はタンヤオドラ2高めイーペーコーのテンパイを入れ、即リーチをかけた。
    46e595238399831a054be44f07308fdc207f99a5

    2431777f987d905a8f12c914e452b525f97746bb

    タンヤオドラ2高めイーペーコー。最低7700あるのでヤミに構える人もいそうですが、江崎さんは普段からリーチをかけることが多いですか? それともいつもはヤミテンだが、最強戦の頭取りを意識してリーチをかけたのでしょうか?」

    江崎「決めにいきました。最強戦ルールだとラス親との一騎打ちになりやすく、その一騎打ちの時にどれだけ点棒を持って戦えるかを意識していました。この手を7700でアガッてそのオーラスで耐えられるのかというのが頭によぎってリーチに行きました。 普段はおそらくダマテンにしていると思います」

    この手をアガることはできず流局したが、続く1本場でも江崎にチャンス手が入っていた。ツモり四暗刻のイーシャンテン。しかし、このとき近藤のリーチがかかっていた。江崎はこの手牌からリーチのスジを捨てて放銃となる。
    30cd6d8dadd4471f0d165884563eba14fd6334f0

    54821d0be45e3876026582b65e2b26472b7fbfd6

    近藤さんのアガリ形を見て何か思うことはありましたか?」

    江崎「形だけ見て、2枚見えのカンチャン曲げるのかぁと思いましたが、pai_s_2s.jpgpai_s_4s.jpg三枚ずつ見えてたからかなぁ、上手く捉えられたなぁと思いました。親番で2回手が入って、モノにできなかっただけにキッツイなぁと思いました」

    d3ba30b273a5f58095e4025fdc3000354ff653a5



    南3局。北家・近藤がpai_s_6s.jpgpai_s_chun.jpgをポン、さらにpai_s_chun.jpgを明槓、pai_s_9p.jpgを暗槓と激しく攻めた。
    9bd6d6693c02b143f696071d6263ce6e2e16f952

    9ddcfa9533f0f176348873ff28d2436779f93a77

    これを受けた江崎の手牌が次の形。
    59d0e6c37b70460b9f0cc52211e7d147d0572f1f

    テンパイまではまだ遠く、かつ近藤への危険牌もある(実際にpai_s_3p.jpgはロン牌)。が、ここで江崎はション牌のpai_s_3s.jpgを切り出した。

    ション牌は打ちづらいところでしたが、ここからpai_s_3s.jpgを捨てた理由を教えてください」

    江崎「近藤さんの1,2巡目がpai_s_1s.jpgpai_s_2s.jpg手出しだったので流石にpai_s_3s.jpgはないだろうと思って、ギリギリまで親番を粘りに行きました」

    が、実際に近藤の待ちは手順からは読みづらい
    pai_s_6m.jpgpai_s_3p.jpg待ち。魚谷がこれに捕まった。
    0838e1037588978d60d8a60c812c002ff9f87c17

    「この最終形をみたときどう思いましたか?

    江崎「アガリ形を見て、近藤さんのpai_s_5m.jpgpai_s_3m.jpgの手出しを覚えていたので驚きました。 私も自分の手がもう少し粘れる手でpai_s_6m.jpg掴んでいたら放銃していたかもしれません」



    僅差で迎えたオーラス。江崎もひとアガリでトップになれる位置だったが、手牌がとにかく苦しい。ラス親の片山がリーチをかけたことで、江崎もツモか近藤直撃なら何でもOKという状況となり、食いタンに走った江崎もカンpai_s_3p.jpg待ちのテンパイを入れる。

    fc91b0f88d73cde36602f4dda7a7db0182794823

    この局は序盤に魚谷が早々にチートイツドラ2のテンパイを入れていたが、なかなか絵が合わず長引いていた。そしてこの局面。

    f73c162d553659548805ecfb0eb45f26c2d4923e

    魚谷がpai_s_8m.jpgを掴んだ。pai_s_1m.jpgはリーチの片山の現物で、他家も不要にみえる絶好の待ちだったが、pai_s_8m.jpgがリーチの片山に切りづらい。そこでpai_s_1m.jpgを捨てたのだ。

    「実況席では、『魚谷プロがpai_s_8m.jpgをツモ切りしていれば江崎プロはポンしていたか?』ということが話題に挙がっていました。pai_s_8m.jpgが出たら江崎さんはポンしてpai_s_4m.jpgpai_s_7m.jpgに待ち変えしていましたか?」

    江崎「pai_s_8m.jpg鳴きます。対局後に質問された時はテンパっていないところからのpai_s_8m.jpgかなにかと勘違いしていたと思います。すいません。pai_s_4m.jpgなら鳴かないと思います。pai_s_3m.jpgも悪くないなと自分では思っていたのでpai_s_4m.jpgポンのpai_s_4m.jpgpai_s_7m.jpg待ちとそれ程差があるとは思えませんでした」

    なぜこれを聞いたかというと、次の魚谷のツモがpai_s_4m.jpgだったからである。
    680e2d4f9f2f230f099b6a37441233b7b8a7f2d2

    魚谷の一打が変わっていれば、おそらく江崎が勝ち上がっていただろう。結果、この局は近藤の1人ノーテンで流局したが、その1本場で近藤がキッチリ差し返して勝ち上がりを決めた。



    db4b75a328f1415e7447d04c8b12548995ba7cd0

    半荘1回という短い勝負でしたが、終わってみての感想はいかがでしょうか?」

    江崎「東場の親番のことや、オーラス条件満たしたテンパイを2回入れていてトップが見えていただけに悔しいです。やはり最高位は強いなと改めて思いました」

    周囲の人からはどのような感想をいただきましたか?」

    江崎「周囲の人からは惜しかったねと慰めの言葉を多数頂きました。今回の対局を糧にしてより強くなりたいと思います」
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    麻雀最強戦ブロマガ
    更新頻度: 未定
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。