幕張公演のチケットを血眼になって捜し求めていたらハシヅメ ヒロツグという詐欺師に騙されそうになり腹が立っている話(拡散希望)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

幕張公演のチケットを血眼になって捜し求めていたらハシヅメ ヒロツグという詐欺師に騙されそうになり腹が立っている話(拡散希望)

2017-06-02 22:22
  • 3
お疲れ様です。かなり久々の更新になります。本来であれば、つい先月ついに幕を閉じたキン肉マンの新シリーズについて突っ込みたい所を認めるつもりでした。



祖国のイギリスでは無く日本の鳥取砂丘で眠っているロビンマスクを助けてやれとか、テリーマンの義足をフェイスフラッシュとかご都合主義パワーで何とかしてあげて欲しいとか、始祖の不老不死システムを無くすのはいいけどそれだと今頃世界を放浪しているであろうジャスティスマンが道端で行き倒れる事になるんじゃないのかとか。



前置きにすらなってない前置きはこの位にしておいて、タイトルに触れていきましょうか。


まず、何のチケットを探していたのか説明しますと7月8日と9日に亘って開催される
『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!! 幕張公演』です。(一応、CuPなんでピンクにしておきますね)
アイドルマスターといえば、東方やボーカロイドと同じくニコニコ御三家と言われているくらいなのでご存知の方も多いと思います。かつてDSで発売されたディアリースターズと、最近はデレマスにミリオンライブやsideMなど様々な派生タイトルが登場しています。ミリオンやsideMもリズムゲーム化が決定したりと、アニメやコミックス以外にも多角的に発展を見せているビックコンテンツだと言えるでしょう。


派生コンテンツの内一つ、デレマスやモバマスと呼ばれているアイドルマスターシンデレラガールズ。4月4日からシンデレラガールズ劇場のアニメが始まり、益々盛り上がっていますね。以前はライブのチケット転売が目立ち、昨年行われた4thライブでは公演二日間分のチケットになる通し券の値段が10万円以上の値段でオークションに掛けられる等の事態にまで発展していました。ですが、今回の5thライブでは本人確認が行われているのでチケットを買って転売をしても誰も買い手が着かず仕舞いには定価や定価以下の値段に引き下げてでもチケットを捌こうとする……という光景が各オークションサイトで見られました。


そのおかげで「転売屋さえ居なければ俺があのチケットを買えたかもしれないのに……」というストレスを感じなかった人も居るのではないでしょうか。実際、多くのプロデューサーにチケットが回り、僕も宮城公演や福岡公演のチケットを入手できました。


というのがデレマス界隈について詳しくない方、或いはデレマスには詳しくてもライブには行った事が無くてその辺の事情を存じてないへ向けた簡単な説明になります。それでは本題へ入りましょうか。


あれは5月28日の深夜でした。eplusのcd先行, web先行, 一般販売の全てにおいて敗北して幕張公演のチケットを一枚も手に入れられず途方に暮れていました。そんな時、「twitterでチケット譲渡のツイートが無いかな」と適当なキーワードを入れて検索を掛けました。そこで出会ったのが、タイトルにも出ているハシヅメという男です。


リプライをリツイートして拡散し、チケット取引の手助けをしてくれる某botに拡散されていたせいか話題のツイート欄に出ていた気がします。当時のツイートのスクショがあれば良かったのですが、こちらが詐欺だと気付く前に彼の手でツイートが削除されてしまったので手元にはありません。ですが、書いてある事は大体こんな感じでした。


・7/9(日)の デレマス5th幕張公演のチケットを譲ります。
・チケットはCD先行です。
・ライブに参加する予定でしたが自分は引退したのでチケットを譲ります。
・詳しい話はDMで。
・友人に本人確認対応をしてもらう予定。


「まぁ、本人確認対応してもらえるなら大丈夫だろう」と軽く考えて、私は彼にリプライを送信しました。今思うと、ここから全て始まったといっても過言ではないでしょう。


当時DMで交わしたやりとりを一部加工してお見せしたいと思います。(一応、プライバシーの為に一部加工致します。)



①こちらがその画像です。まずは簡単に挨拶して、条件の確認をしました。最初は円滑に取引を進めようとしているのかな感じましたが、今思うと取引(詐欺)に持っていくのがかなり手馴れているなという印象を感じます。
ここで出ている先払いとは料金の先払いの事を指します。相手の指定した口座にこちらが予めお金を振り込むんですね。僕がデレマス4thライブの通し券を当てた時も、当時学生でお金に余裕が無かったので連番者に先払いをお願いした事があります。通し券二枚で40000超えするんですよ、アレ。


次は画像を二枚続けて出します。



②別に後出しじゃんけんをする訳ではないですが、正直開口一番に金の話をし出す辺り何か怪しいなと感じていました。というのも、彼のアカウントは初期アイコンで取引専用アカウントなのか普通のツイートも無ければフォロー数は0。デレマスのファンっていう感じが全くしないんですね。その上、先払い希望となると金だけ持って逃げるのではと思いました。なので、仮に逃げられても相手の足取りが着くように相手の住所や連絡先、並びに同伴するという友人の連絡先もくれと言いました。


後はチケットの当選画面ですね。それを訊いた理由は次の画像を見せてから説明します。
後、当選画面を見せろと言って何故かチケットの引換券が来ていますが、こちらの下側を黒で塗りつぶしている理由は後程。



③支払い金額を求められました。新社会人で手持ちに余裕の無い私は「定価じゃねえのかよ。それじゃあ、譲るんじゃなくて転売って言えや」と直情的かつ条件反射で言いそうになりましたが、飽くまで譲って貰う立場なのでぐっと抑えます。それにCD先行ですから。きっと良い席に違いないと思い、相場より多く払ってもいいかなと思いました。夜に飲むお酒を我慢したり、買いたい本を我慢すればお金なんてすぐ貯まりますからね。


で、この時一つ思いました。彼はCDを40枚積んでチケットを当てたそうですが、寧ろCD40枚しか積んでいないのかと。


分からない方に簡単に説明しますと、デレマスは対象のCDを買うとCD先行というライブ会場のアリーナ等の良い席の抽選に参加できるシリアルが一枚付いてきます。先行と付くだけあって、一般販売より断然良い席に巡り合える確率が高いのです。他にも予めeplusで抽選に参加できるweb先行というのがあり、比較すると CD先行>web先行>一般販売 という感じです。つまり、CD先行はライブ席の最高級品。そんな風に思って下さい。(一応、例外として対象のシリアルがDVDやブルーレイに付いているケースもあります。そっちの場合は一枚でCDのシリアル複数枚分抽選に参加できたりします)


つまり、CD先行はCDを沢山買ってシリアルを応募した方が単純に持ち駒が多くなり当たる確率が高くなると一般的に考えられています。以前良く話題になったニュースで、某アイドルグループ総選挙の投票券がCDに付属されているからCDを百枚単位で買って自分の推しの順位を上げようとしている方が結構いらっしゃったのをご存知でしょうか。ご存知でしたら、話が早いのですがあんな風にCDを爆買いする人が後をたちません。
80枚とか100枚とか200枚とか、その位CDを買ってツイッターに画像を投稿する人も居ました。そして、抽選に望むのですがそれでも外れている方が多く当時のTLは怨念や怨嗟の声で一杯でした。


そういう事があっただけに、CD40枚で何枚当てたのか私は非常に気になりました。というのも、彼は私と取引をしている最中も例のbotを用いてチケットの譲り先を探しているんですね。当然、幕張公演のチケットは皆喉から手が出る程欲しがっているのでリプライを飛ばします。そういう方々に彼は片っ端から声を掛けるのですから「オイオイオイ。お前、本当に取引する気あるのか」と思わざるを得ません。





④こちらも金額を提示し、相互納得が行った所で明日も会社なので眠ると言って一旦会話を中断しに行きます。iphoneの灯りを消して目を瞑りました。そして、この翌朝から怒涛の展開に入ります。





⑤この取引の始めに私が求めた情報を、私が寝ている間に相手が送ってくれました。一応、一部を加工しておきます。住所の下には彼の名前が漢字表記で書いてあります。



(画像に表示されている三名には今回の記事に掲載する事を許諾いただいています)

⑥それで、内容を翌朝確認しました。個人情報をいただくじゃないですか。そしたら、普通はまず調べますよね?手始めに住所を調べましたが、google mapで出てきませんでした。「実在するけど地方だと、たまに出てくれない事あるよね」と寛容な精神で次は名前を調べます。すると、まぁ面白い情報が出てくる。「ハシヅメに騙されました」とか「名前をちょくちょく変えて詐欺をやっている」とか。「これは詐欺師でほぼ確定だろ」と思ったので、私は思い切って彼にスクショを撮って突きつけました。

すると、ハシヅメは何て言ったと思います?次の画像をお見せしましょう。



ハシヅメ「詐欺ではありません。口約束をした所、言いがかりを付けられました」


正直、こいつ何言っているんだと思いました。せめて「いや、私じゃありません」って否定するならともかくとして、この三人と取引した事を認めた上で「詐欺ではありません」ってそっちを否定するのはちょっと頭弱いのかなと思ってしまいました。


そして、この後五分位何も話さなくなったので話題を変えます。



⑧チケットの当選画面提示再要求。チケット引換券じゃなくて、今度こそ当選画面を見せろと言っている訳ですね。だって、こうして俺とやりとりしている間にも沢山の人と交渉している訳ですから。既に何名に売れたのかは知りませんが、そんなチケットが当選するとは到底思えませんし怪しいじゃないですか。


というのも、先程説明したCD先行について補足説明しますと7/9の幕張公演に応募出来るシリアルがついてくるCDというのが今回は三種類あるんですよ。

第二弾先行抽選申込シリアルの封入CD】

 ・THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MATSER 09 ラブレター (3月1日発売予定)

 ・THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 046-048 (3月15日発売予定)

 ・THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER Treasure☆ (3月22日発売予定)

シンデレラガールズ5thライブツアー 第二弾「CD封入先行」対象のCD発表!! http://idolmaster.jp/blog/?p=27105 より引用

というようになっています。抽選シリアルが付いてくる対象のCDに収録される楽曲は新曲が殆どなのですが、当然ライブのセットリストに組まれている事が多いです。(出演者にもよりますが)
そんな事から、ライブに参加しようと思う人はこういう対象CDを全種類最低一枚は買う場合が殆どです。


要するに、彼が積んだ40枚っていうのは常人が最低限買うCD枚数の13~14倍多めに積んだだけなんです。数字で表記すると凄い風に思いますが、最低限CD買って応募すれば別に必ず一人一枚当たる訳ではありません。


だから、友人や知り合いにPが居る方は「チケット当たったら連番組むから協力してくれ」みたいな感じで手を組んで当選確率を上げたりします。それでも、当たらない時は当たりませんが。かく言う私もチケットが当たらず、1stと2ndはLVで我慢して初めて現地参戦したのは3rdからです。しかも、二日間の公演のうち片方は、自分でチケットを当てたのではなく譲渡のツイートを見て参戦させて貰いました。
何度も言わせて貰いますが、40枚CDを買って積んだ所でそんな駅前のティッシュ配りみたいにホイホイ渡せるほどチケットは当たらないからな普通!



⑨すると、返信が一度に沢山返ってきました。順に説明します。
表で何か言っている→この時、私はこいつを詐欺師だと断定してその事をツイートしてました。まぁ、断定したのには理由がありますが。流石に、あっちもこちらのツイート見てるんですねえ。そのツイートしたの数時間前ですけれども。


もう問題になっているのに~→別にこいつ個人を指して言っていた訳ではないのですが、問題になっていると思っていたみたいです。何もしたくないというのは、これ以上こちらに情報を渡したくないという事でしょうか。それは困りますね。
それとも、あれですかね。問題っていうのは、自分が過去に詐欺をしてそれが問題になっている事が私にバレたっていう話の事ですかね?


犯人確定みたいですし、そちらの個人情報を伺っていない→犯人確定なのは後で説明します。そして、個人情報に関してですが何で僕がこいつに個人情報を開示しなくてはいけないのでしょうか。まず、このDMであいつは先払いが条件だと開口一番に言いました。私はそれに同意したから「先払いは不安だけど名前や住所、電話番号を教えてくれれば良いよ」という意味合いであちらの個人情報を求めたのです。
つまり、これでやっと互いの条件を満たして話を進められるのです。まぁ、本当はある意味満たせていないのですが。


後、一人で申し込まなければ会場多いんで当たる→何人で応募したかは知らんが、お前ずっと幕張7/9公演のチケットで釣ろうとしているから言及してるんだろうがこのビチクソが!それに、お前7/9幕張公演以外のチケット全く譲渡してねえじゃねえか!引退したんじゃねえのか!色んな会場に応募したなら出せやハゲ!


声を掛けて条件が合わなければ止めますし→あっ、そうなんだ。ふーん。


一枚の画像にこんな突込みを入れたのは初めてです。総括すると彼って凄い怪しいですし、私はこの時点でこいつを詐欺って決め付けているというか確定なんです。何故かと言いますと。
実は、こいつの相手は片手間に詐欺被害者の方とDMで話をしていたからです。
お相手さんに許可を得ていないので、この場でやりとりを晒す事は出来ませんがなかなか面白い情報を得る事が出来ました。


①ハシヅメ ヒロツグは本名だけど、偽名を使っている。
②住所は全て出鱈目
③ハシヅメは愛知県民の可能性が高い
④銀行口座に振込みが確認できたら、以降幾ら話しかけても出てこない


アシがつかないように徹底している様で微妙に隠せていない間抜け詐欺師の鑑。


では、順に説明します。まずは偽名について。では、先程黒で塗りつぶした画像の一部の加工を取り除いてもう一度貼らせていただきます。







あっ、面倒くさくて殆ど加工していない画像を出してしまいました。まぁ、いいでしょう。
(因みに、ここに掲載されている電話番号は調べた所どっかの業者に繋がる番号みたいでハシヅメには関係ないようなので、電話されない方がいいです。)


皆様もご存知だと思いますが、銀行口座の名義って大体カタカナ表記なんですね。だから、当て字みたいに同じ読みの全く違う漢字に変えて名乗るだけで、全く別の名前で別の人間に成り済ます事が出来るんですよ。私と被害者の方が行ったDMでも、ヒロツグという名前が違う漢字で表記されていました。それに、情報開示した時の改行の癖とかも殆ど一緒でした。これで、私は今話しているハシヅメと被害者の方が言うハシヅメが同一人物である事を確信しました。


次は住所です。愛知県常滑市大野町8-116に住んでいるそうですね。では、一回調べてみましょうか。今回は地図検索サイト マピオン(https://www.mapion.co.jp/)を使ってみましょう。



はい。簡単に愛知県常滑市のページまで来ました。常滑って「とこなめ」って読むんですね。ここ使うまでずっと「じょうかつ」だと思っていました。


そうそう。大野町。確か8-116でしたね。





あれっ!?おかしいぞ!115と117に116が無いっ!!?これは一体全体どういう事なんだ!?


……茶番はこれ位でいいですかね。まぁ、つまりそういう事です。こういう穴みたいなのを使って存在しない架空の住所をでっちあげて人を安心させ、人を騙して金を取る。テレビで観たような典型的なパターンです。でも、こういう穴が分かるのって、やっぱりハシヅメ自身が愛知県民だからこそ分かる事なのではないでしょうか。このまま、ハシヅメが愛知県民疑惑を掛けている理由をお話します。



まず、これは私がハシヅメから貰った画像です。下にチケットの支払いを行った店舗が出ていますね。調べてみたところ、この店舗はどうやら愛知県にあるみたいなんですね。そして、また先程ほぼ無加工で出した画像を振り返ってみましょう。一番下に振込先の銀行口座についてありますね。

この岡崎信用金庫ですが、どうやら静岡や愛知県にある地方銀行みたいなのです。それを振込先に指定してくる辺り、やはり愛知県民である可能性が高いです。それと、先程お話した被害者の方が見せてくれたハシヅメとのやりとりでも振込先は岡崎信用金庫ではありませんでしたが某銀行の愛知県にある支店の口座でした。


こちらのミスリードを狙っている可能性もあります。以前は愛知県に住んでいて、今は別の場所に引っ越している線も捨て切れません。ですが、チケットをこうして引き換えている以上は愛知県内は彼の行動範囲に含まれていると考えても良いでしょう。


④については補足説明となります。被害者の方曰く、お金を振り込んだ後に確認完了のメッセージが届いてそれ以降は返信が来なかったみたいです。金を貰ったらトンズラというのは詐欺師の常套手段でしょうが、ここで先程ハシヅメとかいう詐欺師が言った事を振り返りましょうか。


ハシヅメ「詐欺ではありません。口約束をした所、言いがかりを付けられました」

こちとら開いた口が塞がりませんよ。人から金を騙し取っておいて口約束で済ますその腐った性根。少し人に訊いて調べれば分かる様な事なのに、平然と嘘を吐く幼稚さと面の皮の厚さ。こんな奴の言葉を信じる理由がありますか?


因みに、こういった場合皆様はどっちを信用しますか?


彼からお金を騙し取られたという事を証明できる当時のDMをスクショを保存していて、それを見せてくれた方と、
メールはフリーアドレスで電話番号はどっかの業者、名前も住所も偽装しているハシヅメ君。
まぁ、聞くまでも無いでしょう。僕はハシヅメを詐欺師と断定して、少しでも情報を引き出す為に相手の機嫌を損ねない様に言葉だけの謝罪をします。相手の言っている事がまるで正しいかの様に適当な言葉で理屈を並び立てます。学生の時は小説家志望だったので文章を書くのは得意です。


⑩そしたら、何故かチケット一組分の当選画面だけ見せてくれました。名前の所には橋詰とは全く別の名前が書いてあります。右下にパソコンの時計画面が出ていてメッセージが届いたのと同じ時間を示しています。彼はこれを友人の物だと言います。でも、考えてみて下さい。


そんな都合良く、現場に友人が居合わせていてハシヅメの前でeplusにパソコンでログインして当選画面の写真を撮らせてくれますかね?しかも、前のメッセージから二分しか経過していないのに。


僕はこう考えています。ハシヅメは譲渡先募集ツイートで友人に本人確認対応をして貰うと言っていました。でも、そんな友人なんて最初から居なかったのではないかと。eplusに当選したこのアカウントに記載されている名前、それはハシヅメがeplusで複垢を作るためにでっちあげたそれっぽい適当な名前なのではないかと。というか、それ以外考えられません。(ネットで拾ってきた線もあるかもですが)


でも、チケット二枚分は本当に当選した事が分かりました。私は、こいつが後何枚チケット当選したのか気になったので、話を続けます。


後、こいつ身バレってしたとか抜かしてますけど、どの口がそんな嘘抜かしているんですかね。





⑪だそうです。いらついてるのか焦ってるのか知りませんが、誤字がかなり目立ちます。あっちは私の態度の事を「おちょくる」と表現していますね。なるほど、確かに。そりゃあ、これは既に取引ではないですからね。おちょくりもしますよ。


そもそも、こちらは先払いしてやっても良いと言いましたし金額もあっちが納得する程払うと言いました。でも、ハシヅメはこちらが納得する情報を全く出していませんし、それどころか一番最初に開示した個人情報ですら全て偽物でした。
僕から言わせてもらうと、初めから取引なんて始まってなかったし成立してないですよ。
敢えて喩えるとすれば、それは一方的な搾取のやりとりか腹の探り合いです。


⑫もうハシヅメから有益な情報を得られないと思いましたので、適当にあっちの言う事に従います。最後の画像でやりとりは終了です。因みに、自分で俺を吊るし上げるとか警察に言うのかとか抜かしてますが私はしません。だって、お金振り込んでないし詐欺には実際遭っていませんので。こういう時、警察は実際に犯罪が起こらないと動いてくれません。モンスターパニック映画とか大体そのパターンですね。


結局、このハシヅメという男は最初から最後まで徹頭徹尾嘘を吐き続けていました。それで被害者面するんだから反吐が出ますね。


はい。これが私と詐欺師ハシヅメ ヒロツグが実際に行った会話の全てです。これが火曜日までに起きた出来事です。この記事を書き始めているのが金曜日なのですが、それまで何をしていたのかと言うと……
これ以上、被害者が出ないためにハシヅメ(ハシヅメと思わしきアカウントを監視)して、彼の譲渡ツイートに釣られて声を掛けてしまった方々へDMで注意喚起を行っていました。四日間で連絡が取れたのは十数名程です。あ、こんな突込みが飛んできそうですね。


「ちょっと待って、ハシヅメと思わしきアカウントって何? このオトー何とかがハシヅメの取引垢でしょう?」


いやいや、まさか。ハシヅメという人間は頭が弱そうですが、そんな単純な人間ではありません。強欲で狡っ辛く、そして三部DIOよりも小物臭いです。まずはハシヅメ疑惑のアカウントについて。


ハシヅメの事を調べると出てくる事なのですが、どうやらハシヅメは複数のアカウントを持っていて、詐欺がバレたら新しいのを作って使う。みたいな事を繰り返しているみたいなのです。証拠に、これまで見せてきたオトー何ちゃらはもう全く動いていません。このアカウントでは、満足する位食い荒らしたみたいですね。



じゃあ、そのアカウントがハシヅメの物だと分かったか。一度詐欺に使ったアカウントを放置するなら、そのアカウントは新規アカウントではないのか。確かにそうですね。
でも、ハシヅメのツイートにはある特徴があります。それについて話しましょう。

①ハシヅメではないかという疑惑があるアカウント(情報提供により確定しました)




②ハシヅメである事が確定しているアカウント




では、これらのアカウントに共通する点についてお話します。
①初期アイコン
②フォロー0、尚且つ普通のツイートも0で埋まってるのはリプライ欄だけ
③必ず先払い郵送
④某botを使って譲渡の知らせをしている。
⑤譲渡するチケットはデレマス5thライブ幕張公演のチケット(7/9)
ここまでは私が相手したハシヅメのアカウントとも共通していますね。一枚目のアカウントには先払いである事が明記されていませんが、彼の譲渡に飛びついた方へのリプライにその旨が書いてあります。もし、彼が消したら僕のツイッターアカウントで加工無しで晒します。


後は、その他にもbotに投稿したツイートに飛びついた人が現れたら一旦そのツイートを消して再投稿を行う事も共通しています。多分、私のように「こいつ何枚チケット持っているんだ」という疑問を抱かせないためにツイートを消しているのか、或いはtwitterは同じツイートを重複して投稿できないという仕様があるから一度削除してからまた投稿しているのか……。


で、次に何故このましゅもーというアカウントがハシヅメであるか判明したかについて。それは簡単ですね。実は、彼の譲渡ツイートにリプライを送った方に「そいつは詐欺師の可能性がある」と注意した所、なんやかんやあって私に協力して下さるという事になりました。それで、彼がハシヅメとDMでやりとりする事になり、もしハシヅメである証拠が揃ったら確定という事です。ちょっとした囮捜査みたいな物です。


それについては、長くなると思うのでオマケという形でこの記事の最後か或いはそれ用に新しく記事を書いて紹介します。


次に話したいのは、この四日間で私がその他何をしていたかについてです。先程、ハシヅメとのやりとりをした際にハシヅメの被害に遭ってお金を騙し取られた方についての話はしましたね。では、次は過去にハシヅメに騙されてお金を取られ、その後返金して貰った方についての話をしましょう。


まず、ここでお伝えしたいのはハシヅメ ヒロツグという男が今回何度目の詐欺を行っているかについてです。私が確認出来ている範囲だと、デレマスに関しては少なくとも3rdから。それ以外だと、ラブライブ!はAqours 2ndにも手をだしているみたいで、それ以外にもラブライブ!関係で少なくとも1公演で実際に詐欺を行いました。そして、私がこれからお話する方が言うには


2011年6月5日のISワンオクフェスティバルでハシヅメに騙されてしまったそうなのです。
正直、驚きました。まさか今から六年以上前から詐欺を行っていたなんて!(というか、そんなベテラン詐欺師には見えない位彼の頭は残念でしたが。)


でも、漢字名をちょくちょく変えて偽名工作を行うとか、住所の穴を突くとか、そういう狡さは確かにベテランならでは物だと感じられます。そういう意味では六年という歳月を掛けて詐欺ばっかしているというのも納得できますね。では、Q&A形式で、実際のやりとりを認めていきますね。


(私)Q.詐欺の被害に遭ってからチケット代金を取り戻すまでに至った経緯を、簡単で良いので聞かせて下さい。
(相手)A.一応自分から通報はして無くて、他の被害者の通報で警察側がハシヅメヒロツグの口座に振り込んでる人を調べて全員に連絡とってる感じで、警察側からこちらの自宅に電話がかかってきた感じでしたー それでそのときのメールのやり取りを警察にみせました それでしばらくたって、母親って名乗る人からこちらの口座に返金されましたね


という風に仰ってました。「えっ、警察?えっ?」となりました。思わず三度見位しました。「あいつ、警察に詐欺してる事一回バレてるの?」と思ってしまいました。(ハシヅメが実際に逮捕されたかまでは謎です)
その上、自分のお袋に尻拭いさせているのに一切悪びれた様子も無く詐欺をしているって……本当に救いようが無いわ。


(私)Q.返金された際にご自身が用意されたのはメールのやりとり以外でありますか?或いは、用意したほうが良いと思われる物がありましたら仰って下さい。
(相手)A.取り引きの際に使用した連絡手段はスクショ等で保存してたほうがいいとおもいます。 正直被害届けを出して警察が動いてくれない限りどうにもできないのが歯がゆいですね…


なるほど。電話のやりとりと違って、発言した履歴がそのまま残っていますからね。きっと、ハシヅメが警察のお世話になった際は通報が沢山来ていたので警察が動いてくれたのではないかと思います。沢山の声は大きな力になるという事ですね。


(私).返金の連絡を行った警察関係者の名前や連絡先、或いはどこの部署だったとか話が通じそうな方に繋がる情報を覚えていらっしゃいますか。
(相手).名古屋の警察だった気がするんすけど、しっかりとおぼえてないです。


今回、尋ねたのはこの位です。こういう事を人に訊くのは初めてなので、何を訊けばいいか分からないという。


ハシヅメに関して私から皆様へ伝えられる事はこの位です。今回こうやってお話したのを通じて、皆様もチケット詐欺の危険を少しでも感じ取ってくれればと思います。私自身、幕張公演のチケットが喉から手が出る程欲しくてハシヅメに声を掛けました。ですが、詐欺師というのは人の弱みに漬け込んできます。
私みたいなどうしてもチケットが欲しい人は焦りで心に余裕が無く、盲目的になります。普段なら絶対に引っかからないような話にも「話を聞くだけなら」と足を一歩踏み出してしまいます。もし、皆様がそんな事態に陥った時、この記事の事を思い出して貰って一度冷静に戻って欲しいと私は切に願っています。
アイドルマスターシンデレラガールズは魅力的で素晴らしいコンテンツです。だから、以前はチケットに多くの転売屋が蝿のように群がっていました。ですが、本人確認制度が導入されて転売屋が死滅していきました。それなのに、転売屋が死んだら次は詐欺師が微笑む時代になるなんてどこの世紀末ですか。


だから、アイドルマスターやラブライブ!、その他アーティストやコンテンツのチケットで詐欺に及んでいるハシヅメを私は絶対に許しません。あらゆるコンテンツの癌となっている彼を放っておく事は出来ません。


以前、私は韓国の大学に通っていました。ですが、環境が合わずにノイローゼになっていた事がありました。(唐突な自分語り)


そんな時に、私の心を支えてくれたのがアイドルマスターです。高校生の時に、毎週夜更かしして観ていたアニマスの放送から六年経ちますが今も私はアイドルマスターが大好きです。ニコニコ動画でニコマスという文化を知り、韓国ではぐるm@sや動画を観ながら精神を保っていました。日本に帰国したら「動画に出ていたどこどこのご飯を食べてみたい」とか、「あのアイドルのCDを買って毎日聴こう」なんてそんな事を毎日考えていました。


2011年といえば、先程話したハシヅメ(の母)から返金された方が行ったライブのあった年ですね。かなり無理矢理に関連付けましたね。すみません。ジョースター家とDioの因縁みたいな風に言おうと考えましたが、それはそれで気持ち悪くて嫌なのでやめておきます。


とは言っても、ハシヅメは飽くまで氷山の一角に過ぎません。世の中には沢山の詐欺師が居ます。そういう人に騙されてトラブルに巻き込まれないためにも、皆様には以下の事を心に留めていただきたいです。


1.初期アイコン、普段のツイート0等、コンテンツのファンであるのが感じ取れない様な人の話には乗らない。
2.チケットの先払いは絶対しない。当日現地で会ってチケットと代金を交換する。(どうしても事前に相手がお金が求める場合代金引換等を利用する。ただし、チケットを送付する際は相手に中身の見える透けた封筒で)
3.相手の連絡先や住所を確認する。(可能ならば、予め相手に会っておく)
4.相手が本当にこちらが希望する物を所持しているか確認する(画像検索をする)
5.銀行口座の名義と本人の名前が一致しているか確認する。
6.やりとりは必ずスクリーンショット等の方法で漏れなく記録する。
7.少しでも怪しいと思ったらその場で取引をやめる。


ですが、これだけを守っていれば絶対に詐欺に遭わないという訳でも無いと思います。もし、お時間があれば個人で調べるのをおすすめします。高い防犯意識が、ご自身を詐欺の魔の手からきっと守ってくれますから。


さて、次は私個人のお願いになります。私自身はハシヅメに金を振り込んだ訳ではありません。ですので、仮に私が警察に行った所で彼に更生のチャンスを与える事は出来ません。
これまで申し上げたようにハシヅメはアイマス以外でも詐欺に及んでいます。そして、その数だけ被害者の方がいます。私が皆様にお願いしたいのはこの記事がその方々の目に触れる様に拡散をしていただきたいのです。


たとえば、私がハシヅメに接触した前の月(4月)にはラブライブ!関係のチケットをファンにチラつかせて取引をしていた様です。(まぁ、どうせ詐欺でしょうけれど)


もしかしたら、ハシヅメの口車に乗せられて先払いでお金を振り込んでしまっている方が居るかもしれません。そういった方々に私は尋ねたいです。以降、ハシヅメから連絡はありますか?


私がハシヅメに接触するより前に、彼と取引をされたPの方が居ます。私が彼とDMで話をした時、既に彼はハシヅメの口座にお金を振り込んでいました。もう連絡もつかないそうです。もし、ハシヅメと取引を交わしている方は「まだ先の公演だし、いいや」と言わず返事の催促を行ってください。そして、可能であるならば取り返しのつかない事になる前にチケットの返金を頼んでみて下さい。


これまでハシヅメに騙されて泣き寝入りしていらっしゃる方も居ると思います。何とかもう一度立ち上がって、警察へ相談したり被害届を出しに行きませんか?先程も申し上げましたが、多くの声は力になります。被害に遭った皆様が団結すれば、きっと警察も力になってくれます。盗まれた物を返して貰うのは当然の権利ですなのですから。


だから、この記事が多くの人に届いて、皆様がハシヅメと戦う決心をするきっかけになればと
私は思います。それでは長くなりましたが、この記事のメイン部分は終了です。


これからオマケコーナー:「初期アイコン垢 ましゅもーはハシヅメか? 囮捜査大作戦」についてお話します。(協力 ツナ 様@ramo_tsuna)


事の顛末を話します。先日、ましゅもーというハシヅメの物らしきアカウントを見つけました。先程紹介したようにチケット譲渡のツイートをしていたのですが、それが前アカウントであるオトーなんちゃら(漢字読めない)と殆ど内容に差が無かったので怪しいと思っていました。
そんな時、ましゅもーにツナさんがリプライを掛けていたのでDMでましゅもーが詐欺師である可能が高いという事を話した所、ツナさんも前に似たような事を呟いているアカウントがあったのでましゅもーを怪しく思っていたそうです。



もしかしたら、オトーなんちゃらの事かもしれないと思いました。だから、ツナさんが彼と接触しているとして同じ感想を抱いているのなら……と考えました。幾ら共通点が多いといっても、証拠がある訳でも無いのに人を疑うなんて本来は恥ずべき事です。人と人はまず互いを信じて歩み寄っていかないと関係が始まりませんから。でも、ツナさんもそう感じているなら、僕の考え方も客観的なのかも思ったり。




そして、ダメもとで「ましゅもーの正体を暴きたいから協力してくれ」という旨をお願いしたら何とOKが出ました。この時、非常に嬉しかったです。これまで、ハシヅメの邪魔ばかりしてきたつもりでしたが、ずっと一人で孤独にやっていたものですから。キン肉マンⅡ世のブロッケンJRの「ふたりというものはいいものだ。 楽しい時は2倍楽しめる。 そして苦しい時は半分で済む」という発言を思い出します。


「もし、ましゅもーから返事が来たら教えます」という感じに話が進み、何と数時間後にましゅもー本人から連絡が来たという報せが来ました。この時、眠かったのを覚えているんですが「おっ。左様ですか」って何ですかね……。


そんな感じで「相手がハシヅメである証拠を得る」為のツナさんとましゅもーのやりとりが始まります。前回私がハシヅメと接触した時は取引を行うためにやりとりをしましたが、今回は相手の腹を探る事を目的としています。変な所でこちらがボロを出してしまっては、せっかく協力してくださったツナさんに申し訳が立ちません。緊張半分、どうせハシヅメなら何とかなろう半分で臨みました。



ハシヅメだと判断出来る材料だとして、前DMでやりとりした時の画像を提出。もし、ましゅもーが「自分は○○という名前で同伴する友達がハシヅメですが……」みたいな事言っても確定出来ます。チケット当選の画像はハシヅメがその場で撮った写真なので彼しか持ち得ないし、そもそも共有する意味が分かりません。下のチケット引換券も同じような理由で提出しました。



そんな感じでましゅもーからの返信を待ちつつ、あっちから来るであろう発言を想定して対策を練ります。もし、ましゅもーがハシヅメであるならば私の想定している(というか、オトーなんちゃらのアカウントで言ってきたようなやりとりへ)展開する可能性が高いのです。



はい『先払いは可能ですか?』出ました。先払いも何も、君は人からお金だけ取るんだから先払いも糞も無いだろう。後で配達や配送しないだろ、チケット。しかし、ここで懇親のミスをしてしまいます。内心、殆どハシヅメで確定と決め付けていたので名前や住所をこの時点で訊くようにツナさんへ指示します。
これは私がDMの始めに彼へ求めた物で、全く同じ流れです。もし、ましゅもーがハシヅメならここでピンと来てバレてしまう可能性が浮上します。しかし、気付いた時には時既に遅しという奴です。



自分で指示しててまーだ気付かないんですよね。そうそう。この前、ましゅもーのアカウントで何人にコンタクト取っているんだろうと思ってリプライ欄を見たのですが、ましゅもーがごちうさのチケット譲渡に飛び付いていました。
「お前、ごちうさ好きなのか……」とひそかに思いました。というか、アニメコンテンツが好きなのに良くそれで平然と詐欺が出来るなと。というか、もしかして詐欺で得たお金をごちうさに還元していたりするんですかね。






この直後位に、「はっ!?」ってなります。そもそも、配送配達の時に住所や名前が必要なら何で今訊く必要があるのだと。これでは牽制どころかノーガードで相手に顔を近付ける様なものです。でもね、僕この時凄い眠かったんですね。平日は仕事で朝七時起きなので、普段は日付変わる位に寝るんですよ。本当に眠かったんです。




ハシヅメの頭が弱いという証拠を提出。すると、ツナさんが以前見た怪しいアカウントいうのがハシヅメの前身オトーなんちゃらである事が判明しました。思わず、DM見ながら「ですよねー」って口走っちゃいました。





コンタクトを取った人(自分一人)。何でこんな事を抜かしているのか自分でも分かりません。多分凄い眠いのに、眠れない理由がましゅもーなのでストレスを彼にぶつけていたのだと思います。




所で、重複で当選って何ですかね?そこんとこ良く分からずにツナさんに返信していました。これも全てましゅもーが悪(ry






さて。切り込んできましたね。もしかしたら、私達を怪しく思ったのか。それとも、彼も眠たくてさっさと取引を進めたいのか。ツナさんのリプライにゆっくり返事したのは自分なのに身勝手な奴ですねえ。



それにしても、私が眠くてうまく指示出来ないのをツナさんが良い感じにアレンジしてましゅもーと話を進めてくれています。素晴らしいファインプレーです。彼が居なかったら成立しない作戦ですね、これは。





野生の勘的なサムシングでハシヅメであるのを感じ取っていました。3枚目に、ましゅもーが相場一万だと言ったら怪しい理由として彼とDMしていた際に彼がそう発言していた画像を提出しています。すると、何とましゅもーは二枚目で複数当選分とかいう謎単語を出しました。
彼が言うには譲渡分と複数当選分(両方ともチケットなんじゃないの?)を別で用意しているらしいです。どなたかお詳しい方いらっしゃいますか?


というか、そんな沢山チケット当たってるのに、何で7/9の幕張公演で偏ってるんだよ!だからさー!もー!お前、どんな豪運持ってるんだよ!


そして、四枚目ですが必要な情報を引き出したら後はとんずらするだけなので奴と縁を切る方法を提案しています。「DMの向こうに居るましゅもーは私達がこんな策を巡らせて自分とのDMに臨んでいるなんて想像もしていんだろうなー」とか思っていました。だからこそ、相手を出し抜くというのは快感な訳ですが。



!!!???
「に、二万!?いやいやいや、手数料込みで一万円位のチケットに対して相場二万て!しかも、本人確認が導入されて転売出来ない今そういう強気な事言うの!?お前、相場って何か分かっているの!?」なんて思いました。今考えると、私が彼の取引をこれまで邪魔しまくったから余裕が無い事が見て取れますね。それと、お気付きでしょうか。偶然かもしれませんが、私とDMしていた際もそうなんですが金額の表記が数字なんですね。10000とか20000とか。スマホではなくて、キーボードで打つ時は私もやりがちですが、これは無視できない共通点だと思います。



これ完全にツナさんも楽しんでるなぁ。後、良く見たら前の画像で相場二万だけど安くしていいという風にましゅもーが言っています。理由は謎です。でも、安くしていいって言うのはテンバイヤーだとあまり出ない意見なのではないでしょうか。普通、
(第三者から巻き上げた金 - チケット代金 = 純利益)という計算式が成り立つ筈なので、自ら利益を減らす様な真似をするテンバイヤーを私は見たことがありません。寧ろ、相手から取れるだけ取ってやろうという魂胆の輩ならオークションサイトで結構見ますけどね。そもそも、オークションってそういう物ですし。

そういう思考に至る事が出来るのは、ましゅもーが詐欺師だからなのかなぁと。詐欺師なら商品を渡す気なんて0なので、ある意味損失なんて殆ど無いに等しいじゃないですか。私とのやりとりでは、私を安心させる材料としてチケットの画像を使ってきましたが、あの画像を使いまわせば何人から金を巻き上げても損失は変わりません。本当、ヒッデー話。




こちらも「最終兵器25000円払います」ぶっぱ。そもそも、相手が安くするというのに相手の言う相場より上乗せするうまい話にましゅもーは乗ってくるのでしょうか。



こちらを怪しんでいるのか暫く返信がありません。でも、それは大いにありがたいことです。なんてったって、こちらは予習も対策も一切していないぶっつけ本番なので、相手が自分からこちらへ時間を与える事になり相手の返信に対する返答を考えられます。ましゅもーがもし詐欺師だったとしたら、彼は二流なのかもしれないです。



何とあちらが金額に満足しました。そして、そのまま私がハシヅメから貰った画像まで提出してくれました。しかも、チケットを引き換えた店舗名まで一緒!これはもう殆ど確定と言ってもいいでしょう。私の心の中ではUCとか英雄の証が流れていました。



もう殆ど勝利ムードです。ポケモンの対戦ならここからぜったいれいど や はさみギロチンが立て続けに当たって3タテされない限り負けないだろうっていう局面です。




もう眠たいんで、締めに入っています。そして、次に出てくる画像に注目してください。






ハシヅメだァアアアアアアアアアア!

という訳で、ましゅもー = ハシヅメが確定し、ハシヅメが複数のアカウントを用いて人を詐欺に陥れている事が分かりました。こういう事がありますので、皆様怪しいアカウントにはお気をつけ下さい。

追伸:ハシヅメさん、幕張公演のチケットで人を釣った後は八月のSSA公演にも手を伸ばすみたいっスよ。



……という訳で、いかがでしたでしょうか。記事を二件に分けるのが面倒だったので全て一記事に収めてしまいました。自分は騙されない、自分は大丈夫と思っていた私ですがまさか自分自身が詐欺に遭いそうになるとは思いませんでした。今回囮捜査に協力してくださったツナさんを始め、いきなりフォロー&リプライで「ハシヅメの事につい話があるのですが!」なんて事を言う私に対して快く対応して下さった皆様(ハシヅメに詐欺師だろと突きつけた画像のアカウントの皆様含め)には感謝の言葉に尽きます。


普段、私達は毎日のようにインターネットを使っています。インターネットがもたらしてくれた恩恵は大きく、SNSで遠くの人と繋がれますし外へ出なくても買い物が出来る時代になりました。しかし、日常的にインターネットを利用しているからこそ顔の分からない相手とやりとりする事の怖さに対して感覚が麻痺してしまっているのかもしれません。今回、私はハシヅメ ヒロツグという詐欺師の存在を知り、相手の顔が見えないインターネットを介して行う取引の恐ろしさというのを知りました。


相手の顔や名前も知らない。まだ携帯電話を持たせてもらっていなかった小学生の私なら「それもう他人じゃん」と言ったでしょう。でも、今はSNSという便利な物があり、アカウントにそれぞれ自分が好きな名前をつけられます。その名前を呼び合って、まるで自分達が友達のように接しています。そんな時代だからこそ、こんな詐欺が生まれるのかもしれません。本当に皆様もお気をつけて。私から申し上げるのはこれで最後です。


広告
×
コメント失礼します
先程ハシヅメヒロツグのと思われる新しいアカウント(ほぼ確実)を発見したのですが少々お話したい事がありますので対応して頂くことは可能でしょうか?
32ヶ月前
×
>>1
コメントありがとうございます。もしよろしければ、Twitterでお話を伺えないでしょうか。
@makoushiPがアカウントとなっておりますゆえ
32ヶ月前
×
>>2
了解しました。
フォローさせて頂きます
こちらのアカウントは@Riko_Sandittiyです
32ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。