【TRPGリプレイ】よくわかるルーンクエスト第三話「シナリオ開始?」【MMD】解説(1)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【TRPGリプレイ】よくわかるルーンクエスト第三話「シナリオ開始?」【MMD】解説(1)

2014-04-19 13:26
  • 2


しばらく前に投稿した動画について、コメントへの回答含めてグダグダと解説してみたいと思います。

1、オープニングについて



最初の混沌禍(第12回MMD杯の再録)は、ゲーム開始時点の8年前の出来事ということになります。(ミクさん8さい) 


なんでこんなんになったかというと、未来さんが「背景イベント表」で72(災厄で家族全員死亡)を振ったからです。南無三。
なんでラリオス地方なの? というのは、まあもにょもにょ。
コメントですげえ鋭い方がいてびっくりしました。




件(クダン)みたいなのは人面ブルーです。ドラストールにいらっしゃいましたね。あとグレッグの小説「ハルマストのサガ」にも出てきてます。
牛ブルーは壱式さんの「牛頭のディーモン」を使わせていただきました。





マンティコアも壱式様のモデルを使用させていただいております。
グローランサのマンティコアはじつは人面なんですが、まあ「混沌なんだよ!」ということで…。羽はテトさんの羽をアクセサリでつけていますw





覚醒ミクさん。イヤボーン。
このお話のつづきは13回杯で…。(できるかなあ…)

2、ミクさんのステータスについて




  • アクションポイントはINT+DEXから算出されます。25がブレークポイントなのは前回動画でも触れました。ラウンド内行動回数に直結しますので、重要です。
  • ダメージ修正はSTR+SIZより算出。
  • ストライクランクはDEXとINTの平均値に、ENCによるペナルティを加えたもの。
  • 経験修正は、CHAが13以上だとつきます。(周りの人がよくしてくれるためw)。もらえる経験ロールの数に修正がかかります。
  • 治癒レートはCONから算出。自然治癒での回復HP量。
  • 移動力は人間の場合は6m固定
  • 運命点はPOWから算出されます。
  • じつは SIZ から身長と体重も算出されまして(笑)、SIZ 10 だと身長は161~165cm、体重は46~50kg(Litheの場合)。データはかなり欧米人体型ですね。




  • 部位別HPは、コメントにもありましたが、RQ3版時代よりも高くなっています。
  • ただし、トータルHPがなくなり、部位HPがマイナスになると「重傷」(Serious Wound)となり、《治癒》だと回復しなかったり(神教魔術の《傷の治癒》は「重傷」の傷にも効きます)、傷を負ってから1d3ターンはスタンして攻撃や呪文投射ができなくなったり、四肢の場合は〈頑強〉での対抗ロールに失敗するとその部位が使用不可能になったり持っている物を落としたり倒れたり、頭・胸・胴が重傷になると〈頑強〉での対抗ロール失敗で(食らったダメージ)分だけ気絶したりしますので注意が必要です。
  • つまりかなりやばくなる
  • ミクは戦闘スタイルをとっていないので、基本技能でもらえる〈素手〉しか持っていません。ナイフとスリングはキャラクター作成時にもらったものですが、これはデフォルトの戦闘スタイル技能値(STR+DEX=24)を使うことになります。
  • ダメージ修正を入れるとナイフはダメージ1d3-1d2なのでホントに期待できません(笑)。



  • 戦闘スタイルにつっこまなかったぶん、技能ポイントを魔術と知識系にすべてつっこんでいます。あとのレン君と比べると素から有能なのもある。
  • でもよく考えるとシナリオ「マネーツリー」で重要な登はん(RQ6では〈運動〉を使う)が超不安な技能値になってるぞ。
  • 激情(Passion)は、HeroQuest のヒョルト人のデータから持ってきています。初期技能は「観念的なものに対して」はPOW+INT+30%でスタート。



  • ルーンの扱いについてはハウスルールなのですが、こちらで「公式のグローランサルールでも使うよ!」と言っているので導入してみました。公式の人が「Passion のルールに従うよ」と言っているのでそのように。(発案者のルールは強力すぎるので不採用にしています)
  • そのように、というのは、まず ①ルーンは他の技能を「増強」(Augment)できる。たとえば《治癒》をかけるのに〈請願62〉に対し「調和54」で増強(20%=+10.8%=切り上げで+11%)して、〈請願73〉として判定できる。 ②魔術の表す「性格」として判定できる。調和だったら「優しい」とか「慈愛のある」とか。 ③ある種の魔術に対抗できる。――といったところでしょうか。
  • 民間魔術は、RQ2でいうバトルマジック、RQ3でいう精霊魔術です。
  • 本来、ドナンダーは民間魔術を提供しないのですが、それだと(魔術系のPCなのに)あんまりなので、救済措置でRQ6の職業別民間魔術の Entertainer の例から習得可能としています。おまじないみたいなものなのでそいうのもありかなと。
  • 《ミミック》は声を真似る魔術。《グラマー》はルール的な効果はないけど「魅惑を感じる」という魔術(笑)。《ヒール》は一部位の軽傷を完全に治癒する魔術(重傷には効果なし)。あと頭痛とかを取り除いたりできるらしい。便利だ。《チューン》は楽器の調律を完全におこなう魔術。《ボイス》は声を強制的に聞かせる魔術。
  • キャラクター製作時にもらえる民間魔術の数は、〈民間魔術〉の20%ごとに1個です。ミクの場合は〈民間魔術49〉だから――

 あ、あれ?! 取れる民間魔術の数、間違えてる?!
Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

  • ――3個ですね。《ミミック》《ヒール》《チューン》だけにします…
  • 神性魔術は、MRQ1の Cults of Glorantha にあるドナンダーの神性呪文をそのまま持ってきています。

その(2)につづきます。
広告
×
うp乙です~。今回も楽しませていただきました♪

>>経験修正は、CHAが13以上だとつきます
おぉ、使えなかったCHAが使えるように!w

>>取れる民間魔術の数、間違えてる?!
まぁ、なんか加護があったと言う事でいいじゃないですかw
魔術系なのに使える魔術が少ないと戦闘時にやる事が単調になりがちですからね~
63ヶ月前
×
そ、そうだね。よくあることだよね! (すいません…)

いろいろな能力値から副能力値が算出されるので、もう INTゲーとは言わせない!(笑)
63ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。