名古屋市営地下鉄桜通線換気塔めぐり
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

名古屋市営地下鉄桜通線換気塔めぐり

2013-05-02 23:59
  • 1

昔の記事が出て来たので公開します。(2008年6月)


「換気塔」ってご存知でしょうか?


建物では換気口が必須になってくるので、どんな建物にでもついているんですね。
また、工場とかだと煙突みたいになっていたりしますね。

それが地下鉄のような地下建造物になると、地上との換気が必ず必要となります。その換気の方法には二種類のものがあります。

1、普通換気方式
2、集中換気方式

古く建設された地下鉄では常時換気となっていまして呼気と排気それぞれの口がたくさん空けられています。
名古屋市営地下鉄で言えば、東山線と名城線の一部で普通換気となっています。

それに対して新しい路線では、集中換気方式が取られていまして、換気口を一箇所から数箇所に集中して設置するものです。
この換気口が都市部や住宅のあるところで、高い位置に口を持ってくる傾向にあるため、換気塔となっているものが多くあります。

この換気塔集中換気方式を取っている駅には必ず一箇所以上存在しています。
駅でなくても中間点などに換気塔があったりします。

そして、最近では都市景観にあわせるため色々と趣向を凝らした換気塔が設置されるようになりました。この換気塔を色々愛でるという趣味でございます。駅によって違いが結構あって意外と面白いのですよ。

八事駅の中京大学前の換気塔に至っては名古屋市の都市景観賞を受賞するほどです。


さて、今回は桜通線について、各駅の換気塔(口)の写真を撮ってきましたとのでご紹介したいと思います。
調べ切れなくて漏れもあるかも知れませんが多めに見てください。
フォトアルバムにたくさん写真載せました。
ピックアップしてご紹介します


野並駅から順番に行きます。


野並駅は二箇所あります。
一つは3番出口の上のマンションと一体化していますが、外から見ると確認できないので、もう一箇所交差点を西に行き小川を渡った所に左手にある駐車場の真ん中に換気塔はあります。
三角の装飾が付いていますね。



鶴里駅も二箇所。1番出口2番出口それぞれの近くにあります。
2番出口から出て右手にある方は、用地が余ったのか、名古屋市が貸している月ぎめ駐車場になっていたりします。




桜本町駅は二箇所。どちらも独特な場所にあります。
一つはガソリンスタンドと一体化しています。
ガソリンスタンドの脇に立つ白い塔は地下鉄の換気塔だったりします。
もう一つは住宅地の真ん中にあります。
住宅地の真ん中のためか、屋根型にしてカモフラージュしているのでしょうか??



新瑞橋駅は一箇所。交差する名城線は普通換気なので、桜通線側のものです。
とても分かりにくい場所にあるのですが、セブンイレブンのすぐ脇に細長くあります。ちょっと見上げるとあるので面白い場所にあります。



瑞穂運動場西駅にはマクドナルドの隣に変電所があってそれに併設されています。桜通線換気塔唯一の金属製の円形煙突風です。これはかなりかっこいいですね。
もう一つ5番出口の後ろ側にもあります。



瑞穂区役所駅はとってもカモフラージュされていて知っていなければわからないとことにあります。
写真の広告塔がありまして、これ自体は換気塔ではないのですが、広告塔の足下に金網が設置されていて、それが換気口となっています。

こんな感じです。
もう一箇所瑞穂警察署の脇にもあります。



桜山駅は、名古屋市立大学病院の構内に2箇所あります。
一箇所は駐車場の北西角、昭和郵便局のすぐ南側にあります。
もう一箇所は、敷地の南西角の植え込みの中に隠れています。



御器所駅も区役所に一体化しています。区役所の北側にある別棟が換気塔でしてもう一つは建物に組み込まれています。
さらに交差点の南西側の蕎麦屋の看板のすぐ隣に換気口があります。



吹上駅は二箇所。
北側の葬儀屋の一角にある立方体がそれです。
もう一箇所は駅南東部の一本はいったところにひっそりとあります。



今池駅はガスビルと一体化しているようです。ガスビルの南東角が換気棟となっているようです。
また、もう一つ北東の緑道沿いにあります。
裏側は官舎のような建物で、違和感無くあります。



車道駅は一箇所。
エレベータの設備と一緒に設置されています。
換気塔脇に桜が植えられていて、写真を撮った当時は満開となっていました。



高岳駅も一箇所。
換気塔の上に出ているものは、誰かが設置したアンテナです。
誰がテレビを見ているんでしょう。
わざわざ地下に引いているのでしょうか。



久屋大通駅は多分一番高い所まであります。
東急ハンズの駐車場と一体化しているからです。
実際に上からのぞいた訳ではないので実際の所はわからないですけど。




丸の内駅は、付近のビルと並んでいてほぼ同化しています。
エレベータのあるところの奥が換気塔です。
この換気塔のビルは上に地下鉄マークの着いた垂直の日時計が着いている所が特徴的です。



国際センター駅は、国際センター脇に別棟であります。
2番出口の淵も実は換気口となっています。
さらに、ユニモールがある桜通の中央分離帯にも実は換気口があったりします。




名古屋駅はどこにあるかというと、駅前モニュメントが実は換気塔、と言いたい所ですがそうではなくて、このモニュメント脇にあります。
上から見ると、灰色の網になっている所がそれです。
写真の左上と左下にあります。
また、二枚目は地下鉄のものではありませんが太閤通側にも特徴的なのがあったので・・。地下駐車場のものだと思います。




中村区役所駅には三箇所あります。
一箇所は太閤通に名駅側に段々になった特徴的な建物となっています。
もう一つは交差点北西のエレベーターの背後霊みたいに換気塔があります。
もう一箇所、駅からかなり西側に歩道橋がありその付近の南側一本入ったところにあります。
ここは桜通線の検車場になっていましてその施設と併設されています。



オマケ1
鶴舞線は全線で集中換気方式ですが、これは植田駅のものです。
周りが看板で囲まれていますが、四角形の独特な形をしています。



オマケ2
名城線も最近開通した部分は集中換気方式となっています。
名古屋大学駅、郵便局の脇にある楕円形の建物が換気塔です。
なんとも現代的な換気塔ですね。

広告
×
これはすごいですね
意識してみるとこんな建物があるのは結構違和感あります
上手いことカモフラージュされてるのがワクワクしますね
47ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。