【あけおめ】2020のSS5【トオリナデシコ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【あけおめ】2020のSS5【トオリナデシコ】

2020-01-01 01:41

     2020年、あけましておめでとうございます。
     また期限を守らず未練を残したまま2019年を終わらせてしまいました


     未練を残したまま、と言えば『トオリナデシコ』的にはそれで正解というか生きていられるというか……という言い訳は置いておいて


     2019年はほぼ一年をかけて4-6を完成させるためにトロついていました
     ここで2020年の抱負を言えば、もちろん毎年年頭には「今年中に〇話まで完成させるぞ!」って意気込みがここ4年ほどあるのですが、……いえ今年もあります!
     ぐだってもしょうがないので!


     正月休み中にでも、今度こそ4-6ワタシを!
     そしてマトイサクラ1話や、ようやく展開的に書けるようになった4.1話の一部を書きたいですね!


     今年もマイペースながらも書くことはやめない! ので。どうぞ今年も皆様健やかに健康で、作中人物のように怪我をすることなく、暇つぶしを捜しているときに思い出して読んでいただける程度でも良いので、よろしくお願いいたします。


                          ◆

    トオリナデシコ4話―――

     鉢上は闇に落ちる――。
    鬼灯「ヤツを倒す!! それが俺の未練だ!!!」

    ???「ワタシの未練は――」

    鬼灯の10本の指が幼女の腹に突き刺さった!
    ???「ッが――!!!」


    ???「――ころして。……――ワタシを」
    的井「ああ、俺の手でお前を殺してやる」

    ゆうこ「アハハハハハハハハハハハハ!!!」

    ここ「草くん」
     ここが腕を伸ばしてきた
     その背後に、立っていたのは
    草太「あ――」
     的井、鬼灯、フードを被った小さな少女

     比嘉が撫子を殺し、草太を殺し、撫子に押し付けられていた、その銀のバットを……さくらは握った。その思いを引き継ぐように
    さくら「――」
     その瞳には、明確な殺意が宿っていた

    比嘉「僕と、……友達になろう」

    的井「さぁ見せて見ろ! ……」
     口についた血を拭う
    的井「オマエの真意を!!!」

    友田「さぁ見つけに行こう!! 俺たちの未練を!!!!」

                          ◆

     ところで「トオリナデシコ」で自分的に印象に残っているシーン、いくつかあるのですが、一番印象に残っている所があります
     それは2話後編『何よりも大切なモノ』の蘭の台詞

    『あなたがここにまりさんとの楽しかった思い出を求めて来たのなら、きっと思ったよりも簡単に彼女の笑顔が見えるはずです』
     蘭の人差し指がとん、と俺の胸を突いた
    「どうですか?」

    「いい表情です」

     草太の表情を直接書いてはいません。ただ草太がどういう表情を見せたのか。蘭の台詞から想像も難しくはありません
     今のところ何の力も持たない彼女、でもそんな彼女の台詞はきっと確かな力を持ち、おそらくこの「トオリナデシコ」全体を象徴するようなものになっている気がします


     作中で白の少女と呼ばれていたり、あやめに知らず知らずのうちに守られています
     蘭の今後の活躍にも注目していただきいですね
     なにより次回の4.1話の追加更新分は蘭とあやめの話なのですから


     それでは、次回の更新、追加ではなく新記事の
    トオリナデシコ第4話その6「ワタシを待っている人がいる」
     をお待ちください。ではー



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。