ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

INVERSUS 1vs1 グリッド攻略
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

INVERSUS 1vs1 グリッド攻略

2018-10-15 00:55


    INVERSUSconのトーナメントにて準優勝という輝かしい成績を収めることができました。
    本番まで1ヶ月ぐらい隙あらば練習していたので成果が出せてとても嬉しかったです。
    その中でも1回戦・準決勝にてランダム選択されたグリッドは唯一攻略が完了し安定化させることに成功していましたマップだったため、非常に心穏やかな気持ちでプレイできました。
    分かってしまえば構造の簡単なマップなのですが、知らないと延々ボラれ続けるので業界の発展を願い攻略記事化することにしました。
    ■グリッドとは
    INVERSUSの暗黒面である撃った弾がループするステージ。
    その中でも全ライン・全方向がループするという唯一無二の特徴を持っています。
    画面を見ただけではわかりづらいですが、縦8×横4ラインで構成されています。
    〇縦8ライン
          ①   ②    ③    ④   ⑤    ⑥    ⑦    ⑧


    〇横4ライン


    〇自機の初期位置とアイテム出現位置


    ■グリッドにおいて重要な考え方
    ・出来るだけ脳のリソースを割かずに安全なラインを作成して突然の死<を防ぐ
    ・安全になってから考え始める
    とにかく弾を撃つ

    ここからは現在自分が実践している鉄板初動パターンを見ながら解説していきます。

    ☆鉄板初動パターン
    ①何も考えずに左右に弾を発射する
    スタート位置の横ラインにはアイテム出現位置があるので、このラインは必ず安全地帯にしなければなりません。
    安全といえる最低の水準は、ラインの左右に1発づつ以上弾が流れている状態を維持することです。
    この状態なら敵の侵入を防ぎながら左右どちらに弾を撃たれても相殺で守られます。

    初動で特に重要なのが必ず左右に合計3発以上発射することです。
    速攻をかけてくる不届き者がこちらのスタートラインを初動パリィで攻め入ってくるパターンが考えられますが、重ね打ち+背面攻撃の状態を作ることによってパリィでの対応を封じましょう。
    グリッドでは初動で絶対安全ラインを確保する事が安定への最初の一歩です。
    〇開幕右→左→右の順に発射した場合

    このラインを無理やり侵入するのはかなり困難です。

    ②アイテム位置の縦ラインに残弾全て発射する
    相手の縦弾に気を付けながら今度は縦ラインに弾を流します。
    横ラインは安全が確保されているので、縦の敵弾のみを注意すればよいです。
    敵の縦弾が多くアイテム位置までの移動に危険が生じる場合は適当な縦ラインに発射してしまいましょう。
    また敵位置が近い場合は急襲される事も考えて1発なら弾を残すのはアリです。
    〇全弾撃ち切ったの図


    ③弾を回復しながらマップを見る
    大量消費した弾を一気に回復させます。(弾回復の仕様についてはGongonブログ参照)
    とにかく盤面に弾をループさせておくのが強いこのマップおいて、弾回復の速さでアドバンテージを得ます。
    暇なので盤面の敵弾の位置やアイテム位置の攻勢状況について確認します。

    以上が思考不要の初動の安定パターンになります。
    ここまでやっただけでマップ理解度が低い相手には今夜勝てます
    そしてようやく真面目に試合に向き合うことを始めます。
    ④優先度が高い順に以下行動から気分で選択します
    1.スタートライン左右に1発づつ以上弾が流れている状態を維持する
    2.アイテム出現ラインに弾を流す
    3.全弾撃ちきり、一気に回復する
    4.アイテムを利用(取得してもよいが放置して弾1発分のブロックにしてもよい)
    5.ループ敵弾をパリィして弾優位をとる
    6.安全ラインを増やす

    上記はゼロ災確認しながら出来る限り安全に行いましょう。
    こうして盤面に弾を増やして相手が不用意に動いたら蒸発する状況を作ります。
    ここまでの作業を行っていけばだいたいの人にマッチはとれるでしょう

    初動を安定させて弾を撃ち続けて
    楽しいグリッドライフを送ろう!


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。