【遊戯王】ビリビリ中学生っていうな~~【エレキ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【遊戯王】ビリビリ中学生っていうな~~【エレキ】

2013-04-17 23:48
    どうも、ルイージマンション2を3月下旬に買ってから全然やってない、むしろ封すら開けてない魔王式です。

     次回は次のパックのことを書くといったな。。。。あれは嘘だ。。。
     と、いうことでいつもはガチっぽく書いてる(つまり)なんですがちょっとゆるい感じでいこうと思います。
     とある科学の超電磁砲2期も放送開始したので今回紹介するテーマは【エレキ】です。

     【エレキ】と言われて大体の人が一番想像する型が「エレキリギリス」を使ったロック型かとおもわれます。
      「エレキリギリス」

    効果モンスター
    星1/光属性/雷族/攻 0/守 0
    このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
    相手は表側表示で存在する他の「エレキ」と名のついたモンスターを
    攻撃対象に選択できず、カードの効果の対象にする事もできない。

     このカードは見ての通り相手からの攻撃から味方のエレキを守るための永続効果を持っており、今までのロックカードと違って「カードの効果の対象」にすることができない。という最強の防護壁を持っています。
     これはどういったことかといいますと、今までは「切り込み隊長ロック」だったり、「魔知ガエルロック」も攻撃対象にできず、相手からの攻撃を耐えロック状態にすることができたのですが、昔ならブリューナクや帝、今ではコーン号などでフィールドから離されてロックが崩されてしまうことが多かったのです。しかし、このキリギリスはそういった対象を取る効果をも受付させないため、容易にロックを崩されることがなく壁として最大の役割も持つことができます。少しぐらいアド損してもこのロックができればある程度は安心して手札の補充に入ってもいいと思います。
     ただし、もちろんのことながらできれば勝ちということではありません。弱点もあります。
    まず、全体破壊に弱い。いくら攻撃対象にできない。効果の対象にできない。といっても全体破壊に対しての耐久力は持ち合わせてません。次に対象を取る効果に強いのであれば、その逆の対象を取らない効果には耐性がないので、最近でいう「ゲーテの魔導書」などには裏守備にも除外もされてしまうので注意が必要です。

     ロックは組んだが相手の強力なモンスターが存在するので攻撃できないってことはイコール負けじゃね?
     
     確かに何もしなければそりゃ、相手だってブラック・ホールやらブラロやら飛んできます。そこで、活躍してくれるのが 他のエレキ達です。

        「エレキリン」

    効果モンスター
    星4/光属性/雷族/攻1200/守 100
    このカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。
    このカードが直接攻撃によって相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
    相手はこのターンのエンドフェイズ時まで
    魔法・罠・効果モンスターの効果を発動する事ができない。

     大抵の攻撃力1000以上のエレキに備わっている能力こそ「直接攻撃」可能ってことです。いくら相手の攻撃力が高いモンスターが存在しようともそのモンスターと戦わないで、相手のライフを削ることができれば勝つことができます。相手のモンスターゾーンを無駄なモンスターばかり揃わすことができれば相手は何もできずに試合終了なのですから。

     で、「エレキリン」の効果は相手はこのターンのエンドフェイズ時まで魔法・罠・効果モンスターの効果を発動する事ができない。とあります。これは文章そのままで相手は本当に何も出来ません。こちらが「大嵐」をうっても相手はそれに対して「神の宣告」も「スターダスト・ドラゴン」の効果も相手がいくら頑張っても発動することができません。また、永続カードの効果の発動もできません。
     例として相手の場に「スターダスト・ドラゴン/バスター」が存在している時にこちらがブラック・ホールをうったとしましょう。それで相手は「スターダスト・ドラゴン/バスター」の効果を使って無効にしました。そこでこの「エレキリン」で直接攻撃をしました。通ったらどうなるか。相手の効果を使った「スターダスト・ドラゴン/バスター」の自身蘇生の効果は発動することなく、そのまま墓地で永眠となるのです。

     次に紹介するのは
      「エレキングコブラ」

    効果モンスター
    星4/光属性/雷族/攻1000/守 500
    このカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。
    このカードが直接攻撃によって相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
    自分のデッキから「エレキ」と名のついたモンスター1体を手札に加える。

     このカードはエレキの救世主と呼んでもいいカードですね。このカードも直接攻撃することができて、直接攻撃できたとき、デッキからエレキモンスターをサーチできる効果を持っています。いままで散々サーチする効果がなかったエレキにとって最高の能力です。確かに直接攻撃しなくてはいけないので速度的には少しばかり遅い方ではありますが、それ以上にも相手に1000ダメージを与えときながらサーチできるのはなかなか優秀。特に攻撃力が1500までしかないエレキにとって1000っていうのだけでも大きいです。だって単純計算で8回殴り続けることができたら勝ちなんですから。

     

    ・・・どうしてこうなった・・・

     なんか見えたようですが気にせずに行きましょう。
     
          「エレキトンボ」

    効果モンスター
    星2/光属性/雷族/攻 900/守 100
    このカードが相手によって破壊された場合、
    自分のデッキから「エレキ」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する事ができる。

     これも貴重なリクルーターですね。相手によって破壊さえすればデッキからエレキと名のついたモンスターを特殊召喚することができます。注意することといえばこのカードは「相手」によって破壊された場合なので強制転移なので相手の場にコントロールを移して自分のモンスターで攻撃してもそれは「自分」のモンスターによる破壊なので効果が発動しないので注意してください。
     あと、さりげなく知られてないところとしてこのカードはレベルなど書いてないためさりげなく聖刻でおなじみの「エレキテルドラゴン」もリクルートすることができます。
    攻撃力2500が飛んでくるとかだれが思ったのだろうか・・・

          「エレキツネ」

    チューナー(効果モンスター)
    星2/光属性/雷族/攻 800/守 100
    このカードが相手によって破壊された場合、そのターン相手はモンスターの特殊召喚及び魔法・罠・効果モンスターの効果を発動する事ができない。

     このカードは特にいうことはないんですが、エレキにとって優秀なチューナーであり、やはり先ほどのバスターとかではないですが、聖バリ発動→スタダ→ほかのモンスターでエレキツネが破壊される→スタダ(´・ω・`) みたいな感じです。
     
           「エレキジ」

    効果モンスター
    星4/光属性/雷族/攻1000/守 800
    このカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。
    このカードが直接攻撃によって相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
    フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、
    このターンのエンドフェイズ時までゲームから除外する。

     最近のエクシーズ環境にとってはなかなか有効打が入るカードの一枚です。このカードで直接攻撃をして相手のエクシーズモンスターを除外すれば相手のエクシーズモンスターの素材は全て墓地に行ってしまうため効果を使うことができなくすることができます。さりげなく相手のエースモンスターだったりを無力化することができる点は評価に値すると思います。
     
          「エレキマイラ」

    シンクロ・効果モンスター
    星6/光属性/雷族/攻1400/守1200
    「エレキ」と名のついたチューナー+チューナー以外の雷族モンスター1体以上
    このカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。
    このカードが直接攻撃によって相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
    相手の手札をランダムに1枚デッキの一番上に置く。

     エレキを代表とするシンクロモンスターです。チューナー、非チューナーともに縛りがあり、ステータスもそれほど素晴らしいものではありませんが、相手のドローロックをすることができるのはなかなか優秀です。まあ、昨今はサーチカードが多すぎてドローロックをしようが簡単にそれをものともしない部分があって何とも言えないっていうのが心情ですが・・・。

     さて、だいたい【エレキ】と言われて思い浮かぶ・・・というかデッキに入ってるようなカードたちを紹介しました。

     エレキはステータスはかなり低く雲魔物並・・・いや、それ以下のステータスとなっていますが、それを補うような相手の行動を阻害する効果を持ち合わせてます。名の通り相手をビリビリ痺れさせて動けなくさせる・・・といったところでしょうか。


     これはロック型のエレキの一例です。私は超展開するデッキだったり、パーミッションとかの方が得意でロックとかメタビはちょっとにわにわなので構築があやふやですが、このような感じで組みました。まずは全体破壊だけはどうしても阻止しなくてはいけません。なので、大革命返しを投入しています。
            「大革命返し」

    カウンター罠
    フィールド上のカードを2枚以上破壊する
    効果モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
    その発動を無効にしゲームから除外する。

     全体破壊をしたあとにそのカードを除外する。強いですね~。特にこのカードの強さは相手フィールドにも干渉してるところです。代表的な例としては「スクラップ・ドラゴン」でしょうか。
      「スクラップ・ドラゴン」

    シンクロ・効果モンスター
    星8/地属性/ドラゴン族/攻2800/守2000
    チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
    1ターンに1度、自分及び相手フィールド上に存在するカードを
    1枚ずつ選択して発動する事ができる。
    選択したカードを破壊する。
    このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、
    シンクロモンスター以外の自分の墓地に存在する
    「スクラップ」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚する。

     このカードの効果によりお互いのカードを一枚ずつ破壊する場合、「スターライト・ロード」では防ぐことができないのですが、大革命返しなら防ぐことができるのです。また、相手のフィールドのモンスターを2体以上破壊する場合でも発動することができます(普通使うことはないでしょうけど)。なので、スクラップ使いの人を見かけたらこれガン積みで行きましょう(ゲス顔ダブルピース)

     これもエレキデッキに使えるカードですね
      「サンダー・シーホース」

    効果モンスター
    星4/光属性/雷族/攻1600/守1200
    自分のメインフェイズ時に、このカードを手札から捨てて発動できる。
    デッキから雷族・光属性・レベル4・攻撃力1600以下の
    同名モンスター2体を手札に加える。
    「サンダー・シーホース」の効果は1ターンに1度しか使用できず、
    この効果を発動するターン自分はモンスターを特殊召喚できない。

     エレキモンスターをサーチしてロック型ならば特に特殊召喚なんてものはあまりしないので、このカードでエレキングコブラをサーチしてエレキングコブラからエレキリンやほかのエレキをサーチすることできます。かといって必須レベルか?と言われたらそうでもありません。なぜならばこのカードのデメリットは結構でかいものが大きく、サーチ先も縛りが多いため使用率はあまり少ない方です。あればある程度は早く回る。といった感じで入れてみるのがいいかもしれません。
     
     最近では、サーチは強いが、持ってくるカードが微妙なものしかいない。サーチ後の展開が縛りのためできないということで無駄に高いカードとなってしまってますね。

     地獄の暴走召喚はキリギリスで早くロックをかけるように入れてます。一応ほかのカードとして「無抵抗の真相」

    通常罠
    相手モンスターの直接攻撃によって自分が戦闘ダメージを受けた時、
    手札のレベル1モンスター1体を相手に見せて発動する。
    相手に見せたモンスター1体と、自分のデッキに存在する同名モンスター1体を
    自分フィールド上に特殊召喚する。

     なんてありますけど、これは手札にキリギリスがいないといけないのもありますし、この直接攻撃を喰らわないといけないっていうのが嫌なんで不採用にしました。

     さて、なんか脱線ばっかりな気が・・・。まあ、いっか

     では、エレキってロックしかないの?と思う方もいるかもしれません。
     実はこのエレキはロックだけではなくいろいろと楽しめすテーマです。
     
     その典型的なものとしてこういった型

    があります。これはエレキリンとエレキンコブラの直接攻撃を生かしたデッキ。それも【追い剥ぎエレキ】です。相手がモンスターを召喚さえしていれば、「フォトン・リード」

    速攻魔法
    手札からレベル4以下の光属性モンスター1体を表側攻撃表示で特殊召喚する。

     でエレキリンかエレキングコブラを特殊召喚し、地獄の暴走召喚によってわさわさわかせて「フォトン・ブースター」



    通常魔法
    トークン以外のフィールド上に表側表示で存在する
    レベル4以下の光属性モンスター1体を選択して発動する。
    選択したモンスター及びフィールド上に表側表示で存在する
    同名のモンスターの攻撃力は、エンドフェイズ時まで2000になる。

     で一気に6000ダメージ&3枚ハンデスとかも面白いですね。そのあとにエクシーズガンマンとかウロボロスでさらにハンデスとかいろいろできます。

     このように攻撃にも特化することもでき様々な形のデッキの顔を持っています。
     ネタ・ファンデッキ風に組むのであればGXの時に登場した「降雷皇ハモン」を入れたデッキ
     

    効果モンスター
    星10/光属性/雷族/攻4000/守4000
    このカードは通常召喚できない。
    自分フィールド上に表側表示で存在する永続魔法カード3枚を
    墓地に送った場合のみ特殊召喚する事ができる。
    このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、
    相手ライフに1000ポイントダメージを与える。
    このカードが自分フィールド上に表側守備表示で存在する場合、
    相手は他のモンスターを攻撃対象に選択できない。


     とまあ、こんな感じで組むことだってできます。もっとガチっぽくするのであれば、エレキトンボのリクルートの優秀さ、エレキングコブラのサーチ、エレキリンの相手の発動不可能力を生かしたカオスジャンド?風にすることも可能です。



     こんな感じですかね。昔・・・てか一年ぐらい前に公認大会の3位ぐらいに入っていたような気がしまして、たしかこんな感じの構成だったかと思います。ただ、一年前と今とでは、クリッターやらなんやらが制限改訂が変わってきてるので、ちょっとばかしいじりました、回してないですww 強さ?わからんwwwしかし、虫がぶんぶん言ってた時代に3位という結果を残したのはすごいと思います。

     また、最近ではエレキングコブラの直接攻撃&サーチが強いので環境に合わせるならこういったデッキも存在します。


     突貫工事で作ったのでうまくいかないかと思いますが、サーチ効果は確かにダメージステップ中なのでこのサーチ効果に対してバーンカードを発動することはできませんが、3ターンは確実な1000ダメージを稼ぐことができ、デッキ圧縮にもかって出てくれるので、以外にも使えます。ただ、こうやってみると精霊の風よりかはエレキングコブラ搭載型ならマジックシリンダーとかそう言ったカードの方がいいですね。

     とまあ、こんな感じで【エレキ】にはロック以外にも直接攻撃という部分を見ればその部分を活かして相手を仕留めることができるデッキでもあります。ロックも面倒ですし、直接攻撃でどんどんライフも削られるのも面倒。なかなか面白いテーマだと思います。

     エレキはキリンさん以外はレアやノーマルであるため安く組めると思いますので、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。(エクストラが高くなるのはいつものことぇ・・・)

     では、走り書きのように書きましたが、今回の記事はこの辺で終わりにしようかと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。また、次の記事でお会いしましょうノシ
    御坂美琴かわいすぎるでしょ!!

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。