バーチャルキャストが重い時の軽量化のお話6点
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

バーチャルキャストが重い時の軽量化のお話6点

2019-03-03 16:39
    バーチャルキャストを使っていて「重たいなぁもうちょっと軽くならないかなぁ」と
    思っているときにちょっと見てみたほうがいいかもしれない箇所のお話です。

    更新履歴
     3/3 初出 ポイントは3つ
     3/7 ポイントを6つに増量

    バーチャルキャストバージョン1.5.1cで割と軽くなったようなので効果はちょっと
    薄くなったかもしれませんね。

    ポイントは6つで
    ・NVIDIAの3D設定で重い機能を外していく
    ・SteamVRで解像度を下げる(HMD内のレンダリング解像度)
    ・OBSで(主にx264エンコードになっている場合)NVIDIAのハードウェアエンコードにする
    ・Windows10のゲームモードをオフにする
    ・Steamのストリーミングをオフにする
    ・SteamVRのデスクトップゲームシアターをオフにする
    というところです

    ・NVIDIAの3D設定

    WindowsシステムトレイアイコンのNVIDIAを右クリックしてコントロールパネルを出す


    3D設定の管理で画像の通りにオンオフを変える




    ・SteamVRの設定

    WindowsシステムトレイアイコンのSteamVRを右クリックして設定画面を出す


    左の動画タブから
     アプリケーション解像度
     →手動オーバーライドのチェックをつける
     →200%になっていると思うので100%に変える
    これはアプリケーションごとの設定に影響を与えるので
    100%を基準にしたいという意味です


    左のアプリケーションタブから
     ~を選択のところでVirtualCast.exeを選択する
     (バーチャルキャストを起動していると出てきます)
     アプリケーション解像度の調整を100%にする
    ここはHMD内のきれいさに影響するのでPCの負荷(重さ)を見ながら
    あげていくのが良いと思います。


    左の開発者タブから
     ダイレクトモードの「ダイレクトモードを有効化」をクリックする
     (ここをクリックするとSteamVRが再起動されます)



    ・OBSの設定
     ここではニコニコ生放送のHD配信(1280x720,6Mbps)の時の設定を載せます
     最適というほどではないので、興味があったらもっと調べてみてもいいと思います

    OBSの設定画面を出します
    左の映像タブから
     基本(キャンバス)解像度 1280x720
     出力(スケーリング)解像度 1280x720
     縮小フィルタ ランチョス
     FPS 30


    左の配信タブから
     エンコーダ NVENC H.264
     ストリーミングのエンコーダ設定チェックを外す
     出力をリスケールを外す
     レート制御 VBR
      ネットの記事ではCBRを推奨していることが多いのでCBRも検討してみてください
     ビットレート 5800
      ビットレート音声+映像なので音声分を減らしています
      目標値なので適当にやってます
     キーフレーム 初期の0
     プリセット Max Quality
      グラボに任せるので選択肢に出てくるMax Qualityか規定あたりでよいと思います
     Profile high
     レベル auto
     GPU 0
      グラボの指定、複数さしていると1とかにすることになったりするかもしれません
     Bフレーム 1か2
      多いほうが軽いのですがグラボ任せなので実際の画面で影響が少ないものにしましょうか
    OBSのバージョンで上の選択肢があったりなかったりするみたいです


    x264の時の設定
    今回は使わないのでスルーで



    ・Windows10のゲームモードをオフにする

    スタートメニューを右クリックで設定を開きます




    ゲームバーとゲームモードは使っていない人はオフにしましょう





    ・Steamのストリーミングをオフにする

    ストリーミングは使っていないのでオフにしています




    体感できてはいないのですが負担は減ると思います。


    ・SteamVRのデスクトップゲームシアターをオフにする

    SteamのライブラリでSteamVRを右クリックでプロパティが出ます。画像は加工をしています(手抜き)




    皆さんの環境でPCの負担が軽くなるといいですね

    以上





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。