• YAMAHA-SHS500 ショルダーキーボード 「メリットとデメリット」

    2019-08-26 02:10


    こんばんは!
    山河です!

    全然、演奏配信出来てませんが、コミュメンバーの皆様、本日もお疲れ様です

    また余裕がある日にでも、また演奏配信出来たらと思います。


    話は変わりますが、
    実は僕は最近、
    ショルダーキーボードが20年ぶりぐらいにまたマイブームになっています


    最近お気に入りのショルダーキーボードは、
    「YAMAHA SHS500」という機種です








    とにかく、「スリム」で「コンパクト」

















    「YAMAHA」と聞くと、多くのキーボーディストは、
    30年以上前に大ヒットした
    「KX5」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか

    ショルダーキーボードは他社からも沢山のモデルが発売されていますが
    個人的に、見た目的な面において、
    しっくりくるモデルがありませんでした

    特に、「ショルダーキーボード」においては、
    「シンセ デジタルピアノ」とは別の鍵盤楽器だと
    個人的に認識しています
    なので、
    他社製品のショルダーキーボードは
    「とにかくデカく、野暮ったくあんまり使いたくないなぁ」
    と感じていました


    例えば
    「普通のシンセ」に
    無理やりストラップを取り付けて、ショルダー化しても・・

    「いや・・・それは違う・・・」と
    自分的には思う訳ですw


    ショルダーキーボードな訳ですから
    スリムで小型であって欲しい







    なので、
    「ショルダーキーボード」という楽器に関しては、
    あらゆる点でどうしてもYAMAHA製品に軍配が上がってしまいます
     (あくまで個人的な好みです)

    シンセサイザーに関しては、
    他社さんの機種にはお世話になっております!


    ただ、
    YAMAHA SHS500も
    「スリムでコンパクトで低価格」
    というメリットはありますが
    機能的な面で言うと、
    同社で過去にヒットしたKX5には勝てません

    音色チェンジのスイッチがダイヤル式に変わり
    ボディの横に配置された分、
    音色の切り替えが大変です

    そして、
    ボリュームコントローラーも、
    ネック部分ではなくボディの横に配置されたので、
    操作が大変です

    あとは、ポルタメントスイッチがありません
    (ポルタメント機能は勿論あります)


    ネック部分に装備されているのは、

    サステイン 
    ピッチベンド
    モジュレーション
    オクターブシフト など

    あとは、
    演奏情報や
    コントローラーのエディットモードに入るスイッチがあります
    (このモードで、ポルタメントのON OFF
    ポルタメントTIMEの設定などが出来ます)



    その他、ネック部分以外に搭載されているコントローラーとしては
    鍵盤右横に、
    音色変化に関するコントロールダイヤルが装備されています  
    (以下の画像参照)







    まずは、
    1 音色チェンジダイヤル 「SELECT」 (無いと困りますよね 笑)

    そして、
    2 EFFECT変化をコントロール出来る切り替えレバー
     (以下が主に切り替え可能なコントローラーです)
    ・フィルター  (音の明るさです)
    ・ダイナミクス (音の強弱の感度)
    ・リバーヴ   (残響) 
    ・コーラス   (音の厚み 広がり)
    ・OTHER

    これらをレバーで切り替えた上で、
    「EFFECT CONTROL」 というダイヤルで
    EFFECTパラメーターを直感的に操作出来ます

    あとは当然ですが、
    ショルダーキーボードですから、
    外部音源を使いたいユーザーも多いと思います
    特に、SHS500は、内臓音源がかなり少ないです

    なので、
    USB端子+MIDI端子もちゃんと装備されているので御安心を。








    SHS500に関して言うと、
    「ジャム機能」はいらなかったのでは?と思います

    ジャム機能とは、専用アプリを使い、
    鍵盤を押せば誰でも簡単にセッションが出来るという
    鍵盤が弾けないアマチュアユーザーに向けた
    遊び心システムです

    ジャム機能をコントロールするスイッチが
    ネック部分に装備されている訳ですが
    ジャム機能を使わないユーザーからすると
    このスペースは非常に勿体ない・・・

    ジャム機能のコントロールスイッチが無ければ、
    見た目もスッキリしたまま、
    ボリュームコントロールも、
    ポルタメントスイッチもネック部分に装備出来たはず

    SHS500に関しては、
    そこだけが非常に残念です





    どんな製品でも、
    メリットを求めると必ず「副作用」が生まれますね


    見た目的な部分で言うと、
    KX5の次に
    「コンパクトでクールで低価格でカッコいいモデル」だと感じました

    今後更に改良される事を期待しています。










  • 広告
  • 視聴率 再生回数 「煽れば良い」はそろそろ止めよう 

    2019-08-10 02:22


    皆さま お疲れ様です  山河です

    今年もいつの間にか8月に突入し、お盆の時期になりますが、

    皆さま夏バテなどしておりませんか?


    水分補給と、季節に合わせた食生活にこだわりたいですよね

    真夏はお酒などの飲みすぎは、脱水症状になる事もあるのでくれぐれも気を付けて下さい
    (ちなみに、僕はお酒は一切飲みません・・・・・・)


    ところで、僕がニコ生のコミュニティを最初に作ったのは2011年の12月だったのですが
    あれから、もう8年も経過してるのですね・・・・・早い・・・(汗)

    当時僕ははまだ、28、29歳だったのですねw 考えられない・・・








    一番最初にコミュニティを作ってコミュニティに参加してくれた皆様はお元気でしょうか

    勿論、
    その後にコミュニティを新しくしましたが
    今でも仲良くしてくれているユーザーさんもいるのですが・・・・
    そうではないユーザーさんに対しても個人的に
    「元気かなぁ?」とか気になったりします



    僕も人間ですから、毎日のように配信が出来る訳ではないですし、
    特に最近は他にもやる事もありますし、
    自宅にいる時間はほとんど休んでいるか、PCに向かって打ち込み作業してるかです・・・・
    アニメや映画もほとんど観れてないです
    (先日、京アニの事件があったので、京アニ作品が以前のように楽しく観れない)


    ユーザーさんも一緒で、
    毎日、私生活で色んな事があると思います
    色んな事がありながら、自宅では心身共に休めるようにリラックスしているのだと思います

    こういった生配信、
    動画コンテンツ自体を毎日のように観れる人自体がなかなか少ないと思います
    (中にはいらっしゃるのかもしれませんが)




    僕は元々、テレビが好きではありません

    その理由は、テレビ制作者側の意図




    「視聴率が上がるのであれば、面白い番組を」

     これを言い換えると


    「とりあえず視聴者を煽るような番組やっておけ」
    「客はスポンサー様であり、視聴者ではない」
    「クレームが来たって無視!報告もしない!」




    バラエティやワイドショー、報道を観てるとこういった心の声が聴こえてくる訳です



    なのでそこから距離を置くように僕は
    15年以上前からインターネットの世界にハマりこんだ人間です


    特に僕のような自作音楽クリエイターは
    2006年頃から、音楽SNSが大普及したというのが大きかったです

    MIDIデータではなく、自作曲のMP3データを
    一般ユーザーが気軽に自宅からアップし、配信出来るようになりました

    現在では、動画コンテンツ(Youtubeなど)の台頭により、
    多くの音楽SNS自体が経営難により閉鎖されてしまいました


    実は、「動画」も沢山の画像データ(MPEGなど)を並べて一つの動画になっています
    なので、容量は音楽と比べると大きくなります

    それだけの容量を一般ユーザーが気軽に自宅から発信出来るようになった訳です



    インターネットは元々、「インディーズの発信の場」でした

    それは「同人文化」と同列でしょう


    ですがそれらが、ここ約10年で裏目に出てしまった






    現在のインターネットも
    テレビの嫌な部分がコンテンツに現れてきている気がします

    動画に関しては、広告を張り付けるのなんてもはや当たり前。
    その動画も、「再生回数が上がれば良い」「面白ければ何でもいい」 「煽り放題」 


     所謂「テレビ屋さん」とやってる事が一緒なのです


    有名人やアーティスト、お笑い芸人も、今やYoutuberになる時代です

    僕が好きだった「ネットの世界」は一体何処に行ったのか

    ただ

    それだけインターネット文化が市民権を得たという証でもあります

    ただ、
    そうなってくると

    広告屋さんが「動画コンテンツ産業という畑」を耕して行く事になる可能性もあります
    そして、「放送禁止用語」「放送コード」なんてものも生まれてくるでしょう


    そうなるとネットもコンプライアンスが厳しくなり、すぐに番組は潰されるでしょう 

    そうならない為にも、ネットだけでも、「テレビと同じ土俵に上がって欲しくない」


    何でも「煽れば良い」ではなく、しっかりマナーを守りましょう


    ネット文化を守る為にも




                        2019 08/10   山河まさき

     
  • 気付けばもう夏

    2019-07-01 19:03

    山河です!

    久々の投稿になります!

    皆さまお元気でしょうか?  僕は元気です!

    もう気付けば、2019年/07月01日 夏ですよ・・・・・

    こんな季節は素麺か蕎麦を主食にしたい気分です。




    去年の11月28日(まさかの自分の誕生日)に急性病棟に入院し
    今年の1月10日には退院した訳ですが、なかなか体力が戻らない・・・

    入院して、その後退院してから、血液検査は勿論ですが、
    セカンドオピニオンとして、別の病院で心臓の検査、動脈硬化の検査もしました

    検査結果のデータ上では「異常なし」 との事です

    異常がないのなら、安心すればいいのですが、
    原因不明の高血圧(今は比較的安定) 頻脈 そして、
    入院前日、病院に救急車で運ばれ、点滴を終えた後、意識を失い・・即入院

    検査結果では異常はない・・とは言われても やはり身体が心配

    だが、こればかりは心配しても仕方がないので、
    「今、自分が出来る事をやるしかない」とひたすら
     
    「スローペース」で歩き始めています



    以前と比べてニコ生や他サイトでの配信頻度もかなり少なくなりましたが、
    「演奏配信」に関しては、ニコ生で続けて行くつもりです


    外部配信ツールである「OBS」で演奏配信をすると気になるのが音質面ですが

    他サイトと比べてみても、聴いてくれてるユーザーさんに最終的に音質が良く届くのは
    今の所「ニコ生しかないなぁ」と個人的に思います

    あくまでも「演奏配信」に限った話ですけどね

    演奏配信なのだから音質良く届けたいですよね!

    今年、退院してから、体調も悪くなかなか落ち込む事も多いのですが、
    色々な方々からのサポートもあり、
    何とか現状を維持出来る程度の体力は確保出来たと感じています


    現在までも自分をサポートしてくれている方々には感謝の言葉しかありません



      最後まで諦めずに頑張ります!



                          山河まさき   2019/07/01