視聴率 再生回数 「煽れば良い」はそろそろ止めよう 
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

視聴率 再生回数 「煽れば良い」はそろそろ止めよう 

2019-08-10 02:22


    皆さま お疲れ様です  山河です

    今年もいつの間にか8月に突入し、お盆の時期になりますが、

    皆さま夏バテなどしておりませんか?


    水分補給と、季節に合わせた食生活にこだわりたいですよね

    真夏はお酒などの飲みすぎは、脱水症状になる事もあるのでくれぐれも気を付けて下さい
    (ちなみに、僕はお酒は一切飲みません・・・・・・)


    ところで、僕がニコ生のコミュニティを最初に作ったのは2011年の12月だったのですが
    あれから、もう8年も経過してるのですね・・・・・早い・・・(汗)

    当時僕ははまだ、28、29歳だったのですねw 考えられない・・・








    一番最初にコミュニティを作ってコミュニティに参加してくれた皆様はお元気でしょうか

    勿論、
    その後にコミュニティを新しくしましたが
    今でも仲良くしてくれているユーザーさんもいるのですが・・・・
    そうではないユーザーさんに対しても個人的に
    「元気かなぁ?」とか気になったりします



    僕も人間ですから、毎日のように配信が出来る訳ではないですし、
    特に最近は他にもやる事もありますし、
    自宅にいる時間はほとんど休んでいるか、PCに向かって打ち込み作業してるかです・・・・
    アニメや映画もほとんど観れてないです
    (先日、京アニの事件があったので、京アニ作品が以前のように楽しく観れない)


    ユーザーさんも一緒で、
    毎日、私生活で色んな事があると思います
    色んな事がありながら、自宅では心身共に休めるようにリラックスしているのだと思います

    こういった生配信、
    動画コンテンツ自体を毎日のように観れる人自体がなかなか少ないと思います
    (中にはいらっしゃるのかもしれませんが)




    僕は元々、テレビが好きではありません

    その理由は、テレビ制作者側の意図




    「視聴率が上がるのであれば、面白い番組を」

     これを言い換えると


    「とりあえず視聴者を煽るような番組やっておけ」
    「客はスポンサー様であり、視聴者ではない」
    「クレームが来たって無視!報告もしない!」




    バラエティやワイドショー、報道を観てるとこういった心の声が聴こえてくる訳です



    なのでそこから距離を置くように僕は
    15年以上前からインターネットの世界にハマりこんだ人間です


    特に僕のような自作音楽クリエイターは
    2006年頃から、音楽SNSが大普及したというのが大きかったです

    MIDIデータではなく、自作曲のMP3データを
    一般ユーザーが気軽に自宅からアップし、配信出来るようになりました

    現在では、動画コンテンツ(Youtubeなど)の台頭により、
    多くの音楽SNS自体が経営難により閉鎖されてしまいました


    実は、「動画」も沢山の画像データ(MPEGなど)を並べて一つの動画になっています
    なので、容量は音楽と比べると大きくなります

    それだけの容量を一般ユーザーが気軽に自宅から発信出来るようになった訳です



    インターネットは元々、「インディーズの発信の場」でした

    それは「同人文化」と同列でしょう


    ですがそれらが、ここ約10年で裏目に出てしまった






    現在のインターネットも
    テレビの嫌な部分がコンテンツに現れてきている気がします

    動画に関しては、広告を張り付けるのなんてもはや当たり前。
    その動画も、「再生回数が上がれば良い」「面白ければ何でもいい」 「煽り放題」 


     所謂「テレビ屋さん」とやってる事が一緒なのです


    有名人やアーティスト、お笑い芸人も、今やYoutuberになる時代です

    僕が好きだった「ネットの世界」は一体何処に行ったのか

    ただ

    それだけインターネット文化が市民権を得たという証でもあります

    ただ、
    そうなってくると

    広告屋さんが「動画コンテンツ産業という畑」を耕して行く事になる可能性もあります
    そして、「放送禁止用語」「放送コード」なんてものも生まれてくるでしょう


    そうなるとネットもコンプライアンスが厳しくなり、すぐに番組は潰されるでしょう 

    そうならない為にも、ネットだけでも、「テレビと同じ土俵に上がって欲しくない」


    何でも「煽れば良い」ではなく、しっかりマナーを守りましょう


    ネット文化を守る為にも




                        2019 08/10   山河まさき

     
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。