• 城巡り32~上田城

    2015-10-13 22:02
    前回に続いて今回は信州を代表するもう1つの名城、
    上田城を紹介したいと思います。

    上田城



    戦国時代の名将である真田昌幸が築城した平城です。

    前回紹介した松本から特急と鈍行を乗り継いで
    およそ1時間半で上田に来る事ができます。

    オマケその1
    特急「しなの」



    オマケその2
    日本三大車窓の1つ、姥捨車窓


    上田城といえば徳川家康、秀忠の2度に渡る襲撃を防いだ事で
    名高い名城ですが、それ故に徳川にとっては余程恨み骨髄で
    あったのか徹底的に破壊されてしまい、現在の上田城は
    昌幸の上田城の上に後から入封してきた仙石忠政が新たに築いた
    全く別の城となっています。

    二の丸入口



    とはいえ、大阪城同様に全体の縄張りは昌幸時代の古城を踏襲していて
    三の丸こそ明治以降に開発されてしまい痕跡を留めていませんが
    幸いにも一部開発された所はあれど本丸と二の丸は概ね原型を留めています。

    二の丸外堀
    今では遊歩道になっていますが往年の姿は保っています。


    忠政は上田城復元に当たり本丸に7つの櫓と2つの城門を築き、
    続いて二の丸にも櫓や城門を建てようと計画していたようですが
    急死してしまいそのまま工事は中断してしまい、こうして未完成のまま
    中途半端な7つの櫓と2つの城門のみを持つ変則的な城となりました。
    現在は3つの櫓が現存し、1つの城門が復元されています。

    二の丸の入口から駐車場を超えるとすぐ見えてくるのが
    冒頭の南櫓~東虎口櫓門~北櫓です。

    南櫓


    1994年に復元された東虎口櫓門


    北櫓


    と、本来ならここで門を潜り中に入るのが定番ですが
    弄れている私なので(笑)そのまま北に直進し二の丸を周遊する事にしました。

    暫く本丸内掘沿いを歩くと見えてくるのが
    日本の城郭でも珍しい鬼門除けが見えてきます。

    地図


    鬼門除けというのは方角で言う所の鬼門に当たる北東の部分を
    不吉だとして意図的に堀や石垣を削って欠落状態にする事です。
    上田城も本丸の鬼門(北東)の角が切り落とされています。

    鬼門除け




    この鬼門除けは他に有名な城では江戸城や鹿児島城にも見受けられ
    それぞれ堀や石垣を意図的に削る・曲解させているのでもし訪れた際には
    ちょっと目を凝らして見る事をお勧めします。

    そして鬼門除けのすぐ傍には二の丸北虎口があります。

    例によって地図


    現在では虎口付近の石垣が僅かに残る北虎口


    この北虎口のすぐ正面には広大な百間掘の跡を見る事ができます。

    百間掘跡


    現在ではその広さからグラウンドとして使用されていますが
    そのお陰もあってか原型を留めており反対側の外堀の北東部分が
    開発によって跡形もないほどになっているのと対照的になっているのが
    印象に残りました。

    その二の丸外堀跡と現存する本丸内堀を眺めながら半周すると
    上田城のもう1つの現存遺構である西櫓が見えてきます。

    西櫓


    この櫓は仙石忠政によって築かれた上田城本丸七櫓の1つで
    後述しますがこの西櫓は先程の北櫓、南櫓と異なり
    創建時から一度も移築する事なく上田城に存在し続ける唯一の遺構でもあります。

    なぜ西櫓のみが破却も移築もされる事なく残ったかは不明ですが
    しなの鉄道線から見える西櫓と南櫓の姿はとても印象的でした。

    西櫓から本丸に入ると城内には(元々何もなかったのですが)
    真田神社がある以外は建造物はなくそのまま本丸の櫓沿いを歩く事にしました。

    西虎口櫓門跡


    詳しい外観は不明ですが上記の江戸時代の絵図を見るに
    恐らく東虎口櫓門と同一の意匠をしていたのが推測できます。

    隅櫓跡


    西櫓及び西虎口櫓門と土塀で一つになっていたと思われる櫓です。
    他の櫓と異なり正式名称がなく仮に隅櫓と呼ばれています。
    個人的な邪推ですが方角から見て本来この櫓が「西櫓」で
    現存する西櫓は「南西隅櫓」とでも呼ばれていたのではないでしょうか?
    方角的にもこの櫓が西で現存する櫓は「南西」であり、他の櫓がそれぞれ
    「北東」、「北西」など細かく分類されている事からも全くありえない
    話ではないのではないかと思います。

    そのまま北に歩いていくと2つ目の北西隅櫓跡が見えてきます。

    北西隅櫓跡


    北東隅櫓


    上の写真の真ん中の箇所が先程の鬼門除けの部分です。

    ここも正式名称がなく名称不明の隅櫓


    こうして本丸内を一周していよいよ南櫓~東虎口櫓門~北櫓へと入ります。
    因みにこの北櫓と南櫓は明治時代に破却こそ免れたものの、競売にかけられ
    城外に移築され何と遊郭の小屋として使用されていました…

    南櫓だけ撤去された頃の古写真



    再移築直前の北櫓と南櫓
    強引に接続され1つの建物にされてます…


    更に戦時中には目黒雅叙園に売られそうになりましたが上田市民の尽力で
    買取られ昭和24年に元あった上田城へと再移築されました。
    が、遊郭として使用されていた為か梁や屋台骨といった基本的な骨組みは兎も角、
    明らかに階段、2階板間等が改造された形跡があり修復されているのが伺えます。

    南櫓内部
    明らかに階段部分と裏側が見える2階板間だけ材木が新しい…


    階段上部分


    これも邪推ですが上の古写真を見ると分かるように
    強引に1つの建物に連結されて使用されていて不要な
    階段部分を削って大部屋の様に使用していたのかもしれません。

    梁等の骨組みは往時のままの様です。


    とは言え、紆余曲折を経ながらもこうして2つの櫓が
    空襲にも合わず奇跡的にも残っていた事を考えると
    遊郭になっていた事など些事に過ぎないかと思います。
    (因みに福岡城では城そのものは空襲の被害を免れたものの
    皮肉にも市内の黒田別邸に移築されていた東櫓と西櫓が焼失しており、
    一歩間違えればこの北櫓と南櫓も同様になっていたかもしれません)

    新幹線が止まるとは言え城全体の残存度や遺構建築物も今一つな城ですが
    近くに有る小諸城や松本城とセットで訪れて見ると十分楽しめるかと思います。

    これで今回の城巡りは終わりですが願わくば年末までに
    もう1城くらい紹介できたら良いなと思っています。
  • 広告
  • 声優魂

    2015-10-11 15:04
    今回の本紹介はプロレスの本の予定でしたが
    前から読んでみたかった本が手に入ったので
    先にこちらから紹介したいと思います。

    大塚明夫 / 声優魂



    購入場所:地元のブックオフ

    購入金額:756円

    声優の大塚明夫が2015年3月に出版した「声優」を取り巻く厳しすぎる現状を
    踏まえた上で自らの演技論や人生指南を兼ねた自伝本です。
    氏は以前このブロマガでも紹介した山寺宏一の盟友であり、
    また氏の父で出版直前の1月に急逝した大塚周夫もアニメ創世期から声優で
    自身も所謂「ベテラン」の域に入る芸歴の長さを誇っています。

    イベントでの大塚さん

    そんな彼が帯のキャッチコピーにも書いているように

       「声優だけはやめておけ。」

    と近年の声優ブームで多くの人が声優を目指す現状に
    苦言と警告をしているのが独り歩きしてあたかも
    「告発本」の趣をなしている様に見えますが
    あくまでその手の事を書いているのは全5章の内、
    無料で読む事ができる1章と3章ぐらいであり、
    読んでみるとそこまで過激な本ではありません。

    その1章ですが声優の過当競争の現状(300の席を1万人が奪う状態と表現)や
    声優はオファーあっての仕事という特殊さ、更にギャラシステム等
    声優界を取り巻く現状を詳しく説明しています。
    要は

    ・仕事が少ないのに競争率は300倍以上
    ・固定給は保証されず老後は愚か現状の生活さえ安定しない
    ・なのに自分から仕事を作る事ができない(自主舞台興行を除く)
    ・オマケにギャラは仕事量に比べ恐ろしい程低い

    という事を説明して

      「安易に声優になったとしても仕事なんかないし
     万が一食える様になってもそれが続く保証なんてないよ?」


    と警告してます。
    これは他の声優さんも異口同音に同じ趣旨を話していて決して大塚さんが
    話を盛ってる訳ではないと思われます。

    続く2章からは自身の生い立ちや今の声優に感じている疑問点、
    更に自身が演じたキャラの中でも思い入れのあるキャラについて語っています。

    大塚さんのキャラまとめ動画(バトーとソリッド・スネイク)


    ライダー(イスカンダル)

    前者は父親が声優であるが故に生活の不安定さや
    声優に対して幻想を持っていなかった自分が奇しくも
    父親と同じ道を歩む事になった契機や父や後見人の
    納谷六朗氏の存在について長短含め語っていて
    後者は本人が劇団出身という事もあって昨今の声優に見られる
    声作り、人気作り偏重に対しての役作り、演技力軽視
    前者の重要さと後者の無意味さを理論的に説明しています。
    要は「小手先の事ばかり真剣で肝心の演技力の基礎もない連中は
    まず売れないし万が一人気を得ても長くは続かないよ?」
    という事であり、図らずも彼の言ってる事はかつて故、山田康雄が

     「声優を目指すな、役者を目指せ。演技は全身でするものだ。
      それでこそ『声優業』も活きてくるんだ」

    と一言で言ったのをより掘り下げて語っていて非常に説得力があります。

    文中で「類稀なる芝居心でもって台詞のコードなども
    全て織り込み済みで的確な演技をしていた」と絶賛していた
    「もののけ姫」での美輪明宏と森繁久彌の名演技


    そして3章以降は声優学校の功罪や事務所やマネージャーの重要性、
    更には不遇の下積み時代の乗り越え方や今現在声優を目指している
    人たちが「本当にやりたいこと、目指したい事」が明確に定まってない
    故の齟齬から来るギャップなどについて語りまとめています。

    ライトなアニメ好きであるが故に読んでみたのですが
    特に著者の言う「声優で食っていけると勘違いしている」
    最近の若い声優志望者or声優には私もかなり疑問点を感じていました。
    勿論、文中でも書いているように「(声優が足りなかった昔に比べ)、
    ダンスや歌手も同時並行で行い声優個人の固定ファンを作る事が
    声優にも求められている時代になった」というのは理解してましたが、
    それ以前に昔の声優さんに比べると今の声優さんたちの中で
    「演技が皆どれも棒に見える」割合が多く感じる様になりました。
    恐らくこのギャップは声優が「食って行けない役者の成れの果て」
    言われた時代の声優さんの多くは役者として評価されない故の反骨感に加え
    劇団などで基礎訓練等をみっちり教わった上で声優をしているのに対して
    今の人たちの多くは安易に「声優に憧れて」なった人が基礎訓練を満足に
    受けずにとりあえず「声優になってしまった」結果なのかと思います。

    私の知り合いにも大塚さんの言うところの「一皮剥けずくすぶっている」
    若い声優さんがいますが果たしてこの本を読んでいるのか、
    もし読んでるとするならどう感じているのかを聞いてみたいなと思ったりします。
    煽りや前評判故に敬遠しがちな人もいるかと思いますが普通に素晴らしい本なので
    アニメや演劇が好きな方にはオススメできるかと思います。

    次回はプロレス関係の本を紹介したいと思います。

  • 城巡り31~松本城

    2015-10-10 10:25
    私はこの前のシルバーウィークを利用して信州を訪れてみました。
    そして信州を代表する2つの城も訪れたのでまず長野県唯一の
    現存天守であり、私が初めて訪れた現存天守でもある思い出深い
    城を紹介したいと思います。

    松本城


    小牧・長久手の戦いの後、徳川家を出奔した石川数正とその息子である
    康長の親子2代に渡って建てられた複合連結式層塔型5重6階の平城です。

    松本駅から徒歩10分とアクセスも比較的良好で大天守と小天守及び3基の櫓が現存します。
    訪れた日は天気も良好で徒歩で訪れ、三の丸から入城しました。

    震災後は渡れなくなってしまった埋橋


    丁度南西側から入城した為、すぐに大天守が目の前に出て来ました(上の写真)

    (左から)大天守、辰巳附櫓、月見櫓


    本来なら天守閣内部も見学したかったのですが、
    既に10年前に一度訪れ見学済みだった事に加えて
    この日は三ノ丸でビール祭りも行われていた事もあり

     まさかの3時間待ち…

    だったので天守閣内部の見学は諦めました…

    天守閣見学待ちの列…




    現存する建造物が天守廓のみなので天守を中心に紹介したいと思います。

    まず現存する建造物の内、石川父子によって建てられたのが大天守です。
    しかし、創建時から今の姿では無かったらしく昭和の大修理により
    江戸時代に改変が行われていた事が明らかになっています。

    創建時の松本城の想像図



    同じアングルから撮影した大天守


    南側五重目の唐破風が千鳥破風に変わっている事、
    東側の二重目から四重目にかけた入母屋破風が付いている他、
    六重目に高欄が
    設けられていた等大きく改修されているのが分かります。

    裏側想像図



    同じアングル


    こちらも西側三~四重目が比翼入母屋破風から千鳥破風に、
    北側二重、五重にも改修した後が見受けられます。

    渡櫓(左)、乾小天守(右)


    大天守と同じく創建時に建てられたとみられる乾小天守及び渡櫓は
    大天守に比べると改修の痕跡が少なくある意味松本城の中で
    最も古態を留めている建物と言えます。

    そして想像図からもお分かり板けると思いますが
    創建時には辰巳附櫓、月見櫓は存在していませんでした。

    辰巳附櫓がいつ建てられたのかは不詳ですが月見櫓が
    結城秀康の三男、松平直政により寛永10年(1633年)に
    建造された事を踏まえると江戸時代初期に建てられたのは間違いありません。

    辰巳附櫓。明らかに取って付けた感があるw


    月見櫓


    因みに月見櫓は現在高欄の漆の再塗装により修復中で
    10月以降に見学可能になるそうです。

    月見櫓を見ても分かるように現在の天守閣群は戦国の色が濃く残る桃山時代から
    戦乱が遠くなった江戸時代を経て現在の姿に変化した結果と言えます。

    石垣のみとはいえ往年の堅固さが忍ばれる裏門跡



    幸いにも幕末の戦乱に巻き込まれなかったとはいえ、
    1727年(享保12年)に本丸内での火災及び1876年(明治9年)の二の丸の火災
    御殿建造物は全滅の憂き目にあい、天守もまた破却寸前にまでなりましたが
    地元藩士の尽力で解体を免れたのもつかの間、今度は支柱の腐敗で天守が傾くなど
    幾多の災難と修復を経て今日に至っています。

    傾いていた時の古写真




    江戸時代中期に全焼してしまった本丸御殿跡



    同じく明治時代に惜しくも焼失してしまった二の丸御殿跡


    焼失前の古写真は現存しておらず詳細は分かりませんが
    焼失前の明治4年に書かれた見取り図では柿葺きであったのが伺えます。
    特に二の丸に関しては空襲もなかった事から失火さえなければ
    一部分でも現存していた可能性が高かっただけに焼失が惜しまれます。

    そして松本城に関しては戦後から近年にかけて復元に熱心であり
    2つの城門が復元されています。

    まず本丸の入口である黒門


    この門は昭和30年代に珍しく木造復元されましたが、、、
    黒門に関する外観は不明だった為に焼失した名古屋城
    東一の門及び南一の門を参考に復元されたそうです…

    歴史考証的には疑問符がつかざるを得ない建物ですが
    まあ適当だった戦後の復興なので致し方ない部分もあるかと思います。

    黒門ニの門(手前)


    こちらは平成に入って復元された物でこちらは
    史実考証に基づいてきちんと復元されています。

    そして一番新しく復元された二の丸太鼓門


    こちらは江戸末期の「起し絵」が付いた見取り図から復元され、
    明治時代に石垣諸共撤去された事から石垣を含めて復元するという
    かなり大掛かりな復元となりました。




    間近で見るとその大きさに圧倒されます。

    そして、松本城の現在進行形の復元といえば「堀」です。
    明治時代以降に外堀の南西部分が埋め立てられ住宅地と
    なってしまいましたが現在松本市は土地の買収により
    外堀の復元を目指していて買収が済んだ区域は整備が開始されています。

    奥からこの蕎麦屋辺りまでが外堀だった箇所


    僅かに残る東総掘の一部


    多くの城郭復元あれどこれほどまでの大規模な堀の復元にまで
    着手した城は他に大阪城ぐらいなので近い将来外堀が復元したら
    また訪れたいと思っています。

    また訪れてない方は月見櫓の修復が終了次第訪れてみる事をお勧めします。
    次回の城巡りは同じ日に訪れた長野県を代表するもう1つの名城、
    上田城を紹介したいと思います。