NO STRANGER TO LIVE -FIRST GIG WITH RAY-
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

NO STRANGER TO LIVE -FIRST GIG WITH RAY-

2013-08-14 09:12
    ちょっと順番が前後してしまいますが「SEVENTH STAR」発表後行われた
    「SEVENTH STAR TOUR」はグレンの最低・最悪なパフォーマンス力により
    僅か2公演目で解雇が決定
    (因みに45年近くにわたるブラック・サバスの歴史の中で自ら辞めたのではなく
    解雇されたのは彼とオジーのみ!)

    後任が決定するまで日雇い状態になったグレンを尻目にアイオミは後任シンガー発掘を
    僅か1日で終え(!)、リハーサル兼研修期間を終えた6公演目から”無名の新人”レイ・ギランが
    ツアーに参加しました。その記念すべき初公演を収録したブートを紹介したいと思います。

    BLACK SABBATH / NO STRANGER TO LIVE -FIRST GIG WITH RAY-


    購入場所:新宿

    購入金額:800円

    「SEVENTH STAR TOUR」6公演目の1986年3月29日の
    コネチカット州ニューヘヴン公演をAUD録音で収録した物です。

    本作の収録曲目は以下の通り。

    Disc 1

    1. Supertzar
    2. The Mob Rules
    3. Children Of The Sea
    4. Danger Zone
    5. War Pigs

    6. Heart Like A Wheel
    7. Symptom Of The Universe (インスト曲Ver)
    8. Sweet Leaf (ショートVer)
    9. Zero The Hero(冒頭部分のみのインスト曲Ver)

    10. Sphinx (The Guardian)
    11. Seventh Star
    12. No Stranger To Love ←ここ注目

    Disc 2
    1. Black Sabbath
    2. Turn To Stone
    3. Drum Solo/Turn To Stone(reprise)
    4. Neon Knights

    5. Heaven And Hell
    6. Guitar Solo incl. Orchid
    7. Sabbath Bloody Sabbath /Heaven And Hell(reprise)

    8. Paranoid


    この時代平均のAUD音源で’いかにもAUD’という感じの音質です。
    実はNo Stranger To Loveの3分53秒から欠落しており別のマスターに切り替わります。
    その為少し音が悪くなりますが、まあ、元々前半部分も微妙な音質の為
    あまり気にしない方が良いです。


    私の所有しているグレン/レイ時代の音源で比べるなら

    TEXAS DANGER ZONE等のテキサス公演>SBDAUDの壁>To Do Or Die
    DECISION IN MASSACHUSETTSのレイの音源>越えられない何か>今作の前半
    >DECISIONのグレンの音源>今作の後半>>>>>Ray Rules(笑)

    と言う感じでしょうか?(あくまで私見です)

    なんといっても初日公演の為、後の公演とは違うポイントがあります。
    それはタイトルにもなっている「No Stranger To Love」の存在で
    この日のみの演奏となっている所がこの日の公演を特別な物にしています。
    それだけに途中で明らかに音質が落ちてしまうのが残念でありません。
    因みにこの「No Stranger To Love」はブラック・サバスのレアテイクだけ集めたという
    ’超マニアック’ブートの「RARESET SABBATH」(DECISIONに張り付けたグレンの
    「Iron Man」も収録しているブートです)にも収録されていますが、
    前半部分のみ」となっており、全尺聴けるのが大きなポイントです。

    それ以外にもレイがまだ慣れていない為か

    「Paranoid」の歌い出しのタイミングを思いっきり間違える

    等初日故のミスや固さはありますが、後のテキサス公演やイギリスツアーで
    見事なまでの熱唱を聴かせるレイがツアー中にメキメキ実力を付けていく過程が分かる
    ”ドキュメンタリーとしての記録物”としての価値は十分あると思います。

    最後の方にParanoidの間違えた部分だけUP


    因みに私はあまりの破格の安さに手を出したので音質に文句を言いませんが、
    ちゃんとした音質で聴きたいという人にとってはこの音源は絶対にオススメしません。
    TDZやTo Do Or Dieを手に入れた方が無難でしょう。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。