新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Rapture Of Deep

2013-08-23 06:31
    さて、今年はブラック・サバスと並び称されるもう一つの伝説的HRバンド、ディープ・パープルが新アルバムを出しました。(サバスと違って全然話題にならなかったけど‥ww)
    そんな訳で今回と次回は’パープル特集’と言う事でディープ・パープルの公式アルバム2枚を取り上げたいと思います。

    DEEP PURPLE / Rapture Of Deep



    購入場所:ブックオフ

    購入金額:1000円

    2005年に出されたアルバムです。このアルバムを出して以降パープルは「Raputure Of Deep Tour」をなんと延々5年間、385公演も行ってました。

    やりすぎだろう(笑)

    因みに最初に紹介したあのブートもこの「Raputure Of Deep Tour」の中の1公演です。


    本作の収録曲目は以下の通り。

    1.Money Talks
    2.Girls Like That
    3.Wrong Man
    4.Rapture Of The Deep ←ココ注目
    5.Clearly Quite Absurd
    6.Don't Let Go
    7.Back To Back
    8.Kiss Tomorrow Goodbye ←ココ注目
    9.Junkyard Blues
    10.Before Time Began
    11.Things I Never Said(日本盤ボーナストラック) ←ココ注目

    因みに私が買った最初のパープルのアルバムは’あの’「BATTLE RAGES ON」ですが(笑)
    私は普通にモーズ・パープル=リッチーのいないパープルから入っており、普通に好きなので別段リッチーがいない事に違和感も怒りも感じていません。

    さて、このアルバムですがモーズが加入してから4作目とあってモーズがメインソングライターとしての地位を確立して’リッチーの呪縛’から解放された円熟味溢れた作風になっています。
    かといって、パープルらしさが無いかと言えばそうではなく「ジャムセッションから発展したリフやメロディをみんなで曲にしていきました」的なグル―ヴィ溢れる曲の目白押しとなっています。
    個人的に ←ココ注目とした曲はライブでもセットリストで常連曲として長く歌われてきた曲で私もかなり好きな曲です。特にRapture Of The DeepとKiss Tomorrow Goodbyeは何度聞いても飽きない佳曲です。

    一部のリッチーファンは未だにリッチーの幻想を今のパープルに追い求め、いわれのない批判や中傷をする某B誌(笑)の様な方がいますが、ブラナイでキャンディスと中世の世界に行ってしまった人をあれこれ言うのも別に良いですが、今のパープルもきちんと理解した上で楽しむ方が断然面白いと思います。

    他の方がUPしたRapture Of The Deep


    他の方がUPしたRapture Of Deep(ライブVer)

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。