新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Now What ?!

2013-08-23 20:48
    前回に続いてパープルの最新アルバムの紹介です。

    DEEP PURPLE / NOW What ?!



    購入場所:三ノ宮

    購入金額:1700円

    通算19作目のアルバムでプロデューサーにアリス・クーパーやKISS、ピンク・フロイドと共に数多くの歴史的傑作アルバムを残してきたボブ・エズリンを起用しています。

    2012年7月17日にオリジナル・ハモンドオルガン奏者(彼の希望していた肩書き通り書かせてもらいます)であるジョン・ロードが亡くなりオリジナルメンバーは無論の事、あの日本のHRファンを虜にさせた第2期パープルの再結成の可能性はこれで完全に消えました。(まあ、もっともリッチーがブラナイを始めた時点で私は永遠に再結成はないと思っていましたが‥)

    本作の収録内容は以下の通り。赤字はニコニコに音源あり。青字は他の方がUPした音源あり。

    1. A Simple Song
    2. Weirdistan
    3. Out Of Hand
    4. Hell To Pay ←ココ注目
    5. Body Line
    6. Above And Beyond ←ココ注目
    7. Blood From A Stone
    8. Uncommon Man
    9. Apres Vouz
    10. All The Time In The World ←ココ注目
    11. Vincent Price

    作風は前作からの延長線上で「アダルティでグルヴィーなロック」です。
    今回の場合、「Hell To Pay」や「Vincent Price」が疾走感溢れるロック曲系と「All The Time In The World」や「Above And Beyond」が渋さと円熟味を兼ね備えたミドルチューンとしてそれぞれ分かれています。上記4曲はライブでもセット入りしており、期待を裏切らない「パープルらしい曲」となっています。
    特に「Above And Beyond」はジョン・ロードに捧げた追悼曲であり、一聴に値する曲だと思います。

    サバス同様’次のアルバムが発売できるまでメンバーが生きてるかどうか定かではない’(失礼!)様な年齢に達しつつあるパープルですが、リッチーは無論、2002年にジョンが脱退しても11年以上活動を続けている(カネの為だとか、イアン・ギランバンド with スティーブ・モーズとか失礼なこという奴もいますが)彼らの事です。例えジョンを失ってもこれからも変わらずパープルであり続ける事に違いありません。

    Above And Beyond


    他の方がUPしたHell To Pay


    Vincent Price


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。