新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Headless In Vienna Master

2013-12-18 20:59
    スイマセン、「Headless Cross Tour」の中でもこれは絶対鉄板という超優良音源を紹介し忘れていましたので、順番は前後しますがここで紹介したいと思います。

    BLACK SABBATH / Headless In Vienna Master



    購入場所:新宿

    購入金額:1000円
    1989年9月24日のオーストリア・ウィーン公演を収録したSBD音源です。
    この頃のサバス通な方なら恐らく誰しも耳にはした事があるであろう「Headless In Vienna」のマスター音源(?)です。


    本作の収録内容は以下の通り。赤字はニコニコに音源あり。

    Disc 1
    1. Supertzar
    2. Headless Cross
    3. Neon Knights
    4. Children of the Sea
    5. Die Young
    6. When Death Calls
    7. War Pigs
    8. The Shining
    9. The Mob Rules
    10. Black Sabbath
    11. Iron Man
    12. Children of the Grave
    13. Heaven and Hell (メンバー紹介まででカット)

    上記のとおり、Heaven And Hellの中盤以降とParanoidがカットされている不完全盤の為
    オマケCDR音源となっています。(「Headless In Vienna」は完全収録)

    このマスターVerとVienna本体の大きな違いはイコライジングの差で本体の方が音の体裁を
    整える為にかなりイコライジングをいじった為に音そのものは明瞭に聴こえるものの
    When Death Calls~The Shiningにノイズが入ってしまうといった長所故の欠点がありましたがこちらはいじってない分本体よりかは音の鮮烈さがない分ノイズもさほど目立たないといった長所があります。

    鮮烈さが無いとは言ってもあくまで’’本体と比べて’’との話であり、既発の「Death Call 89」と比べると遥かに鮮明な音像であり、どちらが良いかは好みの問題となると思います。
    ライブの中身は言うまでもなくベスト・パフォーマンスであり、SBD音源である事もあって
    繊細なプレイが細かに聴けるのもポイントです。
    またこの頃のセットリストはオジー:ロニー:マーティンの持ち曲の割合が5:5:3とかなり
    バランスが取れており、ある意味「この曲をそのままベストに収録すれば良かったのに‥」
    と思えるくらいの「サバスのベスト」的な選曲となっています。

    Neon Knight


    残念ながらHeaven And Hellで収録が終わってしまいますが、切れる直前のメンバー紹介は全部収録しており、各々の細かいソロプレイが収録されているのは不幸中の幸いでもあります。
    資金に余裕がある方は本体を、とりあえず聴きたいという方はこれを手に入れてみてはいかがでしょうか?

    次はプロショット映像が残るロシアツアーの映像を紹介したいと思います。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。